2012年03月

2012年03月31日

とりあえず写真だけ。
  
DSC04093

DSC04097

DSC04095

DSC04094



2012年03月30日

2012年03月01日:IP Base は気をつけて!
先日の件からの続きです。※とはいっても、記事の日付・時系列との関連はありません。

IP Base の製品を買ってしまったため、ipsec ができないという事になってしまいました。ライセンスについて別途取り寄せを行い、インストールを行いました。

手順としては、Ciscoからライセンスを購入し、Ciscoライセンスポータルから製品名・シリアル番号からライセンスを関連づけます。
  


まだあまり経験がありませんが、今までの数回の作業では特に問題無く行えていました。

今回以下のようなエラーがでてしまい、うまくいきません。
-----------------------
% Error: Install failed. UDI L-SL-19-SEC-K9=:[シリアルNO] on license
does not match any device
-----------------------

おそらく、ポータルで製品を関連づける際に、間違ったプロダクトIDを入力してしまったのかと思われます。
ということで、お客様に再発行をお願いしました。

ちなみに、.lic ファイルの中をのぞくと、L-SL-19-SEC-K9=となっていました。手元にあるほかのファイルをみると、この部分には製品名が入っているので、おそらく間違いかなぁと。

また動きがあったら記事にしたいと思います。

2012年03月29日

Ciscoのサイトに行くと、tftp を利用するように書いてあります。
LANケーブルなどの設定の問題で、必ずしもIPを持ってない場合もあるので、小さなファイルであれば手軽に xmodem などでやりたいのです。もちろんIOSなどの大きなファイルは、 tftp の方が早いのでそちらを使うべきでしょうが。

copy xmodem: flash0:

※ copy [送信デバイス] [受信デバイス]

これだけです。あとはteratermのファイル - 転送から該当の方式を選びます。

2012年03月28日

Outlook 2010 および Outlook 2007 で作成した HTML メールを、Exchange Server 2003 を経由して送信すると文字化けが発生する場合がある
Exchange Server 2003 メールボックス ユーザーが外部のユーザーに電子メール メッセージを送信したときに、電子メール メッセージが正しい形式にならないことがある

Exchange 2003 SP2 を利用していて文字化けが発生することがあるようです。
ということで、Exchange 2003 SP2 のレジストリを変更しました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem\InternetContent

TransferEncodingFor7bit
表記 : 10 進数
値のデータ : 13

以上の設定をおこなったら、Microsoft Exchange Information Store のサービスを再起動します。

すぐに再現確認ができなかったので、しばらく様子を見たいと思います。

2012年03月27日

2011年04月14日:Apache サーバーに SSL証明書をインストールする

このときにまとめた内容の更新処理がありました。

今回は更新なので前回とちょっと違う内容でした。


------------
今回、お客様からCSR情報はこれで大丈夫ですか?と去年の情報が送られてきました。そういえば今まで毎年CSRは発行しなおしてたので、あれ?と思ったのです。
しかし確かに考えてみれば、CSR情報の中に有効期限に関する情報はないので、初めて気づきました。使い回しができるんだと・・・。はずかしい。
------------

ということで、更新の場合

(新しい証明書ファイル)SSLCertificateFile には証明書ファイルをフルパスで、
(変更無し)SSLCertificateKeyFile には秘密鍵ファイルをフルパスで記載します。

例:
SSLCertificateFile /etc/httpd/conf.d/ssl/2011_url_cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf.d/ssl/2011_url_key.pem


設定を変更してから reload で反映されました。

2012年03月26日

Help Desk というジャンルで色々なソフトがあるようです。ヘルプデスクでは、確かにサポートチケットの発行などを通じて、解決まで案内できるのか、コスト・回答のクオリティなどを管理する必要があります。

が、今回はそういうことではなくて、クライアントPCのリモートコントロールが行いたかったのです。

ということで調べてみました。

※本来であれば、FWを超えられるか、マルチモニタへの対応。利用するポート、トラフィック。音声、固定IP利用の有無など、考慮する部分はたくさんあります。とりあえず調べてみた製品の列挙だけ。
また用途としては、相手と画面が共有したいというのもありました。操作を説明しながらマウスの動きを見てもらう感じです。

LogMeIn
Radmin
TeamViewer


2012年03月25日

先日SpeedFANをインストールしたときに、 AUXの欄が非常に高温になっていました。
調べてみても、AUXはどの場所を指すのか分かりませんでした。

電源なのでしょうか?そもそも何という言葉の略称なのか・・・。さっぱりわかりません。
ただし speed fan においては、あまり気にしなくてもよさそうです。