2005年09月

2005年09月23日
最近僕は、テレビをほとんど見ないので、テレビの進歩には全然ついていけてない状態です。

そのため大きな画面のテレビや液晶テレビを見ると、いまだにそのテレビに対し、驚いてしまいます。

先日、ケーブルテレビに加入しているテレビを見ました。ケーブルテレビは視聴可能な番組が非常に多く、またそういったために、番組表を手元に用意するのが難しいのです。

それを解消する手段として、テレビ画面に番組表を表示させることができました。

パソコンを使い慣れている僕としては、やはりテレビの解像度や応答速度、フォントサイズなど、確かに満足できない部分は多々あります。しかし、いつでも番組表が見られることは、とても便利です。

解像度が小さいため、一覧とはいっても、たくさんの情報は表示されません。見づらいですし、スクロールもとにかく遅いのです。一昔以上前のパソコンといった感じです。

さすがに多チャンネル化が進んでいるので、非常に多くの番組がありました。アニメ専用、音楽専用、時代劇、ドラマ、ニュース・・・。こんなにも細分化されているのには、本当にビックリしました。

番組表を一通り見ていると、突然「女教師の○○」などといった表現が書かれています。明らかにアダルトビデオのタイトルです。そのとき僕はハッとしました。ジャンルが細分化されているわけですから、当然、アダルト専門チャンネルがあるのも理解できます。また、通常の料金で見られる番組とは違い、アダルトチャンネルを見る場合は追加の料金も必要でしょう。

つまり、ある程度は見せたくない人へのフィルタリングが可能だということです。もちろん、家族で見るテレビに対し、アダルトチャンネルの料金を払っている場合は、そのまま見ることができちゃいますが。

しかし、番組表という、誰もがアクセスできるものに対し、さらにアニメの専門チャンネルがあるということは、子供も見る可能性があるということです。にも関わらずアダルトチャンネルの番組表を表示させるのは問題ないのでしょうか。

さて、そのように書いていますが、僕自身はアダルトとアニメが並列表示されていることに特に問題は感じません。確かにターゲットについて若干問題があるようにも感じますが、それよりも興味があるのが、それを知った人たちは何も言わないのか。ということです。

新聞の番組欄でそのような構成になっていればそれは大きな問題になると思います。確かに影響力を考えると、その差はありますが、単純に声が大きい人の主張が通るとも考えられます。つまり、問題提起をする人が新聞を読んでいる人には多いと。

なにはともあれ、番組表にアダルト番組の文字が並んでいるのにはびっくりしました。




2005年09月22日
先日、2回に分けて酔いつぶれた友人を介抱したという記事を書きました。僕はあまりそういった記憶が無いというか、僕自身がつぶれてしまうし、つぶれた友人を僕が介抱することが少ないということもあり、比較的そういった経験は少ないほうだと思います。

今回は、結構前のことなのですが、せっかくの少ない介抱の経験なので、書き留めておきたいと思います。

まず、前回のことにも共通するのですが、僕は決して面倒見がいいほうだとは思いません。やっぱり面倒臭いという発想が常にあるので、手間のかかるようなそういうことはやっぱり面倒に感じてしまうのです。

一方で、その "動かない" ことにより発生するリスクはすべて受ける覚悟があります。何もしないことによる批判や、予想外の結果に対する後始末などは、僕が引き受けることになっても、僕は仕方の無いことだと思いますし、またそうなったときは動かざるを得ないということがあります。

今回の内容がおきたのは、内定をもらってからなので、2年ぐらい前のことになるかもしれません。友人が、お酒を飲みに行っている中で、酔いつぶれてしまい、翌日のバイトを休むことになり、その日は帰る事ができなかったのです。

酔いつぶれて帰れなくなるという部分については、友人がなんとかしてくれましたし、吐いてしまうことなどについては、やはり友人が何とかしてくれました。僕は途中まで様子を見て、帰宅すればいいと思っていました。

酔いつぶれた友人が、「明日、朝からバイトがある」という話をしました。
僕たちは、さすがに朝からのバイトに行くのは無理だし、連絡をしない常態で休むのは難しいので、代理で電話をしました。

最初に友人が、バイト先に電話してくれました。バイトの責任者と思われる人が電話に出て、酔いつぶれている旨を伝えて明日はバイトを休むことを伝えたのです。
友人とその責任者の間でどのような会話が交わされたのか、詳細については僕は知りません。しかし、ある程度会話をしている中で、「相手がすごい怒ってるんだよね。syo 君からも、ちょっと事情を話してくれない?」となったのです。

また、怒られるのかぁ。コールセンターでバイトしていた僕は、怒られることに慣れているとはいえ、とても怖い思いをしながら、電話を代わりました。

「ご迷惑をおかけしています」
最初にまず、そのような形で会話を切り出し、突然このようなことになってしまい申し訳ありません。という話をしました。

「ふざけんじゃねーぞ。バイトは絶対休ませねーぞ」
と言って、怒鳴られたのです。

僕はとてもびっくりしました。まず代理で電話をしていることがあったので、あくまで事実を伝えることしかできません。それは両者で了解していることではなかったのでしょうか、いきなりそのようなことで怒鳴られたのは非常にびっくりしました。

そして、疑問を感じつつも続けて
「すいません。代理で電話をしているので個別の事情がわかりません。ただ当日になって突然バイトを休むのは一番ご迷惑になるかと思いましたので電話をしています。なるべくがんばるようには言いますが、今の状態では休むことになるかもしれないと言うことだけお伝えさせていただきます。」
そのように言いました。

「いや、そういう事情はさっきも聞いたんだけど、そんなことウチには関係ないんだよね。這ってでも来てもらわないとこっちにもシフトとかあるからさ」

と言う話になったのです。
ラチがあかないので、適当に話をまとめたのですが、そのときは本当にびっくりしました。
別に、介抱について手伝わなかったリスクを背負ったとは思いませんが、前回記事に書いた件もそうですが、そういった最後のツメの部分であまりおいしいとは思えない役回りを担うことになるのは、うれしくもありますが、ほとんどはあまりいいことでは無いですね。

stock_value at 14:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲み 
2005年09月21日
三国無双が面白い。という内容で以前記事を書きました。そして最近、真・三國無双4 猛将伝 というソフトが発売になりました。

一緒にゲームを遊ぶ友人が早速買いました。というより、買ってくれたような感じになってしまい、大変申し訳なく思うと同時にとてもうれしく思います。

前のシリーズを遊んでいるときは、発売から結構日数も過ぎていることも合って、攻略サイトがたくさんありました。それぞれの HP に、同じような内容で、強い武器の取り方や、レベルの上げ方、スコアの稼ぎ方などが掲載されています。

今回、猛将伝をプレイしたのは、発売からわずか数日でした。発売日すぐに購入した友人に誘われて、比較的すぐにプレイしたのです。たしか、15日発売で18日に遊びました。

そして、まだ発売したばかりだから攻略サイトは無いだろうと思いながら、HP を検索してみました。すると、まだ発売して数日のソフトなのに、すでに攻略サイトが出来上がっているのです。おそらく、個人的にそうしたことを調べているのでしょうが、なぜそんなにも早く攻略サイトを作成することができるのでしょうか。とても不思議に思います。

最低でも、攻略サイトを作るには、
・ゲームのプレイ
・HPの作成
・HPの更新

作業が必要です。
HP の作成や更新はそんなに大変じゃないとしても、ゲームのプレイは非常に大変だと思います。アイテムがどこにあるのかについて、まったくわからない状態なので、色々な組み合わせで調べないといけないですし、条件について何パターンかを調査する必要もあります。
たぶん攻略サイトを作成している人は、ゲームの開発やその他のいわゆるインサイダーではないと思います。純粋にゲームをプレイして攻略しているのだと思いますが、それにしても、あそこまで早く、そして正確な情報にはとても驚かされました。

2005年09月20日
先日、友人と会った際に、ほんの一瞬だけ友人の友人と会いました。

ちょっとだけ登場人物を。
友人A ( 僕と待ち合わせしてた人 )
友人B ( 友人A の友達。僕とは初対面 )
僕 ( 友人A と友達。友人B とは会ったことない )

その日は、友人A と遊ぶ予定だったのですが、友人A は僕との待ち合わせ時間までは、友人B と一緒に遊んでいたということです。

そして、僕との待ち合わせ時間になった友人A は友人B を連れて、待ち合わせ場所に来ました。そしてすぐ友人B は帰る予定になっていたので、駅まで友人B を送ったのです。

で、そういう流れになるということを、あらかじめ聞いていました。友人B にとって、友人A はどういった友達がいるのかなど、興味もあったようですし、帰る時間がちょうど重なっていたということもあり、それじゃせっかくだから、合流してから帰るよ。という流れになったようです。

友人A がいうには、その子はすごくぶりっ子だというのです。そして本性は出さないから、多分 syo 君が持つ印象と、実際の性格は全然違うよ。ということでした。それを聞いて僕は、個人的にぶりっ子は嫌いだけど、まあそれはそれでいいんじゃないの?という話をしていました。
そして、僕の友人にはあまり露骨なぶりっ子がいないので、興味もありました。完璧なぶりっ子として振舞えるのか、中途半端なのか。それともぶりっ子として確立しているのいか。などなど。

そして実際に会ったのです。

印象と言えるほどのことは無かったのですが、とても静かな感じの子でした。確かに初対面であり、帰るまでの10分程度しか会わなかったので、会話もほとんどできませんでしたし、あまり印象をもつことはできません。
ただ、少なくともぶりっ子な印象はありませんでした。

それを見たときに、あれぐらいでぶりっ子と表現されるのか?それとも、少ししか会ってないから分からないのか疑問でした。

そして後から友人が言うには、全然ぶりっ子していなかったと言うのです。

しかも、そのぶりっ子をしなかった理由が、「僕がぶりっ子を見破りそうだからしなかった」というのです。

とても驚きました。
確かに、ぶりっ子を見破れないとは思いません。逆に、それが見たいというのも今回楽しみにしていたのです。しかし、そうやって僕の印象から振る舞いを帰るというのはとてもすごいことだと思いました。

今度はできれば、見破るのを前提とした上で、もしくは見破ることが複線となっているような行為を期待します。

それにしても、そういう印象を与えていたとはビックリだなぁ・・。

2005年09月19日
昨日からの続きです。

そして一安心と思っていた僕を含めた他のメンバーは適当にお酒を飲んだり話をしながらすごしていました。雨も降ってきたので、お店に移動しようと言うことになったのです。

そうしたところ、僕の携帯に電話がかかってきました。酔いつぶれC の母親に電話をして状況を説明してほしいということでした。そして最初に電話をした 友人A 及び 友人B はお母さんが興奮気味で話を聞いてくれないということだったのです。
状況を聞くと、お母さんに電話で以下の内容を伝えたということです。

-- 友人 --
今は 酔っ払いC は家のベッドに寝かせてあるから特に心配は無いけど、酔っている状態で吐いたりもしているので、帰ってきたら着替えを出したり、部屋で汚れてしまった部分を掃除してほしい。そしてこんなになるまで飲ませてしまい、申し訳ありませんでした。

ということでした。

-- 母親 --
それを聞いたお母さんは、横になった状態で吐いたりしたら、気管に詰まって窒息死するかもしれない。急性アルコール中毒死んでる人も毎年何人もいるんだし。あなたたちは医学的な知識があるわけじゃないんだから、危険かどうかの判断はできないし。で心配だからすぐ救急車を呼んで病院に行ってくれ。

ということらしいのです。ただし、呼びかければとりあえずの反応はするし、もう吐く状態ではないのでその心配は無い旨伝えたのですが、とにかく救急車を!となってしまい手がつけられないというのです。そして他に大人の人はいないのか?と。
(当然2004年の時点で僕たちは23-24歳ですが・・・。)

僕は、確かにそういった場面で頑張ることはできます。ずいぶん前にも同じようなことがありましたし、そしてそのときは怒鳴られましたし。

大丈夫だという、現場の判断を尊重していた僕は救急車を呼ぶほどではないと考えていました。そしてその状態でとりあえずお母さんに電話を掛けたのです。

-- 僕 --
たびたびご迷惑をおかけしてすいません。今僕は直接現場にはいないのですが、とりあえず話を聞いた限りでは、救急車を呼ぶほど深刻な状態ではないと言うことみたいです。とはいえ、お母さんの方でも、確かに気管に詰まったりというのは心配だと思いますので、必要であれば、家に戻られるまで友人が面倒を見ることは可能ですけど、どうしましょうか?

と話をしたのです。

お母さんは、あらそう?でも医学的なことが分からないとやっぱり不安だし、帰るまで面倒を見てもらうのはかえってお友達にご迷惑だと思うし。

ということでした。友人の話とはだいぶ異なり、非常に落ち着いていました。

ぼくは、確かに僕たちとしても、絶対に救急車を呼びたくないというわけではないので、お母さんの方でご心配されるのも確かにあると思いますので、そうした深刻な状況ではないということを踏まえた上で、救急車を呼ぶということであれば、そのようにしますよ。どうしましょうか。と聞きました。

相手のお母さんの方から、そう、それはわかったんですけど、やっぱり心配だからできれば救急車を呼んでいただければと思うのですが。

ということでした。

そういった意向を受けて、分かりました。それでは救急車を呼んで病院に連れて行きますので、病院などが分かりましたら再度ご連絡させていただきます。ただ、くれぐれも酩酊状態や急性アルコール中毒のような状態ではなく、ただ酔いつぶれているだけの状態で、今では時間もたって安定しているし、しかも友人も傍についている。だから、先ほど友人A/B がお母さんに電話したときよりも、だいぶ状態はよくなっていますので、そんなにご心配されずに、帰ってきてください。

そのように伝えました。

そして友人A/B に連絡をして、お母さんから救急車の出動要請が出たからとりあえず呼んでほしいと。そして病院まで付き添ってあげてと、伝えました。友人はちゃんとお母さんは話を聞いてくれたの?ととっても不思議そうでしたが、むしろとても落ち着いてたことを伝えました。そして僕はどうしよう?と話を聞いたら、病院でお母さんと状況を説明するから、syoくんが話をした方がいい。ということになって、友人B を返して入れ替わりに僕が行くことになりました。

病院に向かうと、酔いつぶれC がベッドに寝ていて、僕と友人A がお母さんの到着を待ちました。

そしてお母さんに状況を説明して、僕たちはお母さんに、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。と言い、お母さんの方もいえいえこちらこそ・・・。と言うことになって万事解決したのです。

後日酔いつぶれCから僕にはお礼のメールが。友人Bにもお礼のメールが。そして友人Aは音沙汰なし。

そして僕はおいしい所を全部持っていった。という評価に。
なんだそりゃ。

そして長文すいません。


2005年09月18日
僕の住んでいる場所は下町で、いわゆる封建的な制度というか、地方のようなムラ社会というか、そういった横のつながりが非常に強くあります。もちろん、そうは言っても区内ということもあり、田舎のつながりほど強くないのもまた特徴です。

そして、コミュニティが非常に限られていて、地元がほとんどです。そのため、視野については、非常に地域的な部分に目が向けられます。職業的なことでなのか、今までの環境としてなのか、上下関係が比較的厳しいのも何故か共通しています。ひょっとしたら地域性なのかもしれません。

僕は根回しに結構時間を費やすタイプです。正直な話をすると、意見を戦わせつつ、正論で決めていくのは僕の好むところではありません。できるだけ事前協議で意見調整をしつつ、採決を取るときは、ほぼ根回しが完了しているのが好きなのです。そのため、僕は裏で色々動くことはあっても、表立って動くようなことは滅多にしません。
僕の性格的にも、先頭に立って歩くと大抵反感を買って失敗しますし。

最初に書いたような友達が一部にいることから、そういった性格が形成されることになったのではないかと、少し考えている部分もあります。

さて、そうした友人なのですが、ビックリしたことを指摘されました。
<< もし関係者が読んだとしても誰にも悪気が無いことは明白です >>

登場人物
・僕
・友人A
・友人B
・酔いつぶれC

要約すると、以前あった、友人が酔っ払って救急車呼んだり親に連絡取ったりと、大変なことだった。そして友人Aは「迷惑掛けてごめん」っていわれてないけど、少しだけ手伝った syo はお礼言われてる。何もしてないのにおいしいところだけ持っていくのはどうなのか?ということです。

以下にその日の日記を転載しておきます。
> ■2004/04/04 (日) あめ。
>
> 花見をしました。
>
> すっごい曇りなのに。
> 午後からは雨でした。
>
> で、お昼ごろから飲み始めて、
> 雨も降ってきたんで、夕方には撤収しようかと。
>
> そしたら、友達がつぶれちゃいました。
>
> とりあえず友達のお母さんに電話。
> syoと申しますが●●という状況で・・・。
>
> と伝え、他の友達に介抱を任せちゃいました。
> そうしたら、僕の携帯に介抱している友達から電話が。
>
> 「ねぇねぇ。○○君のお母さんにsyo君から電話してくれない?
> なんか興奮しちゃって、ウチラの言うこと全然聞いてくれないんだよ。」
> ということでした。
>
> こういう時にも、コールセンターの経験って役に立つんですね。
>
> 落ち着いてお話しすれば、相手も分かってくれますよ。
>
> そして、引き継ぎして帰ってきました。
> まあ良い思い出です。

さて、上記に書いてあることをもう少し詳細に記します。
友達がつぶれました。
そして、友人A 及び 友人B が吐いて服とが汚れている 酔いつぶれC を抱きかかえながら、色々世話をしています。結局あまりにも泥酔なので、家に連れて帰ろうということで、友人A 及び 友人B の二人で酔いつぶれCをタクシーで送りました。
僕は、正直吐いている友人の傍は結構キツかったので、終始友達に任せちゃいました。
それ以前に、面倒見のいい友人ということもあり、気が利かない僕はやることが全くなかったのです。もちろん、そういった友人はとても頼りにしている僕がいるのも事実です。

2005年09月17日
今日は同窓会がありました。前回までで少しずつ書いているのですが、僕の小学生時代の友人と本当に久々に会いました。全然変わってないのもいますし、見た目、性格共に結構変わっている人もいました。

僕の友人は非常に様々なのですが、僕と同じ年なのに、結婚している人もいるし、すでに離婚している人もいました。

そして、その離婚をしている友人とはたくさん会話をしました。「婚姻届ってどんなこと書くの?」と聞けば、「わかんないよ。ずいぶん前だから忘れた。離婚届の書き方なら教えてあげるよ」などの、ブラックなネタを率先して言う姿がとてもカッコよく見えました。

そして会いたくないと言っていた人同士について、僕は何もしていないのですが、その友人が「あれ?A呼んでこようか」と積極的にからかっていたのもとても面白かったです。

そういういい意味でバカでいられるのはとてもすばらしいことだと思います。歳を取るのが残念ですが、たまに会うのはとても面白いことですね。