2018年08月14日
以下の通りメールがきました。

From: "確認Apple.com"
To: "s-seki@ys-net.co.jp"
Date: Tue, 14 Aug 2018 03:51:29 +0900
Subject: アップデート:あなたのアカウントは、私たちがあなたの意見を聞くまで
---------------
Apple Store

拝啓、
私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いのApple ID情報を確認する必要があります。 下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。

マイアカウント確認( https://zst.io/ で作成されたURL )


私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。 Appleチーム

My Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright (c) 2018 Apple Inc. 全著作権所有。
---------------


URLは以下の通りでした。
https://アップルジャパンのログインid.hongkasz.com
https://xn--id-zb4axila5esc1e1f9bvhzd4a6fe.hongkasz.com/ ※英数字にエンコードしたもの

上記URLのIPは 162.214.3.20 で アメリカのサーバーのようです。
このサーバーでは、ほかのフィッシングに思えるURLもホストしているようです。

例えば yokkoy.business や gasbosku.com などでしょうか。※いずれの url も chrome からのアクセスで警告がでます。

なおメールについては、gmail から来ていたので、あまり追いかけることはできません。
差出人の @referer-polwan10.pw ドメインについては、http://www.key-systems.net/ がレジストラでした。DNSは googledomains.com を利用しています。

root.devilscream@gmail.com というメールの記載もあったのですが、不明です。

stock_value at 12:10|この記事のURLComments(0)
2018年07月05日
昨日から wordpress が動作しなくなりました。エラーは500でした。

ログをみると以下の記載が。
PHP Parse error: syntax error, unexpected '{', expecting ')' in /wp-content/plugins/jetpack/modules/widgets/simple-payments.php on line 220

どうやら jetpack のモジュールに問題があるようです。
※日本国内の同様の事例を検索すると、PHPのバージョンをUPすることで解決しているようです。が、僕の環境では2つのサイトのうち、PHPのバージョンで解決したのは1つのサイトだけでした。またそれもPHP7にすることでは解決しませんでした。5.3から5.6で解決しました。

参考
Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘, expecting ‘)’ – simple-payments.php
今回のJetpackアップデートはWordPressが動かなくなる

1つめのサイト。
PHPのバージョンを変更して解決しました。
もともとが 5.3 を利用していたのですが、5.6 にすることでページが表示されました。PHP7では動作しませんでした。・・・PHP7にした場合は、別のモジュールの問題があるのかもしれません。

2つめのサイト。
こちらはPHPのバージョンを様々テストしてみましたが、どのバージョンでもダメでした。ホスティングのコントロール画面では fastcgi などのタイプも変更できたのですが、これもダメでした。
上記に挙げた英語サイトのように [ を { に書き換えを行ってもダメでした。

そのためエラーを吐いているファイルを直接削除することで解決しました。
simple-payments.php は何をしているファイルなのでしょうか。
stock_value at 11:11|この記事のURLComments(0)技術 
2018年07月03日
PCの調子が悪いため、いったんユーザーのデータを消去しました。
C:\Usersからも該当ユーザーのフォルダは削除しました。

そして同じユーザーで再ログインしようとすると、一時プロファイルでログオンしています。という表示が出るようになってしまい、Usersフォルダの中にはTEMPというフォルダが作成されていました。

再度ユーザーデータを削除しようにも、もう Usersフォルダの中にはユーザーフォルダはありません。
こまったものです。

レジストリから以下の箇所を削除しました。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList\

この中にSから始まるフォルダがあるのですが、ProfileImagePath というキーがありました。
ここに削除したユーザーのキーがあったので、キーごと削除しました。

これで同じユーザーでログインしたところ、新規のログインと認識され、Usersフォルダも作成されました。

stock_value at 19:22|この記事のURLComments(0)技術 
2018年07月02日
あまり気にせずにちゃちゃっと作業してしまったので簡単にメモ。
Proliantのサーバーを利用しています。

別の用事でサーバールームに入ったとき、HDDのランプがオレンジ色で点滅していることに気づきました。
そしてこの状態は、障害予測による警告だということです。Storage Administrator から状態を確認すると、たしかに障害ではなく、障害予測の警告でした。

ログをみると、この障害予測は、SMARTの値を見ているっぽいのですが、正直いまいちよくわかりませんでした。

またこの障害予測での警告の場合には、オンラインでハードディスクをとりはずしてはいけないようです。オフラインでの交換が推奨されていました。

HP ProLiant サーバのHDD障害
stock_value at 13:34|この記事のURLComments(0)技術 
2018年07月01日
Windows10 の home エディションを利用していると、リモートデスクトップの利用ができません。
いい方法はないか調べたところ、

RDP Wrapper Library というのがありました。

これは、既存の termsrv.dll をうまくカバーしてくれるようです。

ということで以下の方法でインストール。

1. releases ページから zip をダウンロード
※ msi もあったのですがこちらはうまく動作しませんでした。

2. zipを回答し install.bat を管理者として実行します。
※すでにインストールしてあって、アップデートの場合には update.bat を実行です。

3. C:\Program Files\RDP Wrapper にインストールされていることを確認。
RDPConf.exe を実行し、緑で表示されていることを確認します。


なおWindowsUpdateなどで termsrv.dll に変更があるとうまく動作しなくなる場合があるようです。
そのときのために、 termsrv.dll はバックアップをしておいた方がよさそうな感じでした。

stock_value at 12:29|この記事のURLComments(0)技術 
2018年06月30日
Compute Stick を何台か導入しています。
絶対的なメリットが一つあって、会議室にTVがある場合、そのTVを利用してPCの画面を表示させることが可能です。ちょっとしたことであれば、そこで会議をしたり、プレゼンを表示させたり。音楽をかけたり様々な利用が可能です。

あまり製品の種類がないのですが、インテルの Compute Stick を導入しています。

STK2m3W64CC という製品があり、現在での価格は5万円を切る。
CPUは Core m3 6Y30(Skylake)
CPU Benchmarks のスコアは3051です。

STK1AW32SC という製品は、2万円を切るぐらいの価格です。
CPUは Atom x5-Z8300
CPU Benchmarks のスコアは 1199 です。

このx5-Z8300ではWindows10の普通の状態でもCPUを10%ぐらい利用しており、結構カツカツな感じです。
そのためそれこそ会議室のような場所で一時的な利用という用途以外には使えないように思いました。

高い方の製品は、全く問題無く複数のアプリを立ち上げるような用途も全く問題ありません。

安い方の製品であっても、条件に合致している場合にはとても有用です。

stock_value at 12:07|この記事のURLComments(0)技術