2010年02月

2010年02月21日
ノウハウ的な事なのかもしれないのですが、初歩のことですし、メモとして残しておきたいと思います。

■そもそも
オフィスを引っ越しする場合などで、レイアウトを決定したり机の搬入や棚の購入など、オフィスの引っ越しには相当な面倒な事が待っています。それらについては僕はあまり詳しくありません。しかしオフィスのレイアウトに伴って発生する各種作業・・・電気工事などについては僕の働いている会社の範囲です。
このときに、何を聞いて、何を見て見積を作ればいいのでしょうか。


■見積
・オフィスのフロア
→ OAフロアかどうか。
・流用する物はあるのか
→ LANケーブル / ハブ / 電話機 / 主装置 / タップ

[電話・LAN]
・配線の開始場所はどこか
→ 開始場所にはサーバーを一緒に置いたり、インターネット回線が来ていることが多いので慎重に決定します。電源やスペースに関係してきます。

[LAN]
・配線方式
→ スター配線 / 島ハブ配線
※スターはVLAN、速度面、拡張性、メンテナンス性で有利だけどコストが高くなる
※島ハブ配線は上記メリットが無いがコストが安い
・モール、その他の使用
→ モールは材料費が高い / 時間・手間がかかる
→ 天井配線 コスト面、梁(はり)

[電気]
・分電盤の位置、空き
→ ブレーカーのアンペア数、小ブレーカーの数を確認

[レイアウト]
・座席数
→ 必要なLANケーブル / HUB /タップ口数がわかる
・プリンタ、複合機、シュレッダー
→ 電源を食うので単独回路を用意する
・タップ数
→ 1つの回路から取るタップの数を決定する(ブレーカーが落ちない程度に)
・レイアウト図
→ 配線を決定する、出し位置を決定する
・電気回路図
→ 無い事も多い

[電話]
・回線の手配
→ 余裕を持って。通話コストもあるので、NTTかそれ以外か。
→ ISDN / ひかり / アナログ
・ボイスワープ・代表組
→ するかしないか

[照明]
・増設 / 盛り換え
・ダウンライト等
・スイッチの位置や数
・天井の写真



stock_value at 21:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)仕事。 
2010年02月20日
2009年05月17日:クリンスイ CSPX を購入しました。

約1年前に浄水器を取り付けました。とても安価な製品です。そしてよくないことですが、カードリッジはまだ換えていません。

友人がまとめてくれているので、参考にしつつ僕の使っている上での感想を。
僕の家で使っているのは、「蛇口先端付け浄水器」というタイプです。

塩素を完全に取り除く事ができないことや、衛生面、カードリッジのコストなどを考えると、ほとんどおすすめされていません。しかし1年間使った感じでは、菌などの衛生面は分かりませんが、塩素の除去の程度は問題無いと考えています。少なくとも直接飲む事が不可能なほど塩素の臭いはしません。(取り付ける前は直接飲むのは不可能でした。)

ここで、使う前に僕が心がけていることがあります。

まず「原水」で10秒程度流します。これは蛇口などの出口に近い所に溜まっている水を排出するためです。

次に「浄水」にして少し長め(30秒ぐらい)流します。これは浄水器に溜まっている水を排出し、浄水器内の水が入れ替わることを期待しています。

この方法だと水を若干余分に使うことになりますが、この使い方で全然不満を感じていません。
ちなみに野菜を洗うときなどは、原水を利用することが多く、麺をゆでるときや料理全般については浄水を使っています。


なお、一番のデメリットはお湯が出せないことです。
僕の利用している蛇口は混合栓で、熱湯と水の蛇口からそれぞれ極端な温度の水・お湯が出てきます。微調整は水を出しながらしか出来ないため、熱湯が出てくることもあります。絶対熱湯が浄水器を通ったら壊れてしまうと思うので、洗い物をするときなどお湯を使いたいときは困っています。

あとは流しがやや狭くなってしまうことです。邪魔とまでは言いませんが、気になる程度ぐらいの存在感です。しかし次も絶対買うだろうし、カードリッジも時期が来れば絶対交換したいと思うほど気に入っています。

2010年02月19日
ちょっとしたことから、サンのサイトを見ました。日頃より java でお世話になっていますね。

ソフトウェアでは色々と面白そうな製品を開発しているようです。
Sun VirtualBox 仮想化ツール
Sun Ray シンクライアント

シンクライアントは、あと少しで一気に普及しそうな感じがしてるんですが、色々と二の足をふんじゃってます。いっぱい検証したいと思います。

2010年02月18日
ここ数日の続きです。
「2009年08月24日:AD 環境でVista端末にプリンタをインストールしたい」

このあたりからの懸案でした。先日も書いた通りですが、僕の直接の担当じゃなかったので、ついつい後回しにしていました。
前回さらっと調査したときには、どうも結構しんどそうだなぁという感想でした。

まず DriverStore にドライバーをインストールすることが出来れば、比較的簡単にUser権限でもプリンタを利用可能にできるようです。しかしその DriverStore にインストールするためには、管理者権限が必要なようです。

コマンドを駆使しても結局は昇格という話になってしまいますし、証明書があっても、グループポリシーを操作する必要があるなど、結構手間がかかりそうな感じでした。


色々調べてみたところ、なんと初心に戻ってグループポリシーで実現可能なことが分かりました。なんだよ!


「グループポリシー」−「コンピューターの構成」−「ポリシー」−「Windowsの設定」−「展開されたプリンタ」ここにサーバー上にあるプリンタを登録します。

これで各ユーザーはログオン時にプリンタが利用可能になっています。

たくさんのプリンタがある場合には、OUや利用させるプリンタ毎にグループポリシーを作成し、管理した方がいいかと思いました。

場所によって制御したい場合には以下のようなサイトもありました。
PC の配置場所に応じて、接続するプリンタを自動的に切り替える:Windows Server 使い倒し塾

2010年02月17日
前回からの続きです。
アプリケーションの配布を行いたい という件ですが、具体的な症状は以下の通りでした。

・MSI のインストールファイルがあるアプリケーションです。
・Administratorでインストールすると、そのユーザーは利用可能ですが、他のユーザーは利用できません。
・他のユーザーでは、OCXが登録されていないというエラーが出てしまいます。

その担当者がどのような方法で、インストールを検証したのかはわかりません。しかしバッチファイルのような方法で、解決をしたのだろうと僕は推測しています。

僕はバッチファイルよりも、なるべく標準機能で解決するのが好きなので、まずはグループポリシーオブジェクトのソフトウェアインストールを試してみました。

「グループポリシー」−「コンピューターの構成」−「ソフトウェアの設定」−「ソフトウェアインストール」から、MSIファイルを登録します。

なおこのとき、MSIファイルはActiveDirectoryの様々なユーザーからアクセスされるので、アクセス権の設定について注意します。

PCを再起動し、(場合によっては gpupdate /force を実行し) インストールが正しく行われるか確認します。


なお、僕が検証したところ、最初に書いたようなエラーは出ずに、すべてのユーザーで問題無く動作することを確認しました。

2010年02月16日
半年ぐらい前から、他の担当者から相談されている件がありました。
ずっと忙しかったので、また僕の直接の担当ではなかったので、放置していました。しかしようやく時間が出来たのと、いい加減答えが欲しいようなので、検証することにしました。

ちなみに検証内容は、ActiveDirectoryで
・プリンタの配布を効率よくしたい。
・アプリケーションの配布を行いたい
ということです。特にプリンタについては、Users権限ではインストールできないようで、大変困っているようです。


しかし検証環境を作成するまでで少しトラブルが・・。ということでメモです。
virtual machine network services のエラーが出て、Virtual PC の起動時にネットワークが利用出来ませんという旨の案内が出てしまいました。

Virtual PCの2007年ブリッジする方法をホストコンピュータのワイヤレスネットワークアダプタを使用する

要するに、物理インターフェースにVirtualPC用のドライバが入っていないことが原因のようでした。
「ローカルエリア接続のプロパティ」−「インストール」−「サービス」−「virtual machine network services」 を追加。

念のため再起動し、解決しました。

2010年02月15日
僕は何でも単純に考えることが好きです。まずは単純な世界を考えて、少しずつ複雑な仕組みを理解していくようにしています。
このやり方は結構メリットも多く、なによりも教えるときにすごく役に立つということがあります。

しかしほとんどの場合この考え方は受け入れてもらうことができません。
例えば見積もりについて、僕はオフィスの広さで目安となる金額が出てくると思います。もしくはそこで働く人の人数も見積もりの目安になると思います。
しかしそのような意見はすぐに否定されてしまうのです。もちろん個々の案件に応じて違いはあると思います。
しかし違わない部分も多くあると思います。それらについて共通を探すのではなく、差異を探すからややこしい話になるのだと考えています。

ITの見積もりは正直なところ結構大変です。それこそ共通が少ないからです。
しかし実際には、僕は新人にどんどん見積もりを作らせます。少ない共通でも見積もりを作ることは可能です。大抵の人は「簡単な作業」なのか「複雑な作業」なのかは、話を聞いていれば判断がつきます。そして簡単/複雑な場合にはざっくりどれぐらいなのか。をまずイメージさせます。

そして個別の作業について積算していくと、最初のざっくりとどの程度開きがあったのかがわかります。そしてこの開きをどんどんと小さくしていくと、非常に精度の高い見積もりが出来上がってきます。今までそのような指導方法でまったく問題なく、3ヶ月もしないうちに、ほぼどのような案件にも対応できる見積もりを作れるようになりました。

これからもどんどん共通項を見つけて、簡単に考えて生きたいと思います。

stock_value at 14:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)仕事。