2015年10月

2015年10月24日

僕はもう一人暮らしをして結構すぎます。10年ちかくでしょうか。
実家はまぁまぁ近いので、定期的に実家に帰っています。1ヶ月に1-2回といったところ。
単純に、翌日お客のところに直行するときなど、実家が近いとそうする場合も多くあります。

最近になって、実家に帰るたびに、「お前の荷物を処分してもいいか?」そのように聞かれるのです。
そもそも、当時利用していたような服などはもうおいてないと思うので、そういう物であれば処分して問題ないことを伝えました。しかしどうやらそういうことではなくて、ありとあらゆる物を処分したいようなのです。

たとえば学校時代に利用していたノートとか?

最初は、そういった選別が面倒ですし、今になって忘れてたエロ本とかが出てきてもイヤなので、放っておいてほしいということを伝えていました。
しかし最近では、放っておくという選択肢は無いようで、僕が実家に帰るたびに、「これが出てきたんだけど」そう言って、廃棄の判断を仰いでくるようになりました。

困ったなぁと思いつつも、「そんなに処分したいなら、もう聞かずに処分していいよ」と。ただし机は高価だったので、処分は最後にしてほしいことと、PCも同様に置いておいてほしい事を伝えました。

その後は、やはり色々とあさっているようで、いくつかの物については、やはり廃棄の判断を頼まれます。(だいたいはお金とか昔の写真とか。確かにそのまま捨てるのは躊躇するようなものです)

僕としては特に思い入れが無いので、親の自由にやってほしいと思っています。しかしとても不思議なのは、親は自分の物は絶対に捨てたくないけど、人の物は置いておきたくないという考えが垣間見える事です。
たしかに10年も離ればなれになっているので、家族という距離感からは少し離れた位置になっているのかもしれません。

あとは、親も老齢なので、態度や行動の変化が、より大きな心配事の兆候でないことを祈るばかりです。



stock_value at 17:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)考え 

2015年10月23日

家庭向けのPCをオフィスで利用しているお客がいます。
そして最近になって、キーボードの調子が悪いという話を受けたのです。

話を聞いてみると、1回叩いただけのキーですが、PCからは複数回・連続の入力と認識されるようです。ABCと入力しても、AAABBCCCCみたいな感じでしょうか。

そしてこれを調べてみると、チャタリングという現象のようでした。
Bluetoothキーボードのチャタリング対策のまとめ
bluetoothキーボードのチャタリング対策(ELECOM TK-FBP0など)

とりあえず、電池の交換はすでに行ったという事でした。
そしてその事務所では無線LANは利用していません。ただし特定ユーザーがテザリングを行っています。
僕が伺ったときには、なんの症状も出ませんでした。

これはこのとき、電波が混線するような状況になかったのではないかと考えています。
とりあえず無線が非常に怪しいのですが、まだ原因不明。また動きがあれば記事にしたいと思います。

2015年10月22日

会社でホダ塾の xoops を利用していました。
そもそも Microsoft の Microsoft Web Platform Installer でインストールされるのが、発端でした。

その後Webサーバーの見直しなどに伴って linux で稼働させることになりました。そしてこのときも苦労したものです。

さらに、 linux では PHP のバージョンアップなどで、プログラムに求める内容も大きく変わってきました。昔のPHPで動いていたプログラムが軒並み動かなくなることなど、よくありました。
そしてこの xoops も同様だったのです。

バージョンUPを行えばいいのですが、 xoops 本体はいまでもよくメンテナンスされており、問題ありません。しかしモジュールがやっかいなのです。
現在は各種モジュールのメンテナンスはどうも下火になっているようで、ただしく更新されているようには思えません。そしていくつかのモジュールは実際に新しいPHPでは動作しない感じでした。

またその判断が非常に微妙なのです。僕自身のやり方が試行錯誤であることが一番大きな原因であることは否定しませんが、それでもインストールしていたら、DB関係でエラーになったり。そして画面は真っ白。もしくはメモリが足りないとか。はたまたファイルが見つからないなど。

僕はPHPのことがあまりよく分からないので、本当に苦労しました。とりあえず
var_dump( $XX );
exit;

を入れて、変数にどのような値が入っているのか。もしくは値が入ってないからエラーになっているのか。そう言うのとじっくりと向き合っていきました。
いくつかのモジュールは手を入れなければならず、手を入れる方法が分からないため、移行をあきらめ。その他のほとんどのモジュールは、少々の苦労とともに、動作可能っぽいというところまで分かりました。

結果としては、バージョンアップによる移行という手段は苦労が多くあきらめてしまいました。(できたかもしれません)
新しくサラの状態で xoops をインストールし、旧環境で利用しているモジュールを一つ一つインストールしました。
そしてデータについては、個別に追加する場合と、DBに対して直接 insertする手法を採りました。

以上の手法により、99%ぐらいは元の状態に似通ったサイトになりました。

2015年10月21日

ルーターのログを見ていると、QNAPから Port 6881 で海外のサーバーにアクセスが頻繁に行われていることに気づきました。
これは一体どういうことなんだろう。そう思ったのです。

"qnap port 6881" などで検索すると、どうやら QNAP のダウンロードステーションという機能を有効にしていると、この通信が発生するようでした。(未検証です)

また、大変紛らわしいこととして、BitTorrent もこのポートを利用しているようです。そのため、情報が錯綜しやすい・・・。
とりあえず僕はダウンロードステーションは利用しないため、無効にして運用し、様子を見たいと思います。

2015年10月20日

sa のパスワードが不明になってしまいました。そこで思い当たるところをいくつか試したのです。
すると、なんとロックがかかってしまいました。

まず僕としては、SQL Serverは構築の経験は多いのですが、正直なところそこまで詳しいわけではありません。というのも、中身については、あまり理解していないため、自信が無いのです。

しかしそうはいっても、器としてのSQL Serverの構築は全く問題ありません。そもそも sa を使えるようにして引き渡すことがほとんどですし。
今回の環境では SQL Serverはドメインのアカウントとも連携していました。そのため、メンテナンス用のユーザーなどでSQLサーバーをコントロールすることは問題無くできました。

しかし sa でログインができる状態にしておかないと、アプリケーションとの連携に問題が生じる可能性があったため、sa のパスワードを確認するためにもログインを試したのです。

すると、数回間違えたところでアカウントがロックされてしまいました。
調べてみると以下のページがありました。
SQL Server のアカウントロックアウト解除

Management Studio から、ドメインユーザーでログインします。
パスワードポリシーの適用などを外してから、再適用をするようです。

その他参考
SQL Server 2005 Management Studio の [ログインをロックアウトする] チェックを外した際の注意点について

ドメインとの連携してなかったら大変だったかもしれません。

2015年10月19日

エンドユーザーのドメイン情報を変更する必要がありました。
DNSサーバーが、A社になっており、これはドメインレジストラが用意しているものでした。onamae.comなどもそのパターンですよね。

僕としては、DNSサーバーをホスティングサーバーの提供するDNSサーバーに変更してもいいですし、DNSレコードを個別に編集できるのであれば、それでも問題ありませんでした。

ただし、それらの設定変更をするためのWebコントロール画面へのアクセスが可能であること、もしくはコントロールできる人と連携とれることが大前提です。

今回僕の行った作業は、Webサーバなどの設定変更はなんの問題もありませんでした。しかしDNSの設定変更をするための手段が全く分からなかったのです。依頼のあった会社に色々と質問してみましたが、なしのつぶて・・・。
仕方なく、想像できる範囲でドメインレジストラに問合せを行ってみました。

「A社から依頼を受けた、B社の○○です。」そういって質問のメールを投げました。
すると、メールの返信の他、TELが会社にかかってきました。

B社のsyo様でしょうか。メールありがとうございました。そのように会話が始まり、「御社はA社様からご依頼を受けているんですよね?あまり詳細なことは申し上げられないのですが、当ドメインの管理者はA社様になっており、なおかつ最近ログインしたような形跡がございます」と。

結果的にこの件は、僕とやりとりをしているA社の担当者とは別なひとがドメインの管理を行っていました。担当者同士の連携がとれていなかったということですね。。。。
アカウントがたくさんあると、管理が煩雑になるので、なるべく一本化し、社内で情報共有して欲しいなぁと思った次第です。

2015年10月18日

僕は自分に関わる税金・・・たとえば確定申告で出てくるいくつかの税金など。はある程度理解しています。理解していないとちゃんと申告できませんでしね。
それ以外の部分でもいくつか税金に関わることがあります。たとえば領収書の収入印紙とか。

で、契約書を交わすときには印紙が必要です。
税額は契約書に記載されている売買金額によって変わってくるようです。

しかしたとえば月額保守のような場合はどうなるのか・・。などなど、不明な場合も結構あります。
単価や数量に幅がある場合とか。たとえば12ヶ月で納品する予定だけど、場合によっては半年延長する可能性があって、そのときの月額料金は××とする。っていうような場合でしょうか。

いろいろと細かい場合によって国税庁のホームページに記載があるので、色々と調べて慎重に納税(印紙)を貼り付ける必要がありますね。