2015年12月

2015年12月24日

口内で、奥歯のさらに奥から骨が露出していることに気づきました。
露出といっても、たいしたことではなく、目で見える範囲では、2ミリぐらいでしょうか。

最初は下の親知らずが生えてきたと思ったのです。その辺はつい先日の記事で書いています。


で、本日なのですが、この部分の骨が剥がれ落ちてきました。
歯磨きをしているときに、奥に当たってしまい 「ミシッ」 っと感じました。なんか血が出てるなーなんて思ったら、口内に砂のような感触が。
手に取ってみると、それは骨でした。
以前、骨隆起について調べていたら、同じように剥がれ落ちたというブログを見ました
と・と・と・と・取れた!! 骨隆起

形状はそっくりで、まさに上記サイトの画像のとおりです。ウロコのような状態で、若干ぎざぎざしており、歯茎と思われるちょっとピンクの部分がありました。口内からは若干出血がありましたが、それは歯を磨いているときに出る程度の出血で、すぐに止まりました。
ちなみに、においは臭い玉と言われるのと同じような臭いでした。

まるでこれは、白いカサブタのようです。
これが本当に骨隆起なのか分かりませんが、口内はおかげでスッキリしました。

ただしまだちょっと骨が露出している部分があるように思えますが、今までの感じとは違い、ツルツルしているためにすぐに歯茎に覆われそうな感じがします。
これで解決ということでいいのでしょうか。
なにはともあれよかった。



stock_value at 10:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)健康 

2015年12月23日

原因不明です。ひょっとしたら、遅くないかもしれません。
体感的に気になっているだかも・・・。

以下の構成です。
Xeon E2620 2GHz
Mem:16G
LSI(Avago)RAIDボードを搭載し、RAID1構成になっています。
Hyper-Vを動作させています。

正直なところなんら問題の無い構成です。むしろ贅沢な感じがしています。

仮想マシンはWindows2012や2008が動作していますが、ここにアクセスすると、ずいぶんともっさりとしています。
仮想PCに割り当てているメモリは大きくはありませんが、2Gとかそんな感じです。
それでも遅いのです。

クリックしても反応するまでに3秒とか。しかし決して処理が止まっているわけではなく、異常に遅いだけで、ちゃんと反応はあります。だから短気をおこして強制シャットダウンなどをする方がキケンです。
そのため放置ぎみに、ゆっくりと対応をしていました。

しかし問題です。大問題です。

ホスト側で、色々原因を調べたのですがいまいちはっきりしません。ホスト側でも空きメモリは十分にありました。
Diskアクセスをチェックしましたが、以下の通り、読み取りで230MB/s 、書き込みで90MB/S出ていました。早いかどうかはともかく、遅い状態にはなってないように思います。
Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 233.310 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 90.439 MB/s

ありがちな、Diskエラーなども考えられるので、整合性チェックなどを行いましたが、こちらも問題無し。

とりあえず他のチップセットなどのドライバーを最新版にしました。すると解決したようでした。・・・・なぜだろう。

Asusのサイトでは、以下のファイルがありました。
MEI_Win7-8-8-1_VER95151730-X79
さらにこの中に RAR ファイルがあったので、これを解凍。そしてインストールしました。

他にもチップセットドライバーをインストールしましたが、詳細は忘れてしまいました。。。10.XXのドライバーだったように思います。
こちらは、Asusサイトの物は若干古かったので、Intelからダウンロードしました。

これで問題の無い速度が出るようになりました。複合的に様々な作業をしていたので、どれが原因なのかはハッキリしません。

2015年12月22日

最近、スイッチ類についてネットを調べていることがたくさんありました。
その中で 2ch は一部の内容について気になるようなことが書かれているときもあります。

そのなかで、Realtekのことについて、あまりよく書かれていないことがありました。
僕としては、Realtekだからといって何かトラブルに遭遇したことはありません。(ないと思っています)
しかし一方で、Realtek のチップNICはサポートしていないという環境に遭遇したことはあります。だからRealtekはそういう製品なのかもしれません。

まず、新しい機能や高性能なのはIntelな感じがします。たとえば今では常識的ですが、当時はチーミングという、NICを束ねて利用するようなシチュエーションでは、Realtekは申し訳程度の機能で、通常利用は不可能なほど不安定でした。
一方で、IntelやBroadcomのNICは問題無く動作していました。

vmware などをテスト的に利用使用としても、当時は RealtekのNICではそもそも利用できないようなことがあったように記憶しています。

参考
独断と偏見のNIC選びをしてみる。

しかしたかがNICとは言っても、すげーたかい。なんであんなに高いんでしょうか。

2015年12月21日

ある日から、WindowsUpdateができなくなってしまいました。再実行などを押しても、すぐにエラー表示になってしまいます。
もちろん原因は不明です。
※サーバーとして利用しているため、アップデートが3ヶ月〜半年に1回なので、それが原因なのでしょうか・・・

調べてみると、以下の方法が記載されていましたが、どれもうまくいきませんでした。
・アンチウイルスでチェック。
・WindowsUpdateコンポーネントのリセット
・SFC /SCANNOW

アンチウイルススキャンは行いましたが、なにも出てきませんでした。
コンポーネントのリセットをしても、相変わらずです。そして sfc もだめでした。

※試してませんが、以下の方法もあるようです。
Error code 80244019 while installing Windows Update
※ここでは、レジストリなども削除するように書かれていました。

そこで、以下の通り、Windows Update エージェントの最新バージョンをインストールしてみました。
「エラー番号: 0x80244019」が表示され、Windows Updateが実行できない

とりあえずこれで、エラーにはならないっぽいです。また動きがあったら追記します。

2015年12月20日

dovecot はバージョンが2になってから設定方法が大きく変わっていますね。

/etc/dovecot/dovecot.conf
protocols = pop3 lmtp
※ imap は無効にしています

/etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
disable_plaintext_auth = no
※SSLで暗号化するため、上記plain text を受け入れる

auth_mechanisms = plain login
# SMTP認証のときの認証方法。 plain の場合はSSLと組み合わせるのが望ましい

※ここまで書いたのですが、あとはメモを紛失してしまいました・・・。


2015年12月19日

メモ。過去にも書いていましたが、なかなか見つからなかったので再度。
参考
2013年11月11日:圧縮速度 メモ。

長らく 7zip を利用していました。
これは、圧縮率と速度のバランスを考慮してのことです。

今までバックアップサーバーに色々つっこんで保管していたのですが、このときは容量の枯渇が切実な問題になっていました。
ながらく履歴を保管しておきたいのに、容量がないからローテーションしなければならない。しかしローテするにも、ひとかたまりのファイルでないと、すごく時間がかかる。そのような感じでした。

今ではWindows標準機能の重複排除を利用し、なおかつHDDも多めに入れています。そうはいっても、10Tぐらいです。
そこにバックアップする容量は1回分で3Tぐらいあります。だから3回分保存したらギリギリなのです。
しかし重複排除をすると、このデータが1年分ぐらいあっても、ほとんど容量を食わないのです。

現状では1年近く運用していますが、3.5Tぐらいの利用です。バックアップと重複排除は相性がいいですね。

さて、そういうことなので、「1つのファイルにまとめる」という部分だけを重視してやりたいと思います。

コマンドは以前の記事の通りです。が、Cオプションをつけないと、ファイルエラーがあったときに止まってしまいます。
これを回避。エラーは無視して次のファイルにいってもらいます。

ということで以下の通り。コマンドの詳細は以前の記事に記載しています。

qpress -rvK2048T4C d:\dir\* database.qp

2015年12月18日

最近立て続けに、Outlookに関する問合せを受けました。
概ね動作がすごく緩慢であると言うことです。

調べてみると、以下の通りWindowsUpdateが原因のようでした。

KB3114409が原因でOutlook2010がセーフモードでしか起動しない

KB3114409 がインストールされていると、Outlookが遅くてしっかりと動作しないようでした。

また、ほかのお客では、メールの検索がめちゃくちゃ遅いという話も聞きました。
どちらの場合においても、KBのアンインストールで解決したようです。
※結構困っているという話だったので、両方ともお伺いせずに、メールでのやり方だけで完了させてしまいました。
ただしどちらの場合も解決しているようです。