2014年05月

2014年05月23日
Hyper-Vで CentOS 6.5 を動かしています。そしてこれはログを蓄積しています。
もともと構築したときに、ディスクの容量が枯渇するであろうことは想像していました。そのため、LVM で構築していたのです。

LVMは概念が難しいですね。
参考:論理ボリュームマネージャ:Wikipedia

Hyper-Vでは、 /dev/sda の1台の VHDX を作成しマウントしてあります。
そしてパーティションは以下の通りでした。
/dev/sda1 /boot
/dev/mapper/vg_logsv-lv_root /
/dev/mapper/vg_logsv-lv_home /home

あんまり細かくパーティションは区切っていません。
そして今回は / が枯渇となりました。
※ちなみに細かくやっていくなら /var/log と /var/lib/mysql あたりをきってもいいかもしれませんね。DBサイズはギガでした!

# fdisk -l
デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 1 64 512000 83 Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2 64 7833 62400512 8e Linux LVM

とりあえず linux をシャットダウンし、 vhdx の容量を拡張しました。
もちろん fdisk をやっても、上記のままです。

で、とても怖いことですが、 sda2 を削除します。
d → [Partition number] 2
消したら再作成を行います。
n → [Command action] p → [Partition number] 2
サイズなどについては、エンターを押せば最大サイズにしてくれます。

続けて、パーティションのタイプを LVM に変更する必要があります。
t → [Partition number] 2 → [Hex code] 8e

以上で保存して完了です。
とりあえず reboot しました。


再起動後は以下のようになりました。
デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 * 1 64 512000 83 Linux
パーティション 1 は、シリンダ境界で終わっていません。
/dev/sda2 64 13054 104343231 8e Linux LVM

今度は論理ボリュームを拡張します。
# pvscan
PV /dev/sda2 VG vg_logsv lvm2 [99.51 GiB / 40.00 GiB free]
Total: 1 [99.51 GiB] / in use: 1 [99.51 GiB] / in no VG: 0 [0 ]

40G 空いてますね

拡張のために以下のコマンドを
# lvresize -L +40G /dev/vg_logsv/lv_root

そして最後に以下のコマンドを入力します。
resize2fs /dev/mapper/vg_logsv-lv_root

これで拡張が完了しました。
# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_logsv-lv_root
89G 48G 37G 57% /
tmpfs 935M 0 935M 0% /dev/shm
/dev/sda1 485M 241M 219M 53% /boot
/dev/mapper/vg_logsv-lv_home
7.5G 146M 7.0G 3% /home

参考
LVM内のパーティションを拡張する(メモ)
LVM のサイズをオンラインのまま変更する。
pvresizeでFree領域を拡張するAdd Star



2014年05月22日
以前たしか CentOS 6.3 だと思い込んでインストールしたOSが実は 6.5 だったという。そしてそこには、Linux Integration Services の3.4を強制的にインストールしてしまっていました。

この環境で、 yum update を行うと以下の通りエラーが。

Running rpm_check_debug
ERROR with rpm_check_debug vs depsolve:
kernel(clocksource_register) = 0xd88be65d is needed by (installed) kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64
kernel(clocksource_register) = 0xd88be65d is needed by (installed) kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64
** Found 1 pre-existing rpmdb problem(s), 'yum check' output follows:
kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64 has missing requires of kernel(clocksource_register) = ('0', '0xd88be65d', None)

ということで、アンインストールをおこなったのですがうまくいかず。
rpm -qa をすると、kmod-microsoft-hyper が表示されてしまいます。

以下の通り削除を行いました。
※ちなみに rpm 削除コマンドではまったく処理が進まないようです。
rpm -e kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64


以下のコマンドでインストールされているファイルを確認します。
rpm -ql kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64

主には下記の場所にインストールされているようでした。
/lib/modules/2.6.32-71.el6.x86_64/extra/microsoft-hyper-v/
ここの so ファイルを削除しようとしたのですが、なんか入ってなかったようです。

ファイルが無くなったことを確認し、 rpm データベース上から削除します。
rpm -e --justdb kmod-microsoft-hyper-v-rhel63.3-4.20120605.x86_64

以上で yum update は問題無く動作するようになりました。

参考
パッケージのデータベース情報を追加/削除するには
rpmパッケージのデータベース情報削除

2014年05月21日
offline

Windows Server 2012 をいじっていて、ポップで表示されるメッセージに誤字があることを発見しました。
で、有名なのかなぁと調べてみたら、1件ヒット。
やっぱり気づきますよね。

Windows 8 RTM > Windows To Go のアイコンに騙されちゃダメよ


2014年05月20日
DSC09757

初めてイカをさばきました。
魚をさばくときはいつも思いますが、グロテスクですよね。生き物を解体することの大変さというのは、普段は意識することはありませんが、料理をするときは、たまに感じます。
特にそれは、魚をさばくときですが。

イカは何となく面倒に感じていて、今までじぶんでさばいたことはありませんでした。
しかし何となくチャレンジしてみたくなったのです。

スーパーでは、するめいかというのが売っていました。2杯で300円ぐらいだった気がします。
内蔵を捨てるのはとても忍びないものがありました。

というのも、塩からは好きです。でも、時間をかけてつけ込むようなことはしたくないのと、今回は冷凍じゃなかったので、寄生虫も心配だったのです。
生食もやめて、加熱して食べたいと思っていました。

で、結局画像の通りになりました。
メモ。
・イカをさばく。
・耐熱皿に、ワタ+酒を入れる(塩コショウも)
・少し2-4分加熱
・ワタを崩し、切り身のイカを入れる
・加熱2-4分
・イカに一通り火が入ったらチーズをタップリかける(チーズ大好きだからね!)
チーズに焼き色がついたら完成。

ちょっとチーズの味が強いのと、日の遠し具合で?若干の苦みが出ていました。が、大変おいしくできたと思います。

stock_value at 21:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物 
2014年05月19日
画像のとおりです。
無題


4個のうち19個目の更新プログラムをインストールしています・・。

WindowsUpdate は、更新プログラムの数をしっかり把握して欲しいですね。

2014年05月18日
DSC09742

東急線の駅で、緑が丘というのがあります。
たまに歩く場所なのですが、イタリアンのお店があって、気になっていました。

僕はお酒を飲みたいので、価格は結構重要です。

ポルトフィーノ portofino
食べログ

で、味は大変おいしかったです。
5,000円ぐらいのコース+アラカルトを数品+お酒を飲みました。
2名で15,000切るぐらい。

食べログなどでの平均予算を見ると、1人¥3,000〜¥3,999円となっていて、どれだけ小食なのでしょうか・・。んでもお酒なければそれぐらいかな。

特にパスタがおいしかったです。チーズの味が大変濃厚でした。

stock_value at 11:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)食べ物 
2014年05月17日
古いExchangeを置き換えるためには、色々と慎重にやらなければなりません。そしてその中でも特に重要な作業の一つが、パブリックフォルダーに関するものです。
事例などを調べていても、パブリックフォルダーの複製がうまくいってないことがよくあるようです。
そのため、旧サーバーのパブリックフォルダーと新しいサーバーの Public Folder データが一致するように確認しなければなりません。※パブリックフォルダとPublic Folder との表記の違いは、検索のためなので意味はありません。

とりあえず一つ一つのフォルダーで右クリックし、アイテム数を確認するのは大変です。ということで何とか一覧にするコマンドは無いかと調べてみました。
すると以下のサイトが。感謝!
2013年7月4日:Exchange管理シェル:コマンドレット
-- 引用 --
Get-PublicFolderStatistics | Sort-Object -Property FolderPath | select-object FolderPath,DatabaseName,TotalItemSize,ItemCount,LastAccessTime,LastModificationTime,CreationTime | Export-Csv -NoTypeInformation -Encoding utf8 ファイル名
-----------

とりあえず、Exchange 2003 の方については、マネージャーから一つ一つ確認しました。