2018年08月05日
以下のようなメールがきました。

件名: Microsoft アカウントのセキュリティ情報

Microsoft アカウント
セキュリティ情報の置き換え
だれかが、Microsoft アカウント * の全セキュリティ情報を置き換える処理を始めました。
これがご本人の処理の場合は、下のボタンをクリックし、既にお持ちのセキュリティ情報を使って待機時間を無視してください。

これがご本人の処理でない場合、他人が * を乗っ取ろうとしています。ここをクリックするとこのアカウントを保護します。
Microsoft アカウント * に心当たりがない場合、ここをクリックしてメール アドレスをそのアカウントから削除できます。
サービスのご利用ありがとうございます。
Microsoft アカウント チーム

フィッシングの類では無いと思うのですが、正直どうしてこのようなメールがきたのかわかりません。
この前後で行った作業は、 outlook へのログインだけでした。

ちなみにこのときに、セキュリティのアクティビティを三田のですが、自身のログインのみでした。
そのため私のログインがきっかけになって送付されたのだと思います。が、やはり不明です。

stock_value at 10:51|この記事のURLComments(0)技術 
2018年08月04日
特にこれといった解決策では内のでメモだけです。
かなり性能の低いPCを検証用に利用しています。CPUは Centrino 2 です。

このPCはほかのに比べ、かなり性能が低く、普通ならば数秒で終わる処理であっても、数十秒もしくは分単位でかかる場合があります。
そのため、そのような処理速度の遅さに由来する様々なトラブルが存在しています。

Microsoft Office click to run が1時間ちかくCPUを占有していました。低いときで30%ぐらい。高いときで100%ぐらいです。

このソフトがCPUを占有する事例はほかにもあるようです。私の利用しているPCもそれだと思っていました。
いくつかの対応をしようかと考えたのですが、性能が悪いPCだということもあって、しばらく様子を見ていました。

また、途中アップデートなどで数回の再起動もはさみました。

結局2時間ぐらい放置したところ、自然とCPU占有率は落ち着いたようです。
stock_value at 13:11|この記事のURLComments(0)技術 
2018年08月03日
AD環境でサーバーを構築しました。
しばらく問題なく運用していたのですが、最近になってサーバーにアクセスできないことがわかりました。

調べてみると、AD の DNSサーバーから当該サーバーのレコードが存在していませんでした。
おそらくADに再ログインすればいいのでしょうが、それではなんだか納得いきません。

原因は、そのサーバーのDNSサーバーの設定値が存在しないDNSサーバーを指定していました。セカンダリは正しい値だったのですが、これがダメだったのでしょうか。

とりあえず以下のコマンドでDNSサーバーに再登録されました。

ipconfig /registerdns
stock_value at 18:16|この記事のURLComments(0)技術 
2018年08月02日
子供の頃から過ごしている町で、変わらないものというのがあります。
例えばそれは公園であったり、交番であったり。

飲食店も長く続く場合には、本当に長期になりますが、通常は代替わりなどで廃業してしまう例が多いようです。
そのため、維持期間は比較的長いが "比較的長い" にとどまるぐらいでしょうか。

公園は本当に長いように思います。僕の記憶の範囲では公園が廃止された例はあまり思いつきません。
僕が生まれてから、今でもアクセスできるような思いつく場所の数々は、すべて廃止されていませんでした。
ネットで調べてたところ、都市公園法という法律で保護されているようでした。

飲食店は、代替わりで廃止された例が多いように思います。
子供の頃から、高校・大学生のころまで存続していた個人の飲食店は、高齢化で閉店となったり、夫婦の場合はどちらかの死などがきっかけとなっている例が多いように思います。

チェーン店の場合には、有名なところは比較的長いのですが、・・・養老の滝とか!・・・それでもマクドナルドはかつての閉店ラッシュで、知っているところでもいくつも閉店してしまいました。

そんな中で、郵便局や交番も息の長い施設だと思っていました。
実際、近所の郵便局はほとんど廃止になったことはありませんでした。

最近になって、近所にあった郵便局が廃止になりました。
個人的には、郵便局が廃止されるのは初めてのことだったので、こんなこともあるものかとびっくりしました。
廃止になった後は、住宅が建っていました。

自分がどこに住むかを考えた場合、公園の近所であれば、その環境が変化しないことが期待できますが、それ以外については、結局どのような場所でも変化してまいそうです。いい方向に変化するのであれば大賛成ですが、悪くなる方向に変化するのであれば、それはとても困ったことになると思いました。
stock_value at 12:05|この記事のURLComments(0)日々 
2018年08月01日
2017年 > 2017年06月05日: 健康診断の結果 2017年
2016年 > 2016年06月16日: 健康診断の結果 2016年
2015年 > 2015年07月22日: 健康診断、血液検査



今年の結果です。どんどん悪い結果になっています

身長 / 体重 / BMI / 腹囲
164.0 / 62.3 / 23.1 / 83.1

血圧※Hは基準よりも高いという意味
H134 / H88

心電図
左室肥大の疑いあり。高電位差のみ

RBC(赤血球数)/420-570
449

Hb(ヘモグロビン)貧血?/13.0-17.0
14.3

AST(GOT)/40以下
28

ALT(GPT)/40以下
36

γ-GTP/80以下
66

LDL/60-119
H147

HDL/40以上
78

TG/30-149
112

BS/70-99
101

HbA1c/4.6-6.2
4.8
stock_value at 22:02|この記事のURLComments(0)健康 
2018年07月31日
Storage Pool はいろいろたいへんです。コマンドで処理しなければならない状態もよくあります。
今回、ハードウェアのRAIDを利用せずに Storage Pool を利用しています。

ディスクエラーとなり、交換したのですが、どうも storage pool ではうまく認識しません。GUIでやろうにもうまくいきませんでした。ということで以下の方法で解決しました。

1. 物理ディスクの状況を確認する
# Get-PhysicalDisk

FriendlyName CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage Size
------------ ------- ----------------- ------------ ----- ----
PhysicalDisk2 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk1 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
False Lost Communication Warning Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk3 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk7 True OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk0 False OK Healthy Auto-Select 232.85 GB
PhysicalDisk5 False OK Healthy Auto-Select 1.82 TB
PhysicalDisk4 False OK Healthy Auto-Select 1.82 TB

ディスク1台が Lost Communication となっています。FriendlyName は空欄。。。
詳細は不明ですが、 Usage の欄が、Auto-Select となっているので、これを Retired とする必要があるようです。

2. ディスクのステータスを retired に変更する
# Get-PhysicalDisk | ? {$_.OperationalStatus -eq "Lost Communication"} | Set-Physicaldisk -usage retired

# Get-PhysicalDisk -Usage Retired
FriendlyName CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage Size
------------ ------- ----------------- ------------ ----- ----
False Lost Communication Warning Retired 2.73 TB

これでステータスが変更になりました。

3. ディスクをリムーブする。
まず物理的にディスクを取り外します。新しいディスクに交換しました。

# $results = get-physicaldisk
コマンドの結果を変数に納めます。

# $results[2]
配列を指定して、格納値を確認します。
FriendlyName CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage Size
------------ ------- ----------------- ------------ ----- ----
False Lost Communication Warning Retired 2.73 TB

# Get-StoragePool
ストレージプールの名前を確認します。
FriendlyName OperationalStatus HealthStatus IsPrimordial IsReadOnly
------------ ----------------- ------------ ------------ ----------
Stragepool1 Degraded Warning False False

リムーブコマンドを実行します。
#Remove-PhysicalDisk -physicaldisk $results[2] -storagepoolfriendlyname Stragepool1
確認がプロンプトがでるので、Yを入力します。

4.ディスク状況の確認
# Get-PhysicalDisk
FriendlyName CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage Size
------------ ------- ----------------- ------------ ----- ----
PhysicalDisk2 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk1 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk3 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk7 False OK Healthy Auto-Select 2.73 TB
PhysicalDisk0 False OK Healthy Auto-Select 232.85 GB
PhysicalDisk5 False OK Healthy Auto-Select 1.82 TB
PhysicalDisk4 False OK Healthy Auto-Select 1.82 TB

これで削除することができました。
後は GUI から交換後のディスクをこのストレージプールに追加すればOKでした。
stock_value at 21:12|この記事のURLComments(0)技術