2004年10月

2004年10月31日

さすがに思春期ではないので、親と行動することについて、
恥ずかしいとか、そういった感想を持つことは少なくなりました。

一方で、小さいときからずっと一緒にいるせいもあって、
意見が合わないところも多いな。と思う機会が増えました。

親というのは、ありがたい部分が大半ではありますが、
たまに非常に恥ずかしい存在に感じることもあります。

そして今回書く話は、「僕の親ではない」ということを前置きしますが、
もし、僕の親であれば非常に恥ずかしいなぁというネタを書かせてもらいます。

その事件があったのは、結構昔で僕が小学生のころです。
授業参観があり、先生が見学にきている保護者に対して、ありがちな質問をしたのです。
「現在、地球環境の悪化が叫ばれていますが、地球を人間にたとえると、どのような状態
だと考えますか?」

1.健康
2.軽症
3.重症
4.危篤

という質問でした。

なお当時の時代背景としては、湾岸戦争があり、石油プラントが爆撃され、
石油の配管が燃え上がる姿や、後に直接関係無いと分かった、「重油まみれの鳥」
などが大々的に報道されました。酸性雨などもこの時期から有名になったような気がします。

また、僕はそのとき小学校 5-6 年生ということもあり、ちょうど新聞やニュースに興味を持つ年齢ということから、
社会科の授業では積極的にそうした時事問題が取り上げられていました。

そうした授業や社会的な背景があり、参観日には、生徒としても積極的に意見が言いやすく、
また親としても、しっかりと考えられるという狙いがあったのでしょう。

で、上に書いたような質問でした。

僕たち生徒が、その質問を授業で始めて聞いたとき、
ほとんどの人が「重症」で手を上げていました。僕も、軽症か重症で悩んだ結果、
重症を選択したことを覚えています。
「健康」はさすがに0人で、
軽症が3割ぐらい、重症が7割ぐらい、危篤は数名といった分布でした。

そして、同じ質問を授業参観の日に、保護者に対してしたときに、
なんと「健康」で手を上げた親がいたのです。涼しい顔して。

ちなみに、僕の父は「危篤」で手を上げました。(覚えてませんが、母も重症とかそんなんだと思います)
危篤っていうのもどうかと思いますが、危機意識が強いということで、
特に恥ずかしいってことはありません。

授業参観直後は、特になにもありませんでしたが、後日、その友達の親のことでとても話題になりました。


別に、みんなと違うことをするのは、問題ありません。むしろいいことです。
しかし、当時環境問題についてとても騒がれていたにもかかわらず、健康というのは・・。
勇気があるというかポジティブというか・・。



2004年10月30日

僕の同期の友人は、現在とても忙しそうに頑張っています。
僕は技術職なので、友達のやっているような営業はどのように大変なのかわかりません。

同期の友達は、全ての仕事に対して 100% を目指すために、時間が足りない状態になっているのです。

今忙しい仕事は、僕の部署と絡むため、よく姿や仕事を見るのですが、
とても単純なミスを連発しています。そして帰るのはいつも23時ごろ。。。

遅くに帰るのは仕方の無いことです。仕事が忙しければそうなってしまうでしょう。
しかし、仕事の処理が遅くて、買えれないのであればとても問題です。

しかも友達は、僕が見てても分かるほどに、「いっぱい」な状態なのです。
気の毒ですらあります。

つねに完璧を目指すのは無理があります。そして回りもそれを望んでいません。
「そこそこ」であることが大切です。

このままでは体調壊して長期休暇になるよ。
そう話をしました。

友達も、「もう少しうまく仕事がこなしたいんだよね。」といっていました。

僕の仕事管理法は、たくさんの仕事を抱えないってことです。
そもそも、仕事できないんであまり回ってきませんが。

あとは、自営業とプライベートと仕事のスケジュールを効率的に管理するには、
余裕をもって時間を組むことでしょうか。

そしてはっきりと断ること。これが僕の管理術です。

stock_value at 17:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)仕事。 

2004年10月29日

僕は、倫理観が非常に低いと思っています。
僕自身、無宗教なので、はっきりとした善悪の区別がつきにくい
というのが、そもそもだと思います。
そして、経済を学んだこともあり、倫理観の根底には「金銭的な発想」が必要です。

そうなると、特に「死」や「薬物」、各種犯罪について、非常に倫理が乏しくなるのです。

たとえば、薬物については、常識的にものすごく問題があります。
しかし、「薬物の購入」という経済活動が行われるとするのであれば、気持ちの中では、
「いいのかなぁ」という感情が出てきてしまいます。
薬物というのは、法律で禁止されるような深刻な薬物というよりも、タバコやアルコールなど
と考えてください。

僕のことて言えば、お酒はたしなむ程度で好きです。タバコは嫌いです。

※なお、経済的なことを言うのであれば、タバコやアルコールの負の外部性についても
考えるべきですが、ここでは除外します。


一方で「万引き」や「スリ」については、大きな問題があります。
経済的な活動が無い中で、収入を得るのは明らかに問題です。そうなると、絶対ダメなのです。

そして、「死」については、非常に微妙な問題となっています。
つまり、それ自体には金銭的な行為は発生しないから、というのもありますが、

悲しいことなのか、喜ばしいことなのかが分からないのです。
ということについては、「死について」で書きたいと思います。

2004年10月28日

[ キライ ] シリーズです。

僕の職場は渋谷です。
個人的に遊ぶのは新宿が多いです。
池袋でもたまに遊ぶことがあります。

この渋谷・新宿・池袋では、非常に路上販売が盛んです。
雨の日はあまりいませんが、晴れの日や日曜日などはとても多くの方が商売をしています。

多いのが、アクセサリーの販売です。他には、ポストカードや詩のようなものを販売している人もいます。
商品を地面に並べ、座ってお客が来るのを待つっています。

僕は、こうした商品の販売手法が嫌いです。
なぜキライなのか。

まずは、商品の作成過程に問題があると思っています。
つまり、通常の流通で商品の販売ができないということは、商品が未熟なのか、
技能が未熟なのか。

悪い言い方をすれば、「お店に置くのは自信ないけど、路上なら少しは売れるだろう」という
甘い考えが根底にあるように感じるのです。


そして販売手法による問題。
座っているだけで商売を成り立たせるのは、大きな問題があると考えています。
もちろん、積極的に販売しないのは、様々な理由があると思います。しかし、座っているだけというのは、
納得できません。


作りたいだけなのか、商売をしたいのか。そうやって考えると、どうもプロ意識に欠けているような気がするのです。

まだ、アクセサリーであれば、商品が存在するのでまだ理解できます。
アクセサリーなどは、ごまかすのが難しいでしょうし、技術はそこそこに、デザインが重要な要素だと思うので
売れることもあるでしょう。

しかし、ポストカードや詩はどうなのでしょうか。

僕は、詩が嫌いということもありますが、好きなことを書いて、並べて座って、勝手にお客が買っていく。
こんなことがあるのでしょうか。
「あわよくば」という考えはキライです。

2004年10月27日

やや昔ですが、、僕の働いている会社の近所では殺人事件がありました。
具体的な事件については、差し控えさせていただきますが、「 1997年に渋谷 」で起きた事件です。
犯人は、一応捕まっていますが、冤罪の可能性も否定できない状態です。

だからといって特に無いのですが、今までそのことに全く気づかなかったのです。
97年ということは、まだ10年も過ぎておらず、面影が残っていそうなものなのですが、
特に何もありません。

しかし、犯罪が行われたアパートも残っていますし、その周りの環境はほとんど残っています。

今、そのアパートに人が住んでいるのかは知りませんが、
事件を知ってしまうと、今までとは違った考えで、その道を歩くことになりそうです。


僕の住んでいる場所では、あまり大きな事件はありませんが、その中でも「 宮崎勉 」事件がありました。
詳細については、他を当たってもらうとしまして、簡単には、
幼女を連続して誘拐し殺害するという、とても残忍な事件でした。
この事件は、88 〜 89 年にわたって行われ、当時僕はちょうど 8・9歳だったので、
「 誘拐の対象になりえる 」ということで、とても怖かったのを覚えています。

ちなみに、僕の近所で起きた誘拐が最後で逮捕されました。

とても住みやすくて安全なところなのですが、それでもたまに怖いですよね。
また、毎日安全だと、防犯意識が低くなるのも問題です。


2004年10月26日

「 中央青山 」という単語が出てきました。
みんな「 なにそれ? 」 と言っています。

「 どうせ小さい会社でしょ? 」と。

ちょっと待ってください。
もし、「 中央青山 [ 監査法人 ] 」であれば、めちゃくちゃでかい会社ですよ。

しかし、監査法人?なにそれ・・。ってことでした。
うーん。そんなもんなのかなぁ???

前にも、「 東京証券取引所って株式会社? 」って聞かれました。
「 はい。株式会社ですよ。 」と答えたのですが、
あんまり有名じゃないんですかね?

株をやってるから知っているのか、常識的なことなのか。
線引きが微妙です。

2004年10月25日

ココのところ、ずっと設定しています。なぜかできないんです。
自営業 ( バイト ) の関係で必要なので、早くメール送信ができるようにしたいのですが、
なんででしょう。

エラーとかも出てないし。

>>>>>
とりあえず、送信はできるようになったのですが、
なぜそうなったのか、いまいち不明なのでもう少し調べます。

僕がメンテナンスするのとか、Windows 環境で固めたかったのとかで、
Windows の smtp を利用するのは面倒だったかなぁ?
素直に Linux にすればよかったなぁと後悔。

まあ、おかげさまで Active Directory の勉強もできたしいいか。。