2013年06月

2013年06月23日
DSC06604

NHKの大河ドラマ? で、そこが舞台になっているということで、行ってきました。
その中でも、森の校舎カタクリという宿泊施設がとても印象的でした。ここは、廃校になった学校を利用した宿泊施設でした。
僕は2年2組に泊まりました。
DSC06663


DSC06610
モニタリングポストが設置されていました。


ネギが丸ごと入ったソバには驚きました。わっぱ飯なども有名ですね。
DSC06576

さざえ堂というのも大変すらばしいものでした。折り返さずともスタート地点に戻ってくるのです。
栄螺堂:Wikipedia
DSC06693




2013年06月22日
レーザープリンターのトナーは粒子が非常に細かく、それを吸い込むと身体に悪いという都市伝説のような話を聞いたことがありました。

調べてみると以下の通りでした。
レーザープリンタからのトナー放出による健康リスク
「レーザープリンタに健康リスク」、研究者が指摘

その他 「トナー 健康」 で検索するといくつかの候補がでてきました。

まだ過渡期のようで、ハッキリとはしていませんが、気をつけておいた方がいいような気がしました。

2013年06月21日
Windows Liveメールを利用しているお客様から、連絡がありました。
「オフラインで作業」のボタンを押したら復帰しなくなったと。

ようするにオフラインになったまま戻らず、メールの送受信ができなくなってしまったようなのです。

Windows Live メールが「オンライン」にならない?
Windows Liveメールでオフライン作業をオフにする

結構困っている人はいるようですね。

結論としては、Internet Explorer のオフライン作業を解除です。

2013年06月20日
2012年06月23日:USEN 光ビジネスアクセス NEXT の帯域制限

そろそろ実際に設定する必要がでてきそうなので、調べました。とりあえずメモだけです。
優先制御と帯域制御の違い

Yamahaでは(もちろんYamaha以外でも)
優先制御 (Priority Queueing)
帯域制御 (CBQ: Class-Based Queueing, あるいはシェーピング)
という考え方があります。

CiscoではPolicing & Shaping

ここで、それぞれの制御方法によって、使い分ける必要があるようです。
USENの利用であれば、とりあえずインターフェースの通信速度を固定してしまえばとりあえずは問題なさそうですね。
※ただしその際は、USENギガビットの契約の場合でも、下りも200Mに制限されてしまいます

もちろん、トラフィックを平準化させるために、なおかつ下りの1Gを最大限に生かすためにも shaping の設定を入れた方がより良いと思います。

ただしその際には、PPPoEとLANインターフェースではコマンドが微妙に異なるようです。
帯域制御

USEN の場合は、確かIPが直接払い出されたと思いますので、LANインターフェースに行うのかもしれません。※まだやってないので、やったら再度記事にしたいと思います。

2013年06月19日
メールを送信しようとすると、451 qq trouble creating files in queue (#4.3.0) というエラーが表示されました。
原因としては、メールサーバーから /var/qmail/queue/ 内のフォルダを直接削除したことです。

そのため、以下の通り queue フォルダ内を正しい状態にしました。
# ll /var/qmail/queue/
drwx------ 2 qmails qmail 4.0K 7月 16 17:16 bounce/
drwx------ 25 qmails qmail 4.0K 5月 25 2011 info/
drwx------ 25 qmailq qmail 4.0K 5月 25 2011 intd/
drwx------ 25 qmails qmail 4.0K 5月 25 2011 local/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 12月 31 2011 lock/
drwxr-x--- 25 qmailq qmail 4.0K 5月 25 2011 mess/
drwx------ 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:36 pid/
drwx------ 25 qmails qmail 4.0K 5月 25 2011 remote/
drwxr-x--- 25 qmailq qmail 4.0K 5月 25 2011 todo/

※さらに info / intd / local / mess / remote / todo ディレクトリ内には、0-22までのフォルダが必要でした。
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 0/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:37 1/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 10/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 11/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:19 12/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:39 13/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:39 14/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:28 15/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:16 16/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:25 17/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 18/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:32 19/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 2/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:35 20/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:35 21/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:35 22/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:12 3/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 4/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:35 5/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:11 6/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 7/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 8/
drwxr-x--- 2 qmailq qmail 4.0K 7月 16 19:33 9/

参考
題名: メールの送受信が出来ない

2013年06月18日
Pleskのメールアカウントのパスワードを確認する方法

上記サイトの通りです。
※ただし plesk のバージョンが古い場合です。

>1.MySQLにログイン
>mysql -u admin -p

>2.Pleskのデータベースを選択
>use psa;

>3.以下クエリを実行
>SELECT CONCAT_WS('@',mail.mail_name,domains.name),accounts.password
>FROM domains,mail,accounts
>WHERE domains.id=mail.dom_id AND accounts.id=mail.account_id
>ORDER BY domains.name ASC,mail.mail_name ASC;


新しいバージョンでは以下の通りです。
/usr/local/psa/admin/bin/mail_auth_view |less

2013年06月17日
メールログを集計しているときに、特定のログについて一定の法則を見たかったので集計をしてみました。

■やりたいこと
popアクセスしているユーザーのIPアドレスの傾向を見たい

■ログの形式
maillog ログにpopアクセス時のログが出ています

Jul XX XX:XX:XX [SV-Name] smtp_auth: smtp_auth: SMTP user [USERNAME] : /var/qmail/mailnames/[DOMAIN]/[USERNAME] logged in from unknown@ [IP Address]

ここで、IPアドレスを集計したいのです。


参考サイト
Linuxサーバ管理:apacheログを集計する

以下のコマンドを使います。
grep "logged in" /var/log/maillog |awk '{print $16}' |sort |uniq -c

これで、IPアドレスごとの回数が抽出できました。

あり得ないようなIPアドレスからたくさんアクセスが行われていたときには注意していきたいと思います。