2005年12月

2005年12月31日

毎年、大晦日は友人と過ごしています。20歳を過ぎてからはお酒を飲みながら過ごしていますし、その前は少し遠くまで初詣に行っていました。

さて、今年を振り返りますと、今年も様々な事がありました。

・就職して満1年を迎えることができました。
・バイクで二人乗りができるようになりました。( 免許取得後1年 )
・株では小さく儲かったり大きな損失を出したりと激しい起伏がありました。
・私生活の面では、あまり充実していたとは言えません。( 恋人もいないですし、資格の取得もありませんでしたし。 )
・起業にむけてがんばりました。( 来年はビジネス始める予定です )
・仕事はがんばりました。

今年は、特にコレと言った大きなイベントが無かった代わりに、精神的に色々考えた年だったと思います。

リーダーとしてあるべき姿や、上司・部下の関係、仕事のありかた等、友人や先輩、後輩と色々と考え実践をしました。友人にも話をしましたが、ちょっとアセリ過ぎていた感じさえあります。しかし、今後を考えていく上で重要な基礎となるだろうと考えています。

株については、資産が若干減ったかもしれません。今年はダメダメでした。一番大金を張った取引が大損こいたのです。結局年末の株高で、ほんのちょっと取り戻しましたが、大きな損失は免れることが出来ませんでした。僕には信用取引向いてないみたいですね。痛すぎますがとても勉強になりました。

来年もいい年になるといいですが。




2005年12月30日

今日も年賀状を書きます。なかなか本気で書けないものですね。2日に分けて書くことにしました。15枚だけでも書くと結構たいへんなもんです。

あとはいつも通り、喫茶店で本を読んだりして過ごしました。

最近、喫茶店に行くと「ブラックでいいですか」と聞かれるようになりました。ひょっとして顔覚えられているのでしょうか・・。確かに頻繁に通っているけど。



2005年12月29日

毎年書いていますが、今年も当然年賀状を書きます。ただ、働いていると年賀状を書く時間を作るのが面倒なので、ついついギリギリになってしまいます。

ということで、がんばって年賀状を書いています。今年は結局30枚ぐらい。まだあんまり多くないので、住所は手書きしています。ただ、そろそろ時間的にも手間としても厳しいかなぁと。

先日、僕が帰宅しようと駅前を歩いていると、見覚えのある方とすれ違いました。振り返って「??」という気持ちで見ていると、相手も気づいたようで「そうですよね。お久しぶりです」と声をかけてくれました。

「ですよねー。お元気していましたか」と、話をしました。

相手の方はおばさんというより、おばあちゃんの年齢の方なのですが家が近所ということで、以前は少し親しくしていました。しかし、僕が進学、就職していく中で、行動圏も変わってしまいましたし、相手も体調やその他色々あったようです。それにより、疎遠になっていました。

相手の方は最近体調もだいぶよくなってきたと話をしていましたし、僕も就職して生活面ではかなり落ち着いたと言うことを話しました。

とりあえずは、年賀状書きますね。と言う話をして、住所を教えてもらいました。

2005年12月28日

本日は僕の働いている会社で納会がありました。去年も納会に参加したので2回目です。( 2004年12月28日:会社 納会 )

別にどうって言う理由も無いのですが、タダで飲み食いができるっていうのは、単純にうれしいものですね。

去年通り、朝から昼過ぎまでは仕事。です。もちろんいつもどおり昼食を食べました。
渋谷にある、黒座暁樓(くろざあかつきろう)というお店を利用したのですが、またハズレを引いてしまいました。前回書いた時のハズレは、価格が安いが、その分味が最低であった事を書きました。

今回は、価格が高くてサービスの質が低いパターンです。
今回初めてそのお店を利用することになり、一緒にご飯を食べるメンバーは自由に注文を行います。僕は鶏味噌うどんだったかな。

そして3名の食事が、待てども待てども来ません。20分以上待たされました。渋谷のお店で混雑している所でも、20分も待たせるようなお店はありません。そしてそれだけ待たされて来た料理が僕の鶏味噌うどんだけだったのです。一緒に来ている他の2人分の食事が来ていません。

また5分ぐらい待つと、もう一人の料理が来ました。そして、僕がいよいよ食べ終わるというタイミングに、もう一人の料理が来たのです。

「すいません。大変お待たせしました。」そういって店員さんは料理を運んできましたが、どう考えても納得できるわけがありません。そもそも、トータルで30分以上待たされることを知っていれば、その店を利用しないんですから。

味は、料理が遅い事を無視しても価格とのバランスはいまいち。それ自体は美味しいのですが、価格とのバランスはとれていません。もうちょい安ければいいんだけど。。。

とはいえ、そのようなサービスの質が低いこのお店、今後がどうなるのかちょっと注目しています。

ちなみに、僕の利用したのは昼のランチなので、夜はどうなっているのか分かりません。

そんな最悪な昼食を過ごし、大掃除。17時ごろより社長や会長からのありがたい言葉。その後飲食を行いました。

一通りもろもろに挨拶をしました。

夜からはまた他の会社で納会。ちょっと参加させて貰いました。

新年より新しい社員が入社してくるとのことで、紹介等々もして頂きました。色々な人との出会いは、怖く感じる一方で、楽しい部分もあります。

テキーラ飲んだけど、おいしかった。


stock_value at 03:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)仕事。 

2005年12月27日

人前でしゃべる機会というのは、仕事によっては多々あるかと思います。僕の会社も例えば新しい人が来れば、新しい人はみんなの前で挨拶をしますし、場合によっては僕たちも新しい人のために自己紹介をします。

ある程度の人数なので、乾杯の時には、少しトークを挟んだりする場合もあるでしょう。

こうして、人前でしゃべる機会を与えられたときに、どのように振る舞うのか、とても大切なことだと僕は思います。

技術者の一般的な態度として、僕は大嫌いなのですが、次のようなパターンがあります。
・話が長い
・ウケを狙いすぎ
・内容がつまらない

もちろん、技術者なので、人前でアピールする能力はあまり磨かれていません。これは仕方のないことです。

しかし問題なのは、できないのにしゃべりたがる人が多すぎる。ということです。しゃべれないのですから、手短に終わらせればいいのに、なぜか嬉々としてしゃべっているのです。

僕はこのとき疑問に感じます。

そんなにみんなの前でしゃべりたいのであれば、普段からそのようにアピールしたり、トレーニングを積むことが大切です。人から与えられたチャンスを利用して、ヘタなまましゃべるのは色々な意味で失礼です。

僕の場合は・・・。アピールする場所は絶対に自分から作り出します。


2005年12月26日

先日、後輩が辞めてしまう。という記事を書きました。さて、辞めてしまうと言うことなのですが、特に確執があるわけではありません。このまま切れてしまうのも残念ですし、そもそも今回辞めてしまう営業マンの彼は、営業として色々面白い存在だと考えています。

さて、そんな彼なのですが、辞めてしまうと言うことで、 blog のアドレスを告知したのです。少なくとも僕に対してはこの blog のアドレスを伝えておけば、いつの時点で何をしているのか、そして連絡を取る手段(メールアドレス) が公開されています。

僕は最近勝手に、僕に対してのアクセス手段を知ることが出来ることを、自分ポータルと考えています。つまり、このアドレスさえ知っていれば、連絡先や現状を知ることが出来るのです。

さて、そう思って blog のアドレスを伝えたところ、「もう知ってる」という答えが返ってきました。どこから知ったのだろうか?そのように疑問に思っていたら、どうやら mixi からたどってきたようなのです。

もちろん、その後輩君が僕の blog をいつの時点から読んだとしても、僕自身はまったく問題無いと考えています。この記事を書くに当たって読み返してみましたが、特に問題となりそうな記述もありませんでしたし。

さて、ということで、教育制度の無い会社はとても辛い事だったと思います。そう言う意味では非常に同情します。一方で、僕は営業マンに向いていると考えていますが、その考え方の方向性がすべて正しいとも思っていません。

そのあたりは、双方の意見があると思いますので、これは僕の考えなのですが。

なにはともあれ、次の職場では今まで以上にがんばってほしいと思っています。そして密かに、今の職場よりもずっとずっと数字を挙げてもらいたいと思っています。

ちなみに・・・。給料は抜かれるんですよね・・。


stock_value at 03:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)仕事。 

2005年12月25日

少し前の事ですが、お酒を飲んでいる時に、唐揚げを注文しました。
唐揚げが出てくると、レモンが付いているので、「んじゃレモン搾るよ」と、代表の人が唐揚げにレモンを搾ろうとしました。

僕は、そういうそれぞれが無意味な遠慮をしてしまうときに、率先して出来る人はすばらしいと思います。料理を取り分けたりとかもですが。

そして、そのレモンを搾ろうとしたときに、友人が一言「僕って唐揚げにレモン搾るのがキライなんだよね」と言ったのです。

とても興味深い発言でした。

今までそう言うことを言う人はいませんでしたし、聞いたこともありません。そこでその理由を聞いたのです。

唐揚げという脂っこい物に、さっぱりした物をかける神経が分からない。と言うのです。確かにその考え方は理解できます。僕で言えば、熱い食べ物をふーふーしながら食べるのは理解出来ないことに似ています。

その理論がどの程度しっかりと根付いているのか確認するために、僕は別の事を質問しました。

「でも和風ハンバーグの大根おろしはめっちゃうまいよね。」と。

相手は「う、うん。そう思う。」って言いました。

僕はなるほどと妙に納得しました。つまり理論が先にあるのではなく、単純に唐揚げにレモンが嫌いなだけだと言うことです。
だったら、理由なんて言わずにそのまま好みを伝えればいいんじゃないのかなぁ。と思いました。

ちなみに僕は、、、唐揚げにレモン搾るのスキです。


stock_value at 03:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物