2011年04月

2011年04月23日
後輩がずっと悩んでいました。話を聞くと vlan の設定が sh ru(show running-config) をしても表示されないというのです。

具体的には vlan name を指定したというのですが、それが config 上に表示されないと。
てっきり保存ミスとか入力ミスとかそういうことを疑っていました。

しかし show vlan をすると確かに設定はされています。

ということで調べてみました。※僕も実はあまりよく原因がわかりませんでした。

すると vtp のモードによっては詳細情報が config には表示されないこともあるようです。

show vtp status を確認すると server となっていました。そのため、こちらを transparent に変更します。

上記設定変更で、無事に config 上に vlan の設定が表示されるようになりました。



2011年04月22日
いくつか調べたこと

Cisco
無線ソリューションとしてゲスト アクセス ソリューションが用意されているようです。シスコセキュアゲストアクセスという名前みたい。
コントローラーとAPの組み合わせが必要。どのように動作するのかは不明。


OpenWrt
linux ソフト。組み込み用のファームウェア。派生型で色々あるみたい。詳しくは wikipedia

Whisher 要調査

fon
有名です。

2011年04月21日
ずーーーーと悩んでいた問題です。
WindowsUpdateを行うと、以下のようなエラーが出てアップデートができなかったのです。
そして、それに関連するのか分かりませんが、サーバーマネージャーも表示させることができませんでした。


-------------------------------
障害が発生しているアプリケーション名: TrustedInstaller.exe、バージョン: 6.1.7600.16385、タイム スタンプ: 0x4a5bc4b0
障害が発生しているモジュール名: ntdll.dll、バージョン: 6.1.7600.16559、タイム スタンプ: 0x4ba9b802
例外コード: 0xc00000fd
障害オフセット: 0x0000000000052880
障害が発生しているプロセス ID: 0x914
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cbff24fb10aa30
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Windows\servicing\TrustedInstaller.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\SYSTEM32\ntdll.dll
レポート ID: 453a677c-6b18-11e0-ab89-00155d5f1305
-------------------------------

また、いろいろなアプリケーションのインストールもエラーになってしまいできませんでした。インストールをコントロールするコンポーネントでのエラーだったのでしょうか?

参考サイトを参考に、以下の手順で作業をしました。
※必ずバックアップやリカバリイメージを作成するなどしてください。起動しなくなる可能性もあります。

1. c:\windows\logs\CBS\CBS.log を開く
2. 上記 log ファイルから、error の出ている行を検索します。
-----------------------
2011-04-20 16:19:30, Error CBS Failed to call external evaluate applicability on package: Microsoft-Windows-ADRMS-BPA-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~7.1.7600.16398, Update: ADRMS-BPA [HRESULT = 0x800f0818 - CBS_E_IDENTITY_MISMATCH]
-----------------------
上記のように出ていたので、該当するファイルを削除してしまいました。
僕の環境では、上記エラーは複数のファイルで出ていましたので、複数のファイルを削除しました。

※削除手順
3. [2]で該当するファイルを右クリック - プロパティ - セキュリティタブを開く
4. 詳細設定から所有者を選択し、アクセス許可を取得する
5. 一度プロパティを閉じ、再度プロパティ−セキュリティを開く
6. 自分をフルコントロールにする
7. フルコントロールにした該当ファイルを削除

これを複数回くりかえして error の出ているファイルを削除します。

サーバーを再起動し、WindowsUpdateを行ったところ問題無くできました。何となく怖かったので、ついでにSPを当ててしまいました。

■参考サイト
Windows 2008 R2 SP1 Beta Install Gone Wrong: Service Pack Installation failed with error code 0x800f0818
Roles error when viewing roles in Windows Server 2008 Server Manager

2011年04月20日
ファイルサーバーのログはとても重要な事です。誰が編集したのかなど、しっかりと管理する必要があります。しかし高い!

ActiveDirectoryでは、簡単にログを取ることができるのですが、集計が面倒な感じです。グラフにしたりとか、そういうのが面倒っぽい。
しかしだからといってサードパーティのソフトをインストールして管理するのもなんだか疑問のある所です。

イベントログに記載されたものをうまく集計してくれるのがとりあえずは簡単そうです。

とりあえずは以下のソフトがありました。
Windowsイベントログ - WhiteFox
FAccLog


何かいいのが他には無いのでしょうか・・・


2011年04月19日
全然確定ではないのですが、会社のノートPCには、最低限のソフトしかインストールしていません。

そのソフトは、
office
USB-シリアルポート変換ケーブルのドライバ
ATOK 2008

ぐらいでしょうか。細かいところでいえば、firefox などの細かいのもありますが、とりあえずドライバをインストールするのはこのぐらいです。
※もちろんPCを最低限動かすためのグラフィックとかのはインストールしています

この時点で、ブルースクリーンになってしまうのです。どうもATOKとUSB-シリアルの変換ドライバの相性なのかなぁ・・などと疑ってはいるのですが。。。

困ったもんです。

bluescreenview

2011年04月18日
Windows 7 Loader というソフトがあるようです。
うぅむ。

しかし windows XP のころから、いたちごっこが続きますね。
ただ、世間一般的にはほとんど正規品のみが流通しているように思います。

以前は、たまーに違法もの見かけることもありましたが。

2011年04月17日
最近ではオンラインストレージもすでに十分に浸透してきました。僕はDropboxよりもsugarsync の方が便利でよく利用しています。

今まで容量が少なくて限られたことしかできませんでした。何かを保存するにしても、すぐに容量がいっぱいになってしまうために、がっつり使うには不便だったのです。

ちょっと前から Sugarsync では、容量がUPしてだいぶ本格的に利用できるようになってきました。

ということで、僕の利用方法です。
僕は仕事柄いくつかの重要なソフトウェアがあります。たとえばそれは putty/tera term であったり、Winmerge だったりです。数が何種類かあるので、都度ダウンロードするのが面倒なため、そういうフリーソフト系はすべて同じフォルダにまとめ、同期しています。

もう一つは写真。たくさん撮影した写真は、自分のPCに入れておくだけでは不安があります。だからといって、バックアップをマメにとるというのは、僕が技術者で、それをお客に口を酸っぱくしてお勧めしていますが、現実的なのか、という問題もあります。

そこで sugar sync は、自動的に同期をしてくれるので、バックアップとしても利用できることからとても便利に思っています。


ソフトはたいした容量を使わないのですが、やはり画像がだいぶたまってきました。写真を撮るようになってから、3年ぐらいですが、徐々に撮影枚数も増えてきました。初年度は1年間で100枚ぐらいだったのが、翌年は300枚ぐらい、そして去年は1000枚ぐらいになってきました。

もちろん重複した写真は削除したり、不要なものを削除したりなど、努力はしています。しかしながら、やっぱりどんどん容量は増加してしまうのです。

現在お友達紹介キャンペーンということで、以下のリンクから新たにSyugarSyncの登録をしていただくと、僕とあなたに容量がプラスされるようです。ということで、この機会にぜひ。

■以下のURLをクリックし、左端の無料の申し込みを行います。
登録