2015年03月

2015年03月24日

メモ程度です。

先日ドメインを構築していて、複製の設定が意図通りに行われず、色々なメリット/デメリットを勘案しても、手動での複製を追加することがありました。

僕自身はADサーバーが非常に少ない環境でしか構築をしたことがなく、自動生成のままで何も気にしたことはありませんでした。
ただし過去に一度だけ、一つの拠点がFWの関係か、AD複製の親子関係の問題でトラブルになったことはありました。しかし直接的に僕が管理するサーバーではなかったため、本件でもあまり困った印象はありませんでした。
※ちなみに以下のような環境です。
拠点A(AD1) --- 拠点B(AD2-AD3)

AD1とAD2が複製の関係でした。そしてAD2とAD3が複製の関係だったのです。
ここで、AD2 のトラブルがあったときに、なぜかAD3が孤立してしまいました。(拠点間のFWでしょうか?)このようなことであれば、AD1とAD3 も最初から複製の関係にしておけばよかったなーと思ったのです。


まず NTDS Settings は自動で生成され、概ね2ステップで複製が完了するように作成されるそうです。(Webの記載をそのまま鵜呑みにしています・・)
さらにこのときには、サイト間の回線なども考慮されるのかな??このため複数台のADサーバーがあるときには、意図したとおりにはならない可能性があるようです。
しかし自動生成の場合は、ADに問題が生じたときも、別の相手に自動的に複製先をきりかえてくれるとも。

ドメインコントローラ追加によるトラブルへの対策

強制的な複製として
repadmin /syncall
※受信(他のADの設定を自分で受け取る)

repadmin /syncall /P
※送信(自分のADの設定を他に送る)

repadminコマンドでドメイン・コントローラを手動で同期させる
repadmin /replicate 複製先DC名 複製元DC名 DC=example,DC=com
※ただし複製パートナーの設定がされていないとエラーになります。
/full をつけると、すべてをレプリケーションします。

repadminコマンドで全ドメイン・コントローラに複製する

Active Directoryで、本当にレプリケートされているか確認する(repadmin)
repadmin /showrepl
このコマンドでレプリケーションの確認が可能です。

Active Directory レプリケーションが片方向だけエラーになる場合の対応手順
レプリケーションの調子が悪いときには、いったん設定を削除し、以下のコマンドにより再作成させます
repadmin /kcc



2015年03月23日

ちょっとだけメモです。
won-der.com というところから大量のスパムメールが送られてきました。
ここはISPのようで、クライアント端末から大量に送付されたのでしょうか。

調べてみると、他にも同様の事例があったようです。

[won-der.com][today-items.com](株)ワンダー

詳細な内容は忘れてしまったのですが、とりあえず注意しておきたいと思います。

2015年03月22日

Value-Domain にてドメインを管理していました。最近、DNS関係のトラブルが多かったり、ドメインの管理を一本化したいことなどから、別会社に移管を行いました。
移管を行うと即DNSが無効になることがあり、value-domain の場合はどうなのだろうか。そういう疑問があったのです。

まず移管には若干の時間がかかりました。4-5日といったところでしょうか。
そして value-domain のDNSですが、1週間ぐらいは有効になっているのか、キャッシュが効いているのか、すぐには無効になりませんでした。(片手間作業だったのであんまりちゃんと調べませんでした・・)

とりあえず以下のようになっているようなので、
value-domain.com. 2560 IN SOA ns1.value-domain.com. hostmaster.value-domain.com. 1428025045 16384 2048 1048576 2560

expire はとても長いですね。

2015年03月21日


昔と異なり、今はもう店では絶対に怒らないようにしています。クレームも指摘もしないように心がけているのです。
それに特に意味は無いのですが、もう疲れました。という感じで捉えています。そうはいっても満足できないことは非常に多くあるので、そういうのはどこかに暗に表現したいとは思っていますが。

大井町の地酒屋のぼるという店に行きました。
食べログの評価がそこそこよかった。そういった理由で会社の人がその店を選んだようです。
僕は店はあまりこだわりが無いので、そこがよかったのであればじゃあそこで。そんな感じで利用しました。

定員に注文をしても、商品がぜーーーーーーーーーーーんぜん来ません。そして注文をした女子プロレスラーのような体型のしっかりした定員さんに確認すると、非常にぶっきらぼうに、またおそらくイラついているであろう口調・表情で回答が来たのです。「少々お待ちください」と。少々どころの待ちでは決して無いのですが、そんな感じでした。
都度注文することを非常に嫌い、呼ぶ前にすべての注文を決め、店員さんの前ではサラサラと発言しないとすぐに不機嫌な態度が出ていました。
ちなみに料理に関しては、ホントに何も出てこないので、注文から提供までの時間が大幅に常識から逸脱しているため、なんも覚えていません。


新宿のつくしという店に行きました。
アルコールが安いからオススメ。そう言われたのです。
確かに料理も悪くなく、お酒の価格も安くてとても満足でした。
しかしやはり店員さんの態度には色々と思うところがあったのです。
ここも細かい注文は非常に面倒に感じているような態度や口調でした。そしてそれは店員さんとの相性によるものだと考えています。
ここも女子プロレスラーのようなしっかりした体型の店員さんだったのですが、僕たちのテーブルでは「あいつダメだ」そういって他の人に声をかけていました。
確かに他の店員さんはまったく問題無く、普通のやりとりができていました。

最初に挙げた店もそうですが、ハズレの店員というのはどこにでも居るものですね。しかしこういった店員のせいで、その店には黙ったまま二度と利用しなくなるというのは、経営者としてはとても怖い事だと思いました。

stock_value at 13:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え 

2015年03月20日

江東区 中村歯科医院

このブログにも定期的に書いていますが、僕は定期的な歯科検診を心がけています。
昔は3ヶ月に1回。年に4回行っていました。最近では半年に1回ぐらいです。
季節が変わるごとに歯科検診。

先日、3/1にいつもの通り歯科検診に通ったところ。そして10時の予約でしたが、最近は朝も早起きができるようになったので、15分ぐらい前に病院に到着。

待合室で待っていると、ずいぶんと人の出入りがあったのです。

確かに前回までの検診では、改装をするために一時的に別の場所に臨時で開業していました。今回はいつもの場所に戻ったのです。
僕自身は知らなかったのですが、どうやら3/1がリニューアルオープンの初日だったようです。
出入りのあった人たちはすべてスタッフの人や内装業者の人たちでした。

予約の10時になって、待合室に呼ばれました。そしてリニューアル第一号患者ということで写真を撮ったりw

- - - - - -

思えばこの病院にはずいぶん長いこと通っています。大学生24歳頃だったと思います。もともと定期検診をしていたいと思っていたのですが、当時はまだ近所には、そうした治療ではなく予防に力を入れている歯科医院を知らなかった事、父母の利用している歯科医院は年寄りの先生が治療をしているので、どうも新しい技術に対応できないのではないか?と思うところがあったこと。
などなどの理由から、なかなか歯科医院を利用できませんでした。

そんな中、いつものように歩いていると新しい建物で、おそらく病院関係者の利用している車が駐車していました。全体的な雰囲気は若年だと思われる先生が治療をしていると強く信じられたのです。そして若い先生は、きっと最新の治療を勉強しそれを積極的に取り入れてくれると思っています。歯科の治療法はどんどん進化していますからね。
だから僕はそこを利用するようになりました。

それからは色々なアドバイスをもらい、10年たった今でも歯はとても綺麗です。奥歯に虫歯はできてしまいました・・。しかし歯槽膿漏などとは無縁ですし、健康的な白い歯がずっと維持できていることはとてもうれしい事です。

そんな病院なので順調に拡大をしているように思っています。今後はさらにどんどん拡大していくでしょう。そして次は経営的な課題に直面するのかもしれません。でも僕はとても素晴らしい歯科医院を見つけることができました。これからも通っていきたいと思います。

綺麗な歯をなんとしても維持していこうと思っています。

stock_value at 13:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)健康 

2015年03月19日

社内でAutoCADを利用しています。僕自身はこのソフトは全く利用しないのでよくわかりませんが、たまに起動しないというトラブルを聞いていたのです。
正直あまり興味も無く、またたまにしかトラブルになっていないため、環境依存系のトラブルなのかとも思っていました。

で、ちょうど良い機会だったのでまじめに調査してみました。
google 検索: autocad mydocuments

MyDocumentsのフォルダーパスが条件によってはエラーになるようです。
僕の調べた環境でも、MyDocument フォルダーは、サーバー上にリダイレクトされています。

そこで、以下のレジストリ設定を変更します。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders]
My Music:
My Pictures:
Personal:

それぞれの値を、Cドライブなどに設定すればOKです。
ログオフしてからログオンすることによってレジストリの値が適用されるので、これでAutoCADが問題無く起動します。

一度AutoCADが起動したら、設定を元に戻しても大丈夫なようでした。

2015年03月18日

以前の記事で、renderer-process-limit=1 に設定するとメモリがあまり利用されなくなるという記事を書きました。
そして1に設定していても、プロセスは5ぐらいまでは増えるようです。

これがどうにも気になるので、1をもっと少ない数字にすればいいのではないかと思いました。
renderer-process-limit=0 とかで検索すると、少しだけヒットしますしね。

で、意味ありませんでした。
0 や -1 を指定すると、遠慮無くプロセスが増加しました。ナンテコッタイ!