2004年12月

2004年12月24日
本日はバイトに行きました。
会社はクリスマスイブということで、お休みをもらいました。

そして、バイトに。

ココ1年ぐらいかけて、少しずつネットワーク環境を整えてきたので、
だいぶ良くなってきました。

例えば以前は、社内でウイルス騒ぎがあったり、
ネットワークが不調だったり、メールが受信できなかったり、
ファイルサーバーがダメだったり、データが飛んだり。。。。

最近ではさすがにそういったことは無くなりました。

ウイルスもマメに検索していますし、セキュリティに対する意識も
高くなってきました。
バックアップの重要性もです。

ということで、スパイウェアの入っているPCに対して、
これを削除し、その他ネットワーク周りを調整してきました。


夜からは飲みでした。
ちょっと飲みすぎたなぁー



2004年12月23日
昨日、飲みに行く前に、大急ぎで HDD を購入してきました。
どうも、Windows のシステムログに、
遅延書き込み キャッシュ がなんとか 失敗 がどうとか出ていたので、
HDD がクラッシュしそうなのかなぁと思ったのです。

とはいっても、今使っている HDD は今年の夏頃に買ったので、
壊れるにしてはずいぶん早いなぁ。そう思っていました。

とはいっても、故障の前兆がある以上は、仕方が無いので新しいのを購入です。

今日は、その HDD を取り付けたのはいいのですが、IDE ケーブルと、HDD 専用クーラーを
取り付ければ、より確実に寿命が伸びるのではないかと、ケーブルとクーラーを買いに行きました。

それと CPU ファンも音がうるさかったので、購入してきました。

友達も付き合ってくれるということで、一緒に。

夜になって、自宅で取り付けてみると、なんと昔の HDD(MAXTOR) が問題なく動きます。
どうやら IDE ケーブルが問題だったみたいですね。
今回 HDDを購入したので(SEAGATE) HDD がずいぶん増えてしまいましたが、
どうしましょう。

RAID にしようかな?

ということで、休日してました。

2004年12月22日

今日は地元の友達と飲みました。
知り合ったきっかけは、僕が大学1-2年生のときに、郵便局で年末だけ
年賀のバイトをしていました。
そのころに、高校生で初めてのバイトということで、そのコと知り合いました。
そのときは、たまに飲みに行ったりしていたのですが、
バイトも終わり、僕も自営業だったり、相手は受験だったりと
ほとんど連絡もとらない状態となっていたのです。

それなので会うのはすごい久々でした。
今回会うことになったいきさつを・・。

携帯のアドレス帳を整理していました。
  ↓
すると、ずいぶん昔の懐かしい名前がありました。(今回のコです)
  ↓
4年越しだし、メアドも変わってるだろうと思いまして、念のため、メールをして、
「アドレスが見つかりません」などのエラーを確認してから削除しようと思いました。
  ↓
なんと返事が。(メアド変えてなかったんですね)
  ↓
ということで、久々に飲みに行こうと。


そういうことで、今日会うこととなったのです。
ちょっと飲みすぎました。
ということで、ご迷惑おかけしました>>友人

stock_value at 09:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲み 
2004年12月21日
僕は、この blog のタイトルにあるように、
社会人1年生です。

正確には社会に出たのは、自営業をはじめたころなので、大学1年のときなのですが、
就職してからは1年未満です。

で、僕の配属になった部署には、新人が僕一人なので、忘年会のお店を決めなければなりません。

希望としては、フグが食べたいということでした。
僕としては、ジャンルを指定してくれるのはとてもうれしいことです。
お店を絞ることができるので。

そして、何店か候補を選び出し、その中から1店に予約を入れました。

忘年会では、周りが先輩ばかりということもあって気を使うのですが、
まあ楽しくやりました。

フグは・・・・。
あんまりでした。

やっぱりフグっておいしい食べ物じゃないような気が・・・。



stock_value at 22:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲み 
2004年12月20日
本日は忘年会を行いました。といっても、毎月1度の食事会の延長なので、
新鮮さはありませんが。。

ちょっと高価にということで、和牛なぞを食べてしまいました。
おなかいっぱいです。

やっぱり、色々考えさせられるのですが、まあ、あんまり迷っているわけにも
いかないですね。

とりあえず、時間とお金とタイミングです。
急がずあせらず。


stock_value at 22:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲み 
2004年12月19日
キャラメルボックスの舞台を見てきました。

友達に誘われて行ってきました。

ちょうど一年ぐらい前に行ったのが結構面白く、演劇って想像よりも面白いじゃん。
というのが率直な感想でした。

で、今回も、やっぱりチケット代は高かったのですが、(それでもチケットの入手は困難らしかったです)
楽しみに鑑賞しに行きました。

とても完成度の高いもので、雰囲気などとても臨場感あふれるものでした。
そして見終わった僕の感想は、、、
「つまらなかったな。」なのです。

今回の劇は、僕には理解できませんでした。

友達に聞いてみたところ、とても面白かったと。
そして、違う日に同じ劇を見に行くということでした。

関連のない他の友人に聞いてみたところ、やっぱりすごく面白かったと言っていました。

となると、僕が理解できなかったということになります。

改めて意識させられましたが、やっぱり僕は芸術を理解する才能がありません。
みんなが絶賛なのに、僕はまったく。

自分に対して、すごく残念な気持ちになりました。

2004年12月18日
保険屋が非常にむかつきます。
ようするに、保険金をしぶろうとするのです。

盗難保険を支給する仕組みとして、
・契約している保険会社
・盗難状況のレポートを作成する会社
・バイクショップ
・僕

の4者がかかわっています。

僕は、12/4 の Blog にも書いたように僕が僕のバイクに乗っていて
盗難にあいました。

そのことを盗難状況のレポートを作成する会社である、
株式会社 損害保険リサーチ というところが、色々と根掘り葉掘り聞いてきます。

僕としては、リサーチ会社の聞きたがっていることは、全て包み隠さず
伝えています。それにもかかわらず、1週間ぐらいすると、
「○○について、syo さんがはっきりされないので・・・。」ということで
ぐだぐだと、違う質問をしてきます。

例えば、
リサーチ「盗難にあったバイクには最後にいつ給油されましたか?」

僕「もちろん、そんなことは覚えていません。覚えているほうがウソくさくないですか?」

リサーチ「さすがに、1ヶ月以上前のことなので覚えてらっしゃらないですよね」

ということで、そのときは終わり。

後日電話で
リサーチ「syoさん、給油された時期についてやっぱり覚えてないですかね?それがないと、処理が進められないんですよ」と。

僕「んじゃ、なんとかレシート探して送りますよ」ということに。


また後日

リサーチ「syoさん。先日はレシートありがとうございました。ところでこのレシートは盗難にあったバイクに給油したということで間違いありませんか?」

僕「はい。給油した記憶はありませんが、レシートが盗難の時期に近いですし、常識的にそう考えるのが自然だと思いますよ。」

リサーチ「それはそうなんですけど・・。ちなみに、どこのスタンドだか覚えてらっしゃいますか?」

僕「スタンド名はレシートに書いてあるんじゃないですか?それに給油の記憶はさっきも言ったように無いんで、いつも行く、いくつかのスタンドかもしれませんが、そんなのわかりませんよ。」と

リサーチ「そうなんですけど、やっぱりsyoさんの口から、○○のスタンドに行った。と言うことが確認できましたら、私も、そのスタンドに行ってお話を聞くこともできるじゃないですか。」

僕「どうでもいいですけど、スタンドに給油の事実を確認しに行っても、普通は覚えてないんじゃないですか?一日何百台も給油してるでしょうし。それでスタンドの人が『そんなバイク給油した覚えが無い』って言ったら、僕はウソをついていることになるんですかね?」

リサーチ「いや、もちろんそんなことは無いんですが、そういった事を調査するのが私の仕事なので・・。」

僕「まあ、そうした不自然な調査が仕事なら仕方ないですが、とりあえず時間稼ぎしないで早く処理してもらえると助かるのですが。」

という流れです。
給油でここまでひっぱれるのもすごいですが、他の項目についても万事が万事そんな感じです。

「損害保険リサーチ」でHPを検索するとわかるのですが、どう考えても普通の会社じゃないですよね。
購入した店が悪いのか、保険会社が悪いのか、リサーチ会社が悪いのか。

こまったものです。

■参考にさせていただきました。
小林ゆきBIKE.blog
Peanuts Butter Sea
乳牛日記

stock_value at 10:24|この記事のURLComments(2)バイク