2016年12月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
memcached というのは、技術的な事を調べると必ず出てきました。特に大規模な場合には、色々と工夫して利用されているようです。
しかしながら、僕自身はこれを利用したことはありませんでした。いくつもの理由はありますが、大規模なサイトは関係していないこと、僕自身は開発者ではないので、そもそも必要がないことなどです。

最近になって php のセッションを管理するとき、ロードバランサー配下ではうまくいかない例がありました。そこで memcached が利用できるようなのでこれを利用することにしました。
ということで以下の手順。

# yum install memcached

# chkconfig memcached on
# service memcached start

これで port 11211 が LISTEN していることを確認します。
またFWなどは適切に設定しておきます。

CentOSでは config ファイルは以下の場所にあります。
/etc/sysconfig/memcached
PORT="11211" #ポート
USER="memcached" #ユーザー
MAXCONN="1024" #同時接続上限数
CACHESIZE="64" #キャッシュサイズ
OPTIONS="" #オプション

とりあえずこれで memcached を利用することができるようになりました。

次の記事でPHPの設定です。

参考
PHPセッションをmemcachedで管理する件
memcachedをインストールする
memcached おすすめ起動オプションまとめ

stock_value at 14:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2016年11月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、root のパスワードを忘れる機会が増えたように思います。
で、その理由は非常に単純で、使わないからです。

普段、root ユーザーでログインすることはまずまず無く、ほとんどが一般ユーザーで sudo を利用しています。
そのため root パスワードを聞かれると、まったく覚えていません。・・・ちなみにそもそも root パスワードを聞かれることがまず無く、これは引き継ぎの時ぐらいでしょうか。
引き継ぎや、サーバーのデータをアプリで移動させるときに、 sudo などが利用できない場合なども root を利用することがあります。もちろん一般ユーザーを root のように振る舞わせることも可能ですが・・。

もちろん一般ユーザーど sudo するので、メンテナンスにはなんの問題もありません。

で、それと同様に mysql の root パスワードも忘れます。こちらは一回設定すると、それ以外触らないから。
wordpress を利用している場合ではよくあるように思います。最初は必要だからちゃんと覚えているんだけどなー。

mysql の場合には、safe モードで起動するか、skip-grant-tables を設定し、パスワードの再設定が可能なようです。
stock_value at 12:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日々 

2016年11月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
SFTPのみのユーザーを作成していました。それは、sshd_config で指定していました。

その状態で、SSH接続を行うと以下の通りエラーが。

Nov 28 sshd[14729]: Accepted publickey for cesa from XXX port 62936 ssh2
Nov 28 sshd[14732]: error: /dev/pts/1: No such file or directory
Nov 28 sshd[14732]: error: open /dev/tty failed - could not set controlling tty: No such file or directory
Nov 28 sshd[14732]: The session allows sftp connections only

当初、なぜSSHログインができないのか、分かりませんでした。設定は合っているように思えますし、ユーザーもいるし。
ログには見慣れない、エラーが出ています。

error: /dev/pts/1: No such file or directory
error: open /dev/tty failed - could not set controlling tty: No such file or directory

で、最後に、ちゃんとでていました。
The session allows sftp connections only
sftp 接続のみとなっているようですね。ということで sshd_config で設定を解除しました。

ログをちゃんと見れば解決できるいい例でした。
stock_value at 11:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2016年11月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Outlookで送信したメールを取り消す機能があるということを知りました。
送信したメッセージを取り消す、または置き換える

で、これについては以下の条件があり、対顧客にたいしては、利用できないと考えた方が良さそうな気がします。

動作の条件
メッセージの取り消し機能について :Outlook Support Team Blog JAPAN

> 受信者が Outlook で Exchange サーバーに MAPI 接続している。
もうこの条件が相当厳しいように思います。一方で自社企業内など、どのサーバーを利用しているのかがハッキリしているのであれば有効に思います。

メールを間違えて送信してしまったときには、あきらめることも必要ですね。
stock_value at 10:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2016年11月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Aレコードを持っていないサーバーからメールが来たとき、エラーになる例がありました。
で、今まで何年か運用していたのに、最近になって顕在化してきたことから、あまり大きな設定変更をせずに、簡易的に対応したいと思ったのです。

で、最もかんたんなのは、 hosts に書いてしまうことだろうと。
やってみたのですが、エラーの種類は変わらず。

hosts 参照してないっぽいな。そのように感じました。
調べてみると、やはりそのようです。

postfix では smtp_host_lookup (デフォルト: dns) という設定があり、これを変更することになります。
dns / native / dns,native のどれかを設定するようです。
Postfix設定パラメータ


hosts を参照させるには、native でいいようです。

参考
Postfix に hosts を参照させる
Postfixでメール送信する際に/etc/hostsを参照させる方法







stock_value at 15:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 

2016年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ArcServeを利用しています。そしてライセンスエラーがアクティビティログに記載されていることに気づきました。

E3556
この Arcserve Backup サーバ上でエージェントのライセンスが有効期限切れになりました。このマシンのエージェント用に新しいライセンスを取得してください。(エージェント名=[Agent for Open Files r17.0]、プライマリ サーバ名=[XXX]、マシン=[XXX])

このほかにも、 Disaster Recovery Option / Enterprise Module のライセンスでも同じようにエラーとなっていました。

このBackupを利用しているサーバーは、単体のみをバックアップできればよく、また追加のオプションなどは購入していないため、上記ライセンスエラーは無視できるのであればそれで問題はありません。
しかし気持ちが悪いのも事実なので調べてみました。

arcserve-KB : Agent for Open Files に対し E3556 ライセンス エラーが出力される
上記は r16 に対しての記載でしたが、 r17 でも同様の対応が可能でした。

プログラムのアンインストールからArcServeを選択し、どのコンポーネントを削除するのか聞かれます。
ここで上記のモジュールに対して削除を行いました。

※なおOfficeなどの複数コンポーネントから成り立っているアプリの場合、こういったアンインストール画面では、インストール済みにチェックが入っており、チェックをはずすことでアンインストールの対象となることを示します。しかしArcserveについては、アンインストールするコンポーネントを選択(チェック)することで削除対象とするようです。最初戸惑いました。
stock_value at 10:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術