2016年07月

2016年07月24日
昨日のことです。
突然のようにトイレが近くなりました。

もともと水分をたくさん取る僕は、もともとトレイが近いのですが、あまり気にしていませんでした。
※僕は尿酸値が高いので、それ由来による水分の摂取です。

7月のことなので、暑い日でした。コンビニでペットボトルの飲料を購入したり、休日だったのでビールを飲んだりと、自由に過ごしていました。
そして電車の移動などがあるときに、電車に乗る前にトイレに行き、電車から降りたときにトイレに行っていることに気づきました。電車の時間はせいぜい30分ぐらいだと思います。

その他にも、目的地についてからトイレに行って、次の目的地についたらまたトイレに行くような感じ。だいたい1時間に1回はいっているような感じでした。
尿量は少ない訳ではありませんが、大量な感じでは当然ありませんでした。残尿などの感じはゼロではありませんが、気になるほどではありません。

そして頻尿を自覚した前の日のことですが、睡眠中トイレに2回行きました。今まで夜間のトイレはせいぜい1回だったので、「あれー?」となんだか違和感を感じました。
もう少し様子をみて、この状態が続くようであれば病院に行って相談したいと思います。もうそろそろ36歳になるので、加齢によるものなのでしょうか。



stock_value at 13:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)健康 
2016年07月23日
かつて(今でも?)ソフトバンクは無料でWifiを配っていました。
店舗ではすでにインターネット回線が引いてあると思うので、ソフトバンクのソレを申し込むとソフトバンクのWifiが利用できるようになったようです。(詳細は僕は知りませんが・・)

最近お客さんのところで wi2 というアクセスポイントを利用していると聞きました。そして詳細は全く分からないらしいのですが、とにかくつながっていれば大丈夫なハズです。そのように言われてしまったのです。
その環境ではDHCPだったので、「んー。そういうことであれば、このまま接続してもらえれば大丈夫ですよ」そのような、ふんわりとしたやりとりになってしまいました。

で、結局それで本当に使えました。
Wi2 について調べてみたところ、現在は初期費用 29,800円、月額500円で、お客様用のWifiを提供できるほか、自分たちも別SSIDで利用可能なようでした。
確かにこれは便利です。


stock_value at 11:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 
2016年07月22日
僕は大きな企業の一部分のサーバーを構築したこともありますし、中小企業向けのサーバーを構築したこともあります。

大きな企業であれば、何をどのように構築するのか。こういう場合はどういう動作を期待するのか。トラブルの時にはどのように対応するのか・・・などなど、事前にたくさんのことを決めてから設定を行います。

もちろん設定をしているうちに新しい設定値が必要になることもありますが、いちいちちゃんと全体・全員でその状況を把握するようにしています。それは担当者が変わっても大丈夫なようにするためかもしれませんし、そもそも担当者自身が組織の中で説明を求められるからかもしれません。
そしてそういって事前に色々決めるには時間が必要です。そしてそれは構築費としてコストにつながります。


一方で中小企業の場合には、まずやってみる。それがほとんどです。細かいことは何も決めないでやっているうちに決まってくる。サーバーは最低限のセキュリティ設定だけを行い運用していくなかで、よりセキュアに設定したり、より緩めたり。。。一方で、今日の要望は今日中に処理する。そういう柔軟な対応を求められることがほとんどです。


しかし担当者によっては、柔軟な対応を求めるような言動を頻繁にしてくるのですが、全体としての要求は大企業向けの内容。そういうことがたまにあります。そして僕はそういう場合には、だいたい速度重視でまずやってみるという方向でサービスを提供するので、あとあと問題になってしまいます。そういうことは今まで何度かありました。(もちろんうまくいくこともありますが。)

サーバーの構築については、いろいろな人が関連するために一筋縄ではいかないなぁと思うのです。

stock_value at 08:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 
2016年07月21日
ディスク容量の閾値監視をシェルスクリプトで自動化する

上記サイトのままです。ありがたいことですね。
いくつか気になった点。
・FROM のメールアドレスを設定したい
・Postfixが起動している必要がある
・複数のパーティションを監視する場合には、DISK_AREA / DISK_AREA1 / DISK_AREA2 ・・・という感じで追加する必要がある。

とりあえずはこれで全く問題ないのでしばらく運用したいと思います。

stock_value at 19:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 
2016年07月20日
お客様に Mcrypt PHP Extension を使用したいのですが、インストールされていません。そのように指摘されてしまいました。
ということで以下の方法でインストールしました。

#yum install --enablerepo=epel php-mcrypt

※修正の必要は無いと思いますが念のため確認
#vi /etc/php.d/mcrypt.ini
; Enable mcrypt extension module
extension=mcrypt.so

httpd の再起動
# service httpd restart

# php -m |grep mcrypt
mcrypt

これでOKでした。

stock_value at 17:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 
2016年07月19日
んで完全に引用ですが以下の通りです。
vimで文字化けした時の対応

#vi ~/.vimrc
set encoding=utf-8

#. ~/.vimrc

ちなみにこうして作成したファイルですが、日本語が含まれていると less を利用したときに文字化けするようです。

ということで less -r [ファイル名] と、 -r を利用することで日本語が表示されるようです。

less ファイル表示プログラム (ページャ)

コントロールコードをそのまま表示する。デフォルトでは control-A は ^A と表示されるが、-r を指定するとそのまま表示する。これによって、cat で日本語が表示できる環境なら、less -r で日本語が表示できるかも。

stock_value at 10:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術 
2016年07月18日
サーバーの選定をしていると、ハードディスクの選択によって大きく価格が異なってきます。
ファイルサーバーやバックアップサーバーの場合、容量の確保が重要なので、HDDを10台搭載したりとか、結構あります。

そしてハードディスクは容量の違いが価格を左右すると考えがちですが、SATAかSASの違いが大きく価格を左右します。
たとえば 15,000回転(SAS)を選択しようとすると、 kakaku.com で価格を見ても、600Gで6万します。

SATAの場合は、最大でも7,200回転ぐらいですが、1Tで3万ぐらいの製品があります。もっと安いのも多いでしょう。

で、その中間当たりにある製品としてなんちゃってSASとかニアラインSASと言われている製品があります。インターフェースはSASですが、HDDの中身はSATAを流用。
案件によっては、このディスクを選択することがあります。容量がそこそこ欲しくて信頼性や性能が落ちても良くて、価格が重要な場合でしょうか。

しかしこの区別があまりなされていないようで、製品を選ぶときにはなんだかよく分かりません。お!価格安くてSASだしこれでいーじゃん!なんてことにならないように注意しなければなりません。

stock_value at 18:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)技術