2012年10月

2012年10月24日
会社の社長が、船井総研のグレートカンパニー視察ツアーに行ってきました。ということで、以下何かのタイミングで調べてみたいと思います。

ダーデンレストラン(Darden Restaurants)
レッドロブスター / オリーブガーデンの経営

リクリエーションイクイップメント(Recreational Equipment)
アウトドア製品の販売

グーグル(Google)
いわずも。

インテル(Intel Corporation)
いわずも

ジェネンテック(Genentech)
バイオベンチャー ロシュ傘下

マリオットインターナショナル(Marriott International)
ホテル
Wikipedia

オートデスク(Autodesk)
いわずもですが、AutoCADの開発元です。

セールスフォース・ドットコム(SalesForce.com)
いわずもですね。CRMを中心とした、クラウドコンピューティングの提供企業

シスコシステムズ(Cisco Systems)
いわずもですね。ネットワーク機器の開発

パタゴニア(Patagonia)
アウトドア用品の製造販売。日本でも店舗があるので有名です。

ディズニー インスティチュート(Disney Institute)
ディズニーのサービス学校?

ホール フーズ マーケット(Whole Foods Market)
スーパーマーケット。高級志向みたいです

ノードストローム(Nordstrom)
大型チェーンデパート




2012年10月23日
今まで色々な人と仕事をしました。ちょっと疑問に思うような人もたくさんいましたし、尊敬できるような人もたくさんいました。

そんな中、今一緒に働いている人の一部は、その異常とも思える発想が病気によるものではないか。と思うほどの場面が多々あります。

何かの作業をお願いするとき、もしくはそれらに対して質問を受けるとき、僕の仕事では、技術的な解決については、あたりまえですが、それに付随する業務もたくさんあります。

ITの仕事なので、問い合わせはトラブルに関する事が多くあります。そのトラブルを解決するためには、技術的なことはもちろん、他の事も気にする必要があります。
例えば5W1Hは基本的なことですが、いつ対応してほしいのか。困っているなら大至急ですし、そうじゃないなら2-3日余裕がある場合もあります。

費用はどうするのか。トラブルが大きな問題であれば、解決までの時間もかかりますので、費用が発生する場合も多くあります。もちろんこちらの設定に問題がある場合は無料です。とにかくそれをハッキリさせる必要があります。

どうやって対応するのか。自身が対応するのか。知識的に厳しい場合にはその分野で知識を持っている人や、構築した人、先輩などが対応する場合もあると思います。

そして、それらについてハッキリしてから対応するように。という指示を出したときに、「とりあえず客先に行ってみます」という発言が多々見られます。

いやいや。何を聞いてるのでしょうか。なぜそう思ったの?「まず行くように」と受け取られるような表現は何一つしてないつもりで、むしろ行くよりも先に色々お客に聞くことをしてね。
という話をします。

そういえば思い出してみると、8月ごろからずーーーっと言っています。

未だにこれが解決しないのが、不思議でなりません。もうこれは病気なのではないか!とさえ思っています。
もちろん教育方針にも色々改めるところがあると思いますので、頑張っていきたいと思います。

2012年10月22日
会社ではJumboFrameをりようすることはほとんど無いため、使ったことがありませんでした。今回バックアップようにNICを用意したので、そのネットワークはJumboFrameを有効にしてみました。

確認は ping で行います。

参考
ャンボフレーム効果の確認方法:Pineport TMZ の日記

BlogPaint


ping [IPアドレス] -l 9000
>> NG

ping [IPアドレス] -l 8000
>> OK

ping [IPアドレス] -l 8972
>> OK

僕の環境では 8972が限界でした

参考
ジャンボ・フレーム向けネットワーク
インターフェースのMTUを確認します。
netsh interface ipv4 show interfaces

Idx Met MTU 状態 名前
--- ---------- ---------- ------------ ---------------------------
1 50 4294967295 connected Loopback Pseudo-Interface 1
15 5 1500 connected ローカル エリア接続
21 10 9198 connected ローカル エリア接続 2(バックアップ用)

とりあえずこれで速度がどのようになるのか様子を見たいと思います。


2012年10月21日
大容量のバックアップは本当に大変です。
容量の確保もそうですが、それはHDDをたくさんつなげればいいので比較的簡単です。しかしインターフェースの速度が出ないのです。

LAN経由でバックアップすると、速度が全然出ません。
手元にある Fastcopy では 5.5MB/s ぐらいです。

1T のバックアップをするのに、189,630秒 = 3,160分 = 53時間かかる計算になってしまいます。

こればかりはどうにもならないので、本当に困っています。

小容量の場合には、毎日フルバックアップでも問題ありません。バックアップの取得に24時間かかることもありませんし、通常は夜だけで終わると思います。復元などの手順も簡単です。

しかし夜だけでは終わらないような容量になってきたとき。これが面倒です。
バックアップソフトなどを正しく運用することができれば一番いいのですが、それが現実的にできるのか。とても難しいことだと思います。担当者が兼務だとなかなか難しいのでは無いかと思うほどです。

ネットワークの速度が今よりも安価な方法で、もっと速くなってくれることを切実に願っています。

2012年10月20日
PCがスタンバイになり、復帰にはパスワードを求められます。パスワードを入力すると、ブルースクリーンになるというのです。

ブルースクリーン発生と対応
最近、ブルースクリーンが頻繁に出ます。 THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER

とりあえずドライバの再インストールで様子を見たいと思います。

2012年10月19日
2010年12月末に、Nex-5を購入しました。
2010年12月31日:デジカメを買いました。

上記記事に書いていますが、前のカメラでは手ぶれ・ピンぼけにうんざりしていました。夕方になるともう撮れないんですから!

慎重に選んだ結果、Nex-5になりました。2年使って、大変満足しています。欲を言うなら、このスペックのままもっともっと小さいといいのですが、たぶんこれぐらいが限界だと思います。

画質もキレイですし、この性能のわりには非常にコンパクトです。

そして2年間で撮り溜めた画像が結構な量になってきました。そこでこれらを使って、卓上カレンダーを作ってみたらおもしろいのでは無いかと思うようになりました。
ちなみに写真はほとんど風景なのでその既設になると、写真と共に思い出がよみがえってくるような気がします。

ということで、いくつか調べてみたところ、
概ね1部2,000円以内で作ることができるようです。

富士フイルム
Vistaprint
Pripark
カメラのキタムラ


2012年10月18日
Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) 12.1 初期パラメータ ← 先日の記事に関連して色々調べていたら、こんな情報がありました。
Symantec Endpoint Protection 12.1を入れる

大変驚いたのですが、仮想環境の必要とするシステム要件の大きさです。(上記ブログでは VMware になっています)
※僕自身も Hyper-V にインストールしている事が多いので、人ごとではありません。

当初調べたときには、物理サーバーの要件だったようです。2Gのメモリで動くのは妥当だと思っていましたし、アンチウイルスサーバーはログだったりアップデートファイルでしょうから、ディスクもそうそう使わないでしょうし。

ところが、上記サイトによると、そして symantec のサポート情報によると、とんでもない!ということなのです。
Guidelines for installing and running the Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) in a VMware image.

CPUは最低2つ!
メモリは最低4Gだというのです。
さらにはディスクのサイズも・・。

なるほど物理環境よりも資源が必要だということなんですね。
気になるのは、物理環境だと、Pen4 2GHz 以上になっているんですが、コアについては触れられていません。これからはシステム要件のCPUを見たときには、そのCPUが持っている常識的なコア数を意識しなければならないのかもしれないですね。