2008年06月

2008年06月30日

僕は朝起きてから、夜寝るまでの一日のスケジュールは大体決まっています。もちろんほとんどの人がそういうのは決まっていると思います。

だからといって、それを書き出したりはなかなかしませんし、ましてやそれを時間単位で管理したりするのは難しいと思います。

几帳面な人で、一日のスケジュールを貼りだしている人がいました。
ざっくりとですが、6時ぐらいに起きて、水やりやストレッチ、新聞読み、朝食、化粧→ 通勤、勉強、仕事、昼食 → 午後の仕事 、退勤 → 夕食準備、夕食調理、勉強、運動、お風呂 → 肌手入れ、ストレッチ、読書、就寝

という流れでした。
見たときに、すごいの一言でした。
スケジュールを見る限りでは、とても細かく決められていると思います。

しかし夜寝るのが1時頃となっていました。そして起床は6時。これについては僕には無理なスケジュールです。12時に寝て8時に起きるのが理想ですね。せめて7時かな・・・。



2008年06月29日

僕はマナーについて、普通〜やや厳しめで言われてきました。社会に出ればそれは常識なので、特に困ったことはありませんし、特段注意されたことはありません。むしろほめられる事の方が多くありました。

しかし最近になって、色々気になる事が出てきました。

例えば「ご飯は残さないように」と小さいときから言れていました。
もちろん、食事を残す事がダメだったのですが、おかずは大皿料理の場合は、「自分の分」ということもなく、また翌日に回すことも可能なことが多いので、あまり言われません。しかしご飯については、絶対に残さないようにと強く言われていました。
極端な時には、お腹いっぱいなら、おかずは残していいから、茶碗にあるご飯だけは全部食べなさいと。
なお、大人になると、ご飯は残してもおかずを全部食べるように言われることの方が多いように気がします。栄養面とかコスト面、作り手の視点からかもしれません。

それに似たこととして、茶碗にご飯粒を残さないようにと言われました。小さいときから当たり前の事だったので、僕はお皿に盛ってあるご飯でも、茶碗に入っているご飯でも、最初から最後まで「ご飯粒」ができることなく、食べ終わります。そのため、粒を残すなどと言うことは考えられません。

そして大体はそういう人がほとんどですが、たまにそれらについて粒をつけたまま食事を終わりにする人がいます。
で、注意するというよりはその理由を聞くのですが、今までの人は全員それが普通だったと言うことです。特に親も言わないそうですし。

恋人だったり家族だったりすれば、僕はそれがとても耐え難い事だとは思いますが、友人であればそれは「ふーん」という感じでとても興味深く話を聞いています。とはいえ、かならずきれいに食べるようにという話はしています。
ちなみに今までの友人はその話をしたときに、反発してまで拒否するようなことでもないので、僕の前ではきれいに食べるようにしてくれていました。

家庭や個人でそれぞれ理由があると思いますが、自分が当たり前としていたことと違うのは、なんとも不思議な気持ちです。

stock_value at 20:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え 

2008年06月28日

あまり食事のマナーを気にする機会はありません。ほとんどの友人は特別に汚い食べ方をしている人が思いつきません。

しかし最近になって、マナーについて非常に気になる人がいます。

例えば一般的なマナーとしては、音を立てないとか、きれいに食べるとかがあると思います。もちろん常識的に容器を持って食べるとか、渡し箸をしないとかそういう当たり前の事は意識するタイミングさえあまりありません。

詳しくは以下も参考にして下さい
知っておきたいマナーの常識

そして多少の非常識であれば、特に我慢が可能です。肘をついて食べるとかそういうのは見た目があまりきれいではありませんが、十分我慢が可能です。

しかしその人は、くちゃくちゃと音を立てて食べるのです。

これが僕にはどうにも我慢ができません。会社でお弁当をその人が食べているとき、僕との席は2つ隣です。しかしくちゃくちゃという音が聞こえてくるのです。例えばガムとか、肉とかでしっかり噛まなければならいのならばある程度は仕方のない事だと思います。
しかしその人は、何を食べてもくちゃくちゃと音がしています。

僕はこれがとても不快に感じています。一度気になると止まりません。今まで友人などと食事をしたときにも、一人としてこういう食べ方をする人がいませんでした。ゲップ等と違い、食事中は連続的に音が発生しています。非常に辛いので何とかならないかなぁと思っています。
直接言わないとダメでしょうか。他の人は気にならないのかなぁ?

stock_value at 19:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え 

2008年06月27日

自炊をしています。そして僕はあまり色々な種類の料理を食べたいとは思いません。どちらかといえば、ある程度の種類でローテーションされていればいいと思っています。

しかしながら、自分で作れる料理の種類が、明らかにそのローテーションとかみ合っていません。

例えばカレーとかハンバーグとか餃子とか、そういった好きな物は結構な頻度で食べたいと思います。例えばそれは月に1回以上あってもいいと思います。

しかし実際には、久しぶりに作る料理や久しぶりに食べる料理とか、そういった事情によって、なかなか作れないことがあります。そして結局カレーとかハンバーグなどの好きな食べ物についても、久しぶりに食べるかぁという分類になってしまうのです。

実際作りたい料理と食べたい料理が別々になることもあって、そう言うときには結構な苦痛が伴います。

どちらかといえば、作ってもらう立場の方が、食べたい料理だけを意識していればいいので、それもいいなぁと思っています。

こういう考え方で日々の料理をしていると、結局栄養が偏ることになってしまうのだと思います。

stock_value at 19:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物 

2008年06月26日

バイク屋さんに言って、エンジンオイルを交換してきました。
今のバイクは買ってから、4年目ぐらいなので、だいぶ走りました。そして色々とメンテナンスがかかるようにもなってきました。

今までも、ブレーキバッドの交換、タイヤの交換、ライトなどなどを交換してきました。部品代はそんなに高くないことが多いのですが、技術料が結構取られます。ということで、なかなか痛い出費となってしまいます。

そのため、それがバイクにとって良くないことだと十分に知ってはいるのですが、ついつい面倒に感じてしまいます。

自宅の近所にあるバイク屋さんはメンテナンスの技術料が安価だという話を聞きました。ということで早速そこを利用したのです。
すると、走行距離の話から、やっぱりVベルトの話をされてしまいました。前のバイク屋さんでも、タイヤ交換をしたときに同じような事を言われました。メーカーの推奨している距離、製品の保証している距離、今までの経験、それらを考えると、やっぱり2万キロでの交換が望ましいというのです。

もちろん仕事として、それらを言っている可能性はもちろんあります。しかし僕にとっても、壊れて動かないよりは、早めに交換することになっても、トラブルが無い方が絶対です。
結局やはり安くない金額となってしまいましたが、トラブルを未然に防ぐという意味でも良かったと思います。

stock_value at 14:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)バイク 

2008年06月25日

性病の検査をしてきました。特にHIVとかはありませんでした。無料でできるというのはいいことだと思います。
しかし毎回のことですが、緊張しますね。


2008年06月24日

昔もそうでしたが、最近もそうです。結局そういう部分というのはなかなか変わらない部分なのだと思いました。

昔僕が嫌いなアドバイスとして、「夢を持て」というのがありました。非常に曖昧で、夢を持つことが目的となってしまう、あまり良くない考えだと思っています。確かに必要な要素もあると思いますが、どうにも僕はそれを受け入れることができません。

基本的に僕はアドバイスを受けることが嫌いなのかもしれません。

最近よく聞くアドバイスは、運動した方がいい、お酒を控えた方がいい、肉を控えた方がいい、といった内容です。非常に単純なステレオタイプです。会話の中で僕がそれらについて、不健康である旨をアピールしているわけではありません。確かに運動については、そういう部分があるので、運動についてのアドバイスは多少理解できます。

しかしそれ以外について、例えば食生活について等は、自炊の話とか、食費の話といった内容です。そこからどこをどのように聞けば、栄養だとか肉を控えた・・・といった内容になるのか不思議です。
お酒についても、外での飲みは相当減りました。今では若干意図的に増やしているぐらいです。ちなみに、blogの記事でも、最近ではめっきり「飲み過ぎました」とか、「飲み会があって・・・」という内容の記事は書くことが無くなりました。

今では外で飲んでいた代わりに家で飲んでいます。外での飲みが頻繁だったころ、やはり飲み過ぎという話をよく言われました。その意見にはお酒の飲み過ぎという量の他に金銭的な事も付随していたように思います。

今では、その意見に金銭的な意味は要素としては減りました。そして家で飲む量はたかがしれているのですが、やはり飲み過ぎということです。休肝日とかですかね。

で、結局どうするかと言えば、僕はこれらについて、自然と少しずつ減らすようになってきました。精神的にアドバイスを受け入れるというよりは、いちいち言われる事が煩わしいと思うようになっているからです。

ただ、ちょっと意外なのは、これらの運動・食事・お酒が解消されると、次は「何か楽しいことあるの?何か作った方がいいよ」という、また違うアドバイスが生成されるということです。
当然僕としては、そのアドバイスも煩わしいので、その頻度が増えたときに、どうしようかなぁという心配があります。

stock_value at 13:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え