2005年03月

2005年03月31日

僕は、毎日半蔵門線で通勤をしています。
当事者に当てはまらないので、あまり詳しくないのですが、半蔵門線はそろそろ女性専用車両ができるようなのです。

すでに他の路線では、専用車両があるようなのですが、僕の関わる路線、主に、JR / 東京メトロ / 都営地下鉄 の車両では、僕の乗る範囲では、女性専用車両は走っていません。

女性のみが使えるようにすることによって、痴漢の被害が減少したり、もし犯罪者が男性に多いとすれば、それからの被害を減らすことができるのです。

僕はまだこの女性専用車両に関連したことが無いので、メリットもデメリットも分かりません。しかし、想像できる範囲での、ことについて考えてみたいと思います。
 ・女性専用車両は混雑するのか?
 ・他の車両の混雑に影響をあたえるのか
 ・利用者( 女性 )はメリットがあるのか
 ・男性にどのような影響があるのか

について考えます。

まず、女性専用車両の混雑はどのようになるでしょうか。僕の考えでは、女性専用車両は最前列もしくは、最後尾に車両が1両設けられます。そうなると、女性専用車両の近くは、女性が専用車両に移動することになると思います。そうなると、専用車両の近辺は、女性が少なくなる分、やや混雑の緩和が見込めるのではないでしょうか。

つまり、女性専用車両はやや混雑し、その近辺の車両は、その分混雑の緩和。ということになるのではないでしょうか。

利用者にとってのメリットは、最初にも挙げたような痴漢や、犯罪の被害の低下が挙げられます。
一方で、混雑する可能性がある。また女性専用車両があるのにそれを利用しないことによる、偏見的な目で見られる可能性があるのではないでしょうか。つまり、他の車両を利用しにくくなるというインセンティブが働くように思います。

そして男性ですが、大きな変化は無いのではないでしょうか。間違えて女性専用車両に乗車してしまった場合は、とっても恥ずかしい思いをすることとなりますが、それ以外については大幅な変化は無いように思います。

ラッシュ時に女性専用車両は活躍することになると思いますので、我々にとってどのような変化が発生するのか、とても興味深く見守りたいと思います。



2005年03月30日

僕は、レーザープリンターが大好きです。印刷を楽しくさせてくれる存在なのです。
インクジェットに比べて、大幅に速度が速く、コストが安いのが魅力です。
その代わりカラー印刷ができませんが・・。

僕は、モノクロ印刷しかしません。カラーは年賀状の時のみなのです。そのため、モノクロレーザーはとても便利に使っています。現在で 2 代目です。

ブラザー のプリンタを使っているのですが、以前使っていたプリンターは、キヤノンでした。

キヤノンのプリンタにも特に不満は無かったのですが、どうも紙送りが悪く、使い物になりませんでした。レーザープリンタはどの機種も紙送りに失敗することが多く、とてもストレスなのですが、キヤノンのそれは、正常にプリントできることが少なかったのです。

そして、エプソンは僕のクライアント様で使っていました。1台はやはり紙送りに大きな問題があり、もう一台は特にトラブルはありませんでした。
もし、エプソンを選んだとしても、特に問題は発生しないと思うのですが、やはり新鮮味にかけると思ったのです。

そしてブラザーを選んだのですが、特に大きな不満はありません。たまに紙送りに失敗しますが、それもまあ許容範囲です。プリンタがパソコンから目視できる位置に無いので、紙詰まりなどで、印刷が失敗していると、非常にイライラしますが、それでもまあ我慢です。

そんなブラザーのプリンターですが、約 1 年程つかったところで、トナーの警告が表示されました。

トナーはインクジェットより交換頻度が低い分、価格が高く、約1万円です。出費は痛いですが、かわいいプリンタのためなので仕方ありません。

そして、まだ新しいトナーを使ってはいないのですが、交換した際には今まで以上の働きを、僕はブラザーに期待しているのです。

物は大切に。


2005年03月29日

僕は、かなり病的なほどに明るいのが好きです。
例えば部屋でも、今までは間接照明のような、やわらかみのある、暖かい色でしたが、1-2 年ほど前に、すべて蛍光灯に切り替えました。

僕の場合少し極端なのですが、明るさの希望はコンビニぐらいであると思っていただければ分かりやすいかと思います。

明るいのが好きな理由はいくつかあります。
後から知ったのですが、明かりにはウツを抑制する効果があるようです。特にこのときは意識していなかったのですが、明るいというのは僕にとってとても落ち着きました。ウツとまでは行かなくても、精神的な落ち込みを防ぐために、身体が明るいことを希望したのかもしれません。

文字を読むことが、僕は非常に多いです。
そうすると、間接照明では、どうしても文字を読みつづけるのが辛くなってしまいます。特に僕の場合は細かい時を読むことも多いので、明るい照明が必要でした。

白が好き。
間接照明では、たとえ一番明るい 100W を選んだとしても、オレンジ色というのか、とにかく白色の明かりではありません。僕は明かりとしては白が好きなので、そうなるとやはり蛍光灯を選ぶこととなります。

色をそのまま見ることができる。
僕は色がそのまま感じられるのが好きです。間接照明ですと、上にもあるように、オレンジ色なので、白い紙をみたときにも、少し色がついてしまいます。それが僕はどうも好きになれないのです。また、白いものには、「蛍光」の物質が使われていることが多い (たぶん) ので、白い証明の下ではより白く、より映えて見えるのです。これが僕はとても空きなのです。

その他。
熱を持ちにくい。とか電気代が軽減されるとか、長持ちするとか色々あります。あまり重要ではありませんが・・。

ということで、僕は明るいのが空きなのです。


2005年03月28日

花粉症の季節です。僕は幸い花粉症ではありません。もちろん、花粉症と、今回のくしゃみは特に関連はありません。

くしゃみは、生理現象であり止めることができません。
また、気持ちよくくしゃみをしたときは、とてもスッキリします。

花粉が飛ぶ時期になると、その症状のひとつとしてくしゃみ目撃する機会が非常に増えます。

くしゃみはとても個性が出てきます。体を大きく動かしてくしゃみをする人や、ちいさく「くしゅん」とする人、様々です。

そして、問題なのはとても大きな声で「はっくしょん」とする人です。くしゃみというのは、事前の予告が周りに対してほとんどありません。あったとしても、「はっ、はっ」といった、息をする程度です。そうした予告がほとんどない状態で、いきなり「はっくしょん」とすれば、周りの人はとてもビックリするのです。

他人をビックリさせたり、大きな音を上げるのは、とても失礼なことだと僕は考えます。そして、そういった迷惑をかけている可能性を思いつかない人はわがままではないかと考えるのです。

そして、なぜか僕の周りでは相対的に年齢とくしゃみの大きさは比例するような気がするのです。年齢を重ねると、くしゃみが大きくなり、そして態度も大きくなる。僕の中ではやっぱりくしゃみの大きさと、わがままは比例しています。

外と自宅内でくしゃみの大きさはある程度変化しているかとは思いますが、それでもやはりもう少し回りに気遣いが合ってもいいと思います。

今まではそんなでも無かったのですが、最近家族で花粉症が出てきました。くしゃみを聞くと非常にイライラするのはなぜなのでしょうか。

2005年03月27日

先日は、連続で自営業をしてきました。
金曜日の夜には打ち合せと作業。土曜にも打ち合わせと作業でした。

金曜日のクライアント様は、PC 端末の数が多いので、それこそ結構なトラブルが発生しています。

ほとんどが、セキュリティに起因する問題です。
やはり利便性と、セキュリティは、トレードオフとなってしまいます。

ネットワークが不安定なのではないですか?との問合せを受けたのですが、それについては、次のように回答しました。

確かに不便に感じることは多々あるかとおもいます。しかしそれは、セキュリティ上必要な設定を行ったために発生する手間だ考えてください。
また、トラブルについては、少し前までは現状の半分のユーザで今よりも多くのトラブルがありました。現在では、当時よりも多いユーザ数で、トラブルは前よりも減っています。
そういうことから、慣れるまではご不便をおかけいたしますが、今後もますます便利となるように設定を行っていきますのでご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

こんな感じで回答。
トラブルが減っているのは事実ですが、不便を強いているのも事実。押し付けにならないように注意しては居ますが、難しいところですね。

2005年03月26日

今日は昼間はバイトで、夜からは飲みました。
ちょっと飲みすぎました。ご迷惑をおかけいたしました。

blog を読んで頂いているということで、色々と参考になる話を。

stock_value at 11:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲み 

2005年03月25日

僕は数年ほど前ですが ADSL のサポートのアルバイトをしていました。電話でのサポートなので、声による印象がすべてであり、僕は "声で得してる" といわれることがあるぐらいなので、そんなに大変なことはありませんでした。

そんなアルバイトの思い出です。

僕ではないのですが、仲間が電話に出ていて、ちょっとしたクレームになっていました。ADSL サービスというのは、速度や接続においてとても不安定なものであり、その部分で想像と違うと、どうしてもクレームとなることがあるのです。

で、そういう不安定であることを説明したのですが、「そんなことは聞いてない。どこにも書いてないぞ。」というお客様の主張です。そのときにお客が「 HP には書いてあるのか? 」と聞いてきました。

そのときの担当は「そのことについては書いていません」と答えてしまったのです。

で、一度電話を切って HP を確認してみると、速度や接続についてちゃんと HP に書いてあるのです。

担当の人が再度お客様に電話し、「申し訳ありません、先ほどお客様のご指摘なのですが、 HP の○○をご覧になっていただきましたら載っています。」そう答えたのです。

さっきと言っていることが違うのでお客は当然怒って、「さっき電話を切って、調べてるとか言っている間に、HP 作って載せたんだろ!」と言っているのです。

そうした話を聞いたときに、もしそれが本当であればその会社はすごい会社だと思いました。

お客からのクレームが挙がり、それを回避するために、それこそ 10 分ぐらいの間で HP を作り、校正し、テストをして HP にアップ。それがそんな短時間でできるような会社で、なおかつクレームをそこまで重要視するような会社だったら、それは違う意味ですごいことだと思ったのです。

僕がお客だったら、「 電話を切っている短時間の間に、HP を変更して言い訳のネタを作るのはどうかと思う。でも、そのスピードについては目を見張るものがある 」 という評価をしているはずです。

お客もお客ですが、サポートしているんだから HP ぐらい熟知していて欲しいものです。そして、そのクレームが僕じゃなくてよかった。