2017年04月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
主に参考サイトの通りです。とても簡単でした。
Movable Type 6 へのアップグレード
【MT】MT5からMT6へのバージョンアップ手順まとめ【Movable Type】

1. Movable Type 6.3 を単体で動作するようにセットアップする
MTは perl の依存関係が多く、ここで躓きたくはありません。ということでまずは MT6 が単体で動作するところまでを確認します。

2. 旧サーバーから MT5 のデータを引っ越してくる。
HTMLおよびデータベースのデータを忘れずに引っ越します。

3. フォルダ名のリネーム
旧: mt → mt_old
新: mt-new

※データベースのインポートもここで。

4. [1]で動作確認したMTを上記で作成した mt-new に移動します。
5. 旧MT5から必要なファイルを mt-new にコピーします。

mt-config.cgi
plugins/追加したプラグイン
mt-static/plugins/追加したプラグイン
mt-static/support
themes/追加したテーマ
※いくつかのファイルはデフォルトで存在しているため競合します。この場合にはコピーしなくても大丈夫な感じでした。

6. mt の管理画面URLにアクセスする
管理画面にアクセスすると、自動でアップグレードされました。特にトラブルにはなりませんでした。


そのほか。
上記 [6] がcgiエラーとなってしまいました。エラーログには以下の通りログが。
Script timed out before returning headers
これはDBのインポートをしていなかったためです。DBに関係したログでは無く、このようなログになるので注意が必要です。

stock_value at 19:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2017年04月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルーターやL3を交換すると、必ず問い合わせがくるのです。サーバーにアクセスできないなど。
そしてそれは、機器交換に伴いネットワークの場所が変更されたと認識され、パブリックになってしまうことが多いようです。

そしてパブリックになったら、簡単に変更することができないように思えました。
変更するためのリンクとかが見当たらないのです。

ということで以下のサイトを参考に。
PowerShell ネットワークのカテゴリを変更する〜PublicからPrivateへ

PowerShell を起動
Get-NetConnectionProfile を実行

NetworkCategory が Public となっているネットワーク名を確認

Get-NetConnectionProfile -Name "XXX" | Set-NetConnectionProfile -NetworkCategory private

以上でネットワークが変更になりました。
stock_value at 16:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2017年04月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様と資料を交換することがよくあります。
そして僕は Word では、結構ちゃんとスタイルを設定することが多くあります。

1 タイトル
1-1 副題
a. 項目1
b. 項目2

こんな感じで利用するんです。

で、それはいいのですが、Excelでも同様にスタイルを設定することができるようでした。
お客さんから頂いた資料を編集しているとき、3シートぐらいのファイルなのに、なんだか動作がもっさりしているように思いました。

で、アヤシイのがスタイルの設定欄でした。ずいぶんとたくさんあったのです。
・・・そして他社で利用していたことがわかる名前が、スタイル名に設定されていました。

ということで、以下の方法で削除をしました。
Excelファイル内に勝手に増殖したセルの書式をまとめて削除する方法

上記サイト内にある、VBSファイルを作成し、そこにExcelファイルをドラッグすることで削除されました。

参考
[Excel]excelシートの書式をすべて削除するマクロ


stock_value at 16:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2017年04月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
spamhaus にはいくつかのDSNBLがあるようです。

SBL、XBL、PBL、ZENなどがそれです。

postfix などのフィルターで利用するときには、ZENを利用するのが一番いいようです。
ZENには SBL、SBLCSS、XBL、PBL のリストが含まれているようです。

・SBL
迷惑メールを送信してくるサーバー
Unsolicited Bulk Email (UBE)

・SBLCSS
スノーシュースパム送信元
1つのメールをたくさんのIPから送信しているということのようです。

・XBL
トロイやオープンプロキシーなど、第三者によって悪用されているIP

・PBL
動的IPのリスト


PBLのフィルターを見ると、動的IPからのメールを排除してしまう可能性があるようですね。
厳密にフィルターする場合には、リターンコードが 127.0.0.2 〜 127.0.0.11 で区別できるようなので、フィルターの設定をそのようにする必要があります。

また、無料で利用するには、以下の条件がありました。
・非商用
・SMTP接続は100,000未満
・DNSBLのクエリが300,000未満

上記を超える場合には、 Professional があるようです。


■利用方法について
smtpd_recipient_restrictions =
(途中略)
reject_rbl_client zen.spamhaus.org=127.0.0.[2..11]

上記の通り設定することで利用可能です。返ってくるIPが127.0.0.X で複数あるので、イコールで指定しています。
postfix で RBL を利用する場合
Enable DNSBL service in Postfix to reduce spam
stock_value at 12:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2017年04月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
postgrey の最近のバージョンは、RPMがありませんね。困りましたね。
ということで、以下の通りインストールしました。

参考
SPAM撃退モジュール postgrey を Postfix で使用する!

1. ダウンロード
SPAMメール対策ツールPostgrey(Postfix Greylisting Policy Server)
Download it here と書かれているところです。

# wget http://postgrey.schweikert.ch/pub/postgrey-1.37.tar.gz
# tar -zxvf postgrey-1.37.tar.gz

2. 必要なパッケージのインストール
yum install perl-NetAddr-IP
yum install perl-Net-Server
yum install perl-Net-BerkeleyDB
yum install perl-BerkeleyDB

3. ユーザー / グループの作成
groupadd postgrey
useradd -g postgrey -s /bin/false postgrey


4. 必要なファイルのコピー
cp postgrey_whitelist_clients postgrey_whitelist_recipients
cp postgrey /usr/sbin

5. ディレクトリ権限の変更
mkdir /var/spool/postfix/postgrey
chown postgrey:postgrey /var/spool/postfix/postgrey

6. init スクリプトの作成
・・・※古いの Cent OS に RPM でインストールしたことがあり、そのときのスクリプトを流用です。
動作するときのグループがどこかのバージョンから変わったようで、動作するグループを指定しないとエラーになってしまいました。ということで、以下のスクリプトでは、OPTIONでグループの指定をしています。

# vi /etc/init.d/postgrey
-----------------
#!/bin/sh
#
# chkconfig: - 79 31
# description: Postfix Greylisting Policy Server
#
# processname: postgrey
#

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

# Check that networking is up.
[ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 0

prog=postgrey
postgrey=/usr/sbin/$prog
DBPATH=/var/spool/postfix/postgrey
SOCKET=$DBPATH/socket
GROUP=postgrey
OPTIONS="--unix=$SOCKET --delay=60 --group=$GROUP --whitelist-clients=/etc/postfix/postgrey_whitelist_clients"

# Source an auxiliary options file if we have one, and pick up OPTIONS,
if [ -r /etc/sysconfig/$prog ]; then
. /etc/sysconfig/$prog
fi

[ -x $postgrey -a -d $DBPATH ] || exit 0

RETVAL=0

start() {
echo -n $"Starting $prog: "
daemon $postgrey -d $OPTIONS
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/$prog
}
stop() {
echo -n $"Stopping $prog: "
killproc $postgrey
RETVAL=$?
echo
[ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/$prog
}

restart() {
stop
start
}

reload() {
echo -n $"Reloading $prog: "
killproc $postgrey -HUP
RETVAL=$?
echo
}

# See how we were called.
case "$1" in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
restart)
restart
;;
reload)
reload
;;
condrestart)
[ -f /var/lock/subsys/$prog ] && restart
;;
status)
status $postgrey
;;
*)
echo $"Usage: $0 {start|stop|restart|condrestart|reload|status}"
exit 1
esac

exit $RETVAL
-----------------

7. 起動確認
# /etc/init.d/postgrey start
# /etc/init.d/postgrey status

# ps -ef |grep postgrey
postgrey 22265 1 0 18:09 ? 00:00:00 postgrey -d --unix=/var/spool/postfix/postgrey/socket --delay=60 --group=postgrey --whitelist-clients=/etc/postfix/postgrey_whitelist_clients

# cat /var/log/maillog
: Process Backgrounded
: 2017/06/03-18:09:38 postgrey (type Net::Server::Multiplex) starting! pid(22265)
: Binding to UNIX socket file "/var/spool/postfix/postgrey/socket"
: Setting gid to "501 501"
: Setting uid to "501"

あとは postfix と連携して進めます。
stock_value at 18:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2017年04月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
dovecot と mysql を組み合わせて利用しています。このとき、クライアント端末から、POP3 で受信するとき、dovecot が mysql に接続できず、エラーがでてしまいました。

エラーは以下の通り。
dovecot: auth: Warning: Configuration file /etc/dovecot/dovecot-sql.conf.ext line 2: Ambiguous '#' character in line, treating it as comment. Add a space before it to remove this warning.

これは、mysql に接続するときのパスワードに # が含まれていることによるものです。

# cat /etc/dovecot/dovecot-sql.conf.ext
connect = host=127.0.0.1 dbname=postfix user=postfix_user password=#Password#

この場合には、右側の引数をすべてシングルクオートで囲います。
connect = 'host=127.0.0.1 dbname=postfix user=postfix_user password=#Password#'

これでエラーが出なくなりました。
stock_value at 17:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術