2008年04月

2008年04月30日

以下のコマンドで、コンピュータ名が変わりました。再起動は強制されません。
オプションを使うことによって何秒後に再起動とか色々できるようです。

netdom renamecomputer [旧PC名] /newname:[新PC名] /userd:[管理者]
/passwordd:[管理者パスワード]

※参考
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071219/289842/




2008年04月29日

喜怒哀楽という表現があります。そしてこのすべてにおいて「涙」が存在していると思います。
大抵の涙は経験したと思うのですが、喜びの涙についてあまり記憶がありません。

比較的、感動とかでは涙がよく出る方だと思います。映画などの恐怖とかでも泣いた事があります。もちろん悲しい涙も出ます。

うれしい涙というのはいつ出てくるのでしょうか。これから結婚したり子供ができれば出てくるのかもしれませんが、どうも感覚がわかりません。

告白をした後で、とか、プレゼントをもらってとか。。。そういうのがほとんど無いのです。確かに試験とか合格系はうるっと来るかもしれませんが、最近はそういうのもめっきりです。

ひょっとしたらどこかでそう言うことに対して、照れくさいとか斜に構えている自分がいるのかもしれません。これからは注意していこうと思います。

2008年04月28日

友人からフリーセックスについて書いて欲しいといわれました。僕は性的な事は書かないように決めているのですが、特に実体験でもないですし、僕の考えということで、書きたいと思います。

書いて欲しいと頼まれた友人には、飲んだ勢いで書くべき内容の要旨を話してしまったのですが、とりあえずまとめておきます。

この手の場合、どのような立場での意見なのかが重要になってくると思うのですが、とりあえず僕は男なので、男性からの視点で書くことにします。

男性としてフリーにセックスができるのはうらやましいことです。イケメンだったりすれば限りなくフリーに近いでしょうし、一方でブサメンだった場合は、この逆に限りなく近いと思います。
そしてフリーを望むのはほとんどの割合で男性で、女性は少数だと思います。

僕が考えるに、フリーがいいと言う人は、ほぼ間違いなくブサメンか性経験が非常に少ないのだと思います。このフリーがいいという考えに賛同する人(この場合は女性)とは、自身の魅力とは全く関係なしに行為に及ぶことができます。
これは、普通に口説いたり社会生活を営んでいるだけでは性行動が非常に難しい場合に、比較的有効な手段だと思います。

よく分かりませんが、普通〜ややブサぐらいであれば、酔った勢いだとかそういうシチュエーションがまだ期待できるのに、本当のブサイクだとそれさえも期待できないのかもしれません。

逆にイケメンであれば、わざわざフリーに賛同する女性を捜して行為に及ぶよりも、普通に出会った人を口説いた方が早いと思います。そして女性側にも男性側と同じように、フリーを口に出すのであれば、自分の容姿に何か理由があるのかもしれません。

結局普通の出会いが全く期待できない場合にフリーという発想がでてくるのだと考えています。


さらにパートナーとしての問題もあります。フリーで色々な人と体験している人とどのような考えで寝たらいいのでしょうか。もちろん病的な心配もありますが、一種の嫌悪感というか疑問のような気持ちって出てこないのでしょうか?

そのため僕はそういう考え自体はとっても理解できますし、いいと思うのですが、僕自身がどうかと言われれば、到底そういう行動・考え方はできないと思っています。

stock_value at 12:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え 

2008年04月27日

先日のミートソース関連です。先日の通りですが、母親の用意するスパゲティがとても嫌いでした。

そしてずっとレトルトのミートソースは食べなかったのですが、最近になって友人がたまたま作ってくれたのが、このミートソースでした。僕は材料を買う段階から、ひき肉を追加するとか、野菜をトッピングするとかして味付けを変えるように色々意見を言ったのですが、シンプルなのがいいという理由なのか、面倒なのかとにかく暖めるだけになってしまいました。

そして僕は心配だったけども、最後にこのレトルトを食べてからだいぶ経っていたことから、大丈夫だろうと考えていました。味覚も変わっているかもしれませんし、単純に母親が料理が下手だからかもしれませんし。

何口か食べると、やっぱりダメでした。僕は大抵の料理はおいしく食べるのですが、さすがに食べることができませんでした。申し訳ないのですが、「今日はもういいや」ということで残してしまいました。

改めて思ったのは、やっぱり食べ物に対する記憶というのは相当根深く残っているんだということです。僕はおそらく二度と(誰かが用意してくれる場合を含めて)レトルトのミートソースを温めただけの場合は食べないことを決めました。

stock_value at 12:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物 

2008年04月26日

市販されているレトルトのミートソースはあまりおいしくないような気がします。
その理由はいくつかあって、大きな理由としては、母親がスパゲティを作るときは、レトルトを暖めるだけだったからだと思います。

僕はこれがかなり早い段階から嫌いでした。本当に味気なくてまずく感じていたのです。他の家族がおいしいと言って食べているのを見て、僕の味覚がおかしいのか、家族の味覚がおかしいのか考えてしまうほどでした。


そして僕は料理を作る中で、トマトを使った料理がまったく作れませんでした。トマトのように酸っぱい食材や、味付けが難しそうな食材はあまり使う機会が無かったのです。
ミートソースであれば、味を付ける余地も大きいでしょうし、万が一の時も転用が聞きそうです。
そうった理由から、ミートソースの作り方を覚えました。

すると今までのレトルトのミートソースとは一転して、非常にオイシイのです。また材料も切って入れるだけなので、本当に簡単です。

今までのイメージとは違い、こんなにおいしいものかとビックリしてしまいました。これからもトマトベースの料理を作っていきたいと思います。


stock_value at 12:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物 

2008年04月25日

あまり詳しくないのですが、Windows + Apache 2.xx の組み合わせを使っている時に、エンコードなどの処理をせずに cookie を利用すると文字化けするそうです。

すべての文字が化ける訳ではないと思うのですが、使っているフォームでは、僕の名前が必ず文字化けしていました。そしてそれが本当に不便でした。知らない間に変な記号が入っているわけですし。

ということで、以下の通りエンコード・デコード処理を追加し、文字化けしなくなりました。

---- とほほのcookie入門 より引用 ----
CGI(Perl)でエンコードするには次のようにします。

$xx =~ s/(\W)/sprintf("%%%02X", unpack("C", $1))/eg;

CGI(Perl)でデコードするには次のようにします。

$xx =~ s/%([0-9A-Fa-f][0-9A-Fa-f])/pack("C", hex($1))/eg;
--------------------------------------------------------

■参考
とほほのcookie入門


2008年04月24日

便利なのでよくVNCを利用しています。
そしてインストール完了後は、デフォルトでVNCパスワード認証となっています。

このパスワードを設定しない状態で接続をすると、認証エラーとなってしまいます。しかも繰り返すと、接続自体を拒否されてしまいます。

つながらないのはとても面倒なので、忘れずにパスワードを設定するか、パスワード無しにしなければなりません。