2009年02月

2009年02月21日
電気工事をよくおこなっています。僕はITばかりなので、電気のことは詳しくないですし、なにより物理的なことにはあまり興味がありません。

ということで、このあたりについては全く不勉強でした。
しかし会社のブレーカーが落ちることが何度かあり、大変困っていました。だってそのたびにサーバーのエラーを確認したりとか、RAIDが壊れたりとかしてしまいましたので・・・。

ということで、電気について少し調べてみました。

僕が一番不思議だったのは、会社の電気容量の契約はたしか60Aだったと思います。そして単純に60A以上を使っているからブレーカーが落ちているのだと思っていました。しかし実際にはそんなに単純ではないようなのです。

主幹と言われる大本のブレーカーから、2経路に分かれて、小さなブレーカーがまた付いています。
そして会社の人が言うには、60Aで普通のオフィスであればまず落ちることは無いというのです。

その理由として、2経路の合計が60Aということではなく、2経路共に60A使えるからだというのです。
確かにPCの消費電力は大きくないですし、台数も限られています。それを考えると、確かに落ちるのは不自然です。


そうなると考えられるのが
社内全体で、たとえば70A使っているとします。このとき、
A回路:60A
B回路:10A
ということで、A回路には余裕が無いので、落ちてしまうのではないかというのです。

そしてもちろん理想としては
A回路:35A
B回路:35A
で利用することです。
そうすれば、60Aのうち半分ちょっとしか使っていません。きっと当分落ちないですよね

参考サイト
株式会社ヴォルフ



2009年02月20日
マネークリップ:2008/10/11という記事を前に書きました。

最近友人とマネークリップの話をしたので、書いておこうと思います。僕が前に働いていた環境では、マネークリップを使っている人が何人かいました。しかし今の環境では、誰もクリップを使っている人がいません。

友人が言うには、財布からマネークリップに切り替えるという例がほとんどだと言うのです。もちろん財布はみんなが持っているので、そこからマネークリップに移行するのはごくごく自然なことだと思います。

しかし僕の場合は、前の記事にも書いたとおり財布を持つ習慣がほとんどありませんでした。そこから、むき出しでお金を持つよりはクリップを利用した方がいいかなぁと思いました。

それにしても、財布からマネークリップに変更するというのは、どういう変化なのでしょうか。やっぱり財布が邪魔と感じるからなのでしょうか。よく分かりませんので、今度はそのあたりを聞いてみたいと思います。

2009年02月19日
そのような質問を受けました。
お客様に回答するために、僕に聞いてきたみたいなのです。「どうにもなりません」そのように僕は答えました。送信者に色々してもらうことで、解決できる可能性がありますが、受信者はほぼ何もできません。

しかしながら、最近の一連の騒動で、あきらかにその回答では不満と言った口ぶりでした。個人的な意見じゃないの?他に方法あるけど、面倒だからできないって言ってるんでしょ?そのような口ぶりなのです。

とりあえず理解頂くほかないので、色々調べてメールにて回答を出しました。で、やっぱり方法はありません。

調べたところでは、
・リッチテキストをやめてもらう
・Winmail.dat を開けるソフトを利用する

ぐらいではないでしょうか。

ちなみに送信者サイドであれば、
ココの方法は強力な感じがしました。


2009年02月18日
リールという商品があります。よく屋外などで電源を取り回すときに、長いケーブルをうまく裁くための商品です。
「電源コード リール」などで調べると、画像が出てくるかと思います。

そんな商品で、LANケーブルのタイプが発売されていました。
HUBリール
僕はこの商品を見たときにとてもびっくりしました。というのも、あまりそういった用途で必要になることがほとんど無かったからです。

というのも、たとえば電気の場合は「電気を使えるようにするための工事」で電気が必要になることがほとんどです。工事場所を明るくするための照明であったり、工具を動かすためであったり。

しかしLANの場合には、LANを使えるようにするためのLANというのは、必要ありません。「一時的に延長する」という用途が非常に少ないような気がするのです。無線もありますし。。

それにしても、アイデア勝負の商品だと思いました。発想がすごい。


2009年02月17日
ウジを使う治療らしいです。
結構グロ画像もあるので、注意。

しかし発想がすごいですね。
Yahoo検索:マゴットセラピー



2009年02月16日
一応の続きです。

クレームの件での要因は、他にもありました。

そもそもファイルサーバーでの一元管理という提案をしたときに、あらかじめサンプルとしてフォルダを構成していました。

ユーザー毎に自由に使えるフォルダや、部署毎のフォルダを作成し、こんなイメージになりますよ。そのように伝えていたのです。

それを見てそのまま運用が開始されました。しかし使っている中で、「こういうフォルダ構成の方がいい」そしてこのフォルダへのアクセス権は、こう設定したいそのように話がふくらんできたのです。

そのときに出てきた要望のフォルダ構成は、一部最初の構成を踏襲していました。

最初は、
+-○○部
 +-○○課
  +-個人フォルダ

そのような構成でした。そして要望は、
+-○○
 +-○○
+-個人フォルダ

このような構成になったのです。
このとき、運用レベルでの話として[部]や[課]が取り除かれるだけのフォルダについては、フォルダ構成変更の混乱を生まないためにそのまま流用しました。
※ちなみに、部とか課については、明確にフォルダ名を変更して欲しいという要望ではなく、Excelでリストをもらったのですが、単純に省略しているだけの感じでした。統一もされていませんでしたし。

そのためそのまま流用しても問題ないという判断になりました。

このときに、アクセス権についても、大幅な変更ではなく、緩やかな変更を運用レベルで話をしていました。いきなり個人フォルダが無くなっていたり、アクセスできないのは問題が生まれるので、伝達が確実に行われてから、行う予定となっていました。

しかしその過程で、クレームが発生してしまったので、アクセス権がめちゃくちゃだとかフォルダ名がめちゃくちゃだという事をいわれてしまいました。上記のような事情は特に関係無く、「現状違いますよね?」の一言でした。

ということで、すべてリストの通りに設定を行うということで決定しました。
※ちなみに本当にそのように設定したのですが、やっぱり多少の混乱があったようです。(意外なことに思っていたほどではありませんでした)
しかし多少強行に変更してしまっても、何とかなるもんですね。


2009年02月15日
先日の「事実の報告?」で書いた件ですが、少し進捗がありました。

僕自身の問題点として言われているらしいのが、
・話を聞かない(クレームを言っても通じない)
・設定がめちゃくちゃ

ということで、話がいっているようです。

これについて、僕自身の考えとしては、
・そもそも何も言われていない
・設定は説明しているとおり
ということです。

僕が話を聞かないっていう点については、本当に何も言われていないので、僕自身はコメントしようがありません。そもそもクレームや事実を隠すような指導を受けたことが無いので、そのあたりは全部正直にありのままを伝える事しかしません。


そして設定がめちゃくちゃというのは、全体像が見えてきました。
そもそも当初の計画として、ファイルサーバーに対するアクセス制限を相当厳しく行っていました。フォルダ数が約100あり、ユーザーが約100人います。これについて一人一人アクセス権を設定するというのです。

設定方法については要件には特に定めていませんでしたが、一人一人のアクセス権を設定することを期待していたようなのです。
ちなみに、1フォルダ 1ユーザーの設定なので、100フォルダ 100ユーザーの設定だと、1万カ所の設定です。

そこで僕は部署毎にグループを作成しました。これで10グループ+個別設定300カ所ぐらいに減ったのです。


そしてこれが問題となっていました。なんで個別に設定されてないのか?という事になったようです。そして個別設定ではないので、設定ミスじゃないのか。と。
ということで本件は説明しても納得頂けないので、個別設定を行うという判断になりました。


次に本当のミスの部分です。これは僕が見たところ、10カ所〜20カ所ぐらいの間でありました。
その原因として、一つはリスト内にあるユーザーがダブっていたこと。
たとえば最初の方で、AさんはA/B/Cフォルダに対して、読み書き可能 となっていながら、最後の方で、AさんはA/B/Cフォルダ読み取り不可となっている場合です。これについては、そのまま最後の方の設定になっていました。
その他、純粋なミスで権限が入っていないという事がありました。これについては、コマンドで行って、その権限を付与するコマンドも履歴が残っているのですが、そのときの確認では、権限が入っていなかったので、純粋にミスとなります。


この3点の結果として、設定がめちゃくちゃだと言う評価になったようです。

以上のことから、再度設定をゼロからやり直ししました。そしてすべてにたいして権限を付与し、またそれを目視で1件づつ確認するという途方もない作業が発生してしまいました。大変。