2017年09月

2017年09月23日
以前にも同じような記事を書いています。
2017年03月01日: Plesk で モジュールアップデートを行おうとするとエラーになる。

同じような感じだったのですが、以前と同じような対応を行っても解決しませんでした。

今回は以下の方法で解決しました。

※今回はポートをつかんでいるプロセスはありませんでした。
# netstat -natp | grep :8447

ログは以下の感じで、数行出るだけで止まっているようです。
#less /tmp/autoinstaller3.log
[20XX-XX-XX 06:58:44.486126] SourceUrl: original source url is http://autoinstall.plesk.com/
[20XX-XX-XX 06:58:44.486148] SourceUrl: fixed url is http://autoinstall.plesk.com/

何回か試しても、全然進む感じがありません。ダウンロードに失敗したのか、プログラムが起動していないのか・・。不明でした。

で、上記URLをログで見かけたとき、ping を試してみました。
すると time out に。

自分のPCから ping をうつと、ちゃんと戻ってきます。
ということは、Firewall があやしいですね。

iptables を見ると、どうやらブロックしているようでした。
このサイトは、CDNのIPらしいのですが、韓国。韓国はスパムが多いので、結構拒否していました。
そこに該当していたようです。

今回は該当のIPアドレスを許可したところ、どんどんアップデート処理が進みました。
これからはこの点についても注意したいと思います。




stock_value at 16:58|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月22日
参考
「個人用設定」ウィンドウが表示されてWindowsが起動できない

まだ対応していません。TELにて問い合わせを頂きました。

電話で話を聞く限りでは、Windows起動時に個人用設定というウインドウだけが表示され、そこから処理が進まないということのようです。突然そのようになったということでしたが、おそらくバックグラウンドでWindows10のアップデートが行われたのだと想像できます。

また該当のPCについては、そこそこ古いものを利用しており、処理能力の問題があるのかもしれません。
このPCについてはまだ実機を見ていないので、どのような対応になるのかは不明です。

しかし上記参考サイトを見る限りでは、システムの復元が必要なようでした。
※たしかに症状を見るに、ユーザープロファイルの問題のようでもあり、新しいユーザーを作成すれば解決しそうなのですが。。。

stock_value at 20:41|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月21日
日常的にRAIDを利用しています。
RAIDボードについては、当時のLSI、現在はBroadcomの製品を利用することが多くあります。

性能的に思うところはありますが、そもそもディスクの技術上限が近いのかもしれません。HDDの容量はともかく、速度はあまり改善されていないように思います。

kakaku.com などで製品情報を検索するとき、登録日順に並べると、通常は新製品が多く並ぶのですが、ほとんどあ多らしい製品が出ているようには思えません。
特にサーバー純正のRAIDボードの場合には、本当に10年選手のような製品があるようです。細かい型番変更やFirmwareがアップデートされているのかもしれませんが、なんだかやっぱりさみしい感じがしています。

なんか画期的な製品が発売され、ストレージやRAIDに対する考え方が一掃されるような時を楽しみにしています。

stock_value at 20:21|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月20日
以前書いている記事とほとんど同じです。
2013年07月23日: Hyper-V で Linux サーバーを移動させるときの注意

Hyper-Vで動作しているサーバーを別のホストに移動させました。このとき、NICがうまく認識しなかったのです。

他にも以下のような記事も書いています。
2017年07月22日: 複数のNICがある場合にlinuxで認識される順番

このときはハードウェアの故障によって、設定はそのままに筐体が変更になりました。このときもHyper-Vのときと似たような動作をしていました。

インストールされているNICの確認
# ifconfig -a
前回と同様に eth0 が存在せず、 eth1 として新たに認識されていました。

# vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
上記ファイルには、過去のいろいろな設定値が記載されており、コメントアウトされていました。こちらをいったん削除してしまいました。
そのためファイル内の記載はデフォルトのコメントのみとなりました。

この状態で再起動すると、無事に eth0 として認識されました。
なお network 再起動だけでは、ダメです。

udev の設定は以下のコマンドで再評価されるらしいです。試していません。

# start_udev
udevルールの変更

stock_value at 17:17|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月19日
以下のようなログが出てくることがあります。
Aug 9 XX:XX:46 XXX postfix/smtp[64610]: 411BB46172B: to=<メールアドレス>, relay=相手サーバー[IP]:25, delay=124, delays=0.48/0/123/0.31, dsn=4.0.0, status=deferred (host 相手サーバー[IP] said: 421 Service Temporarily Unavailable (in reply to RCPT TO command))

ちなみにステータスは同じ deferred でも Connection timed out となる場合もあるようです。

deferred はすぐに配達されなかったことを示し、遅延して届く場合と、その後エラーとなって届かない場合とがあるようです。

あまりにも遅延がたくさんある場合には、その後の追跡調査が必要となります。

ということで、以下のコマンドで。


# less maillog |grep status=deferred|awk '{print $7 }'

これでメールアドレスの一覧がでます。あとは sort と uniq をすればバッチりですね。
※to=<メールアドレス>, という記載になってしまうため、to= とかくちばし記号が邪魔ですがとりあえずこれでOKとしました。

stock_value at 19:39|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月18日
毎年祝日の一覧を取得し、カレンダーに設定しています。
自動で行ってくれれば便利なのですが、一部のシステムがそうはなっていません。

ということで、以下のサイトから。

Excel2010:祝日一覧(2017年〜2022年まで)

ちなみに祝日は結構な頻度で変わっているように思います。
山の日なんて最近ですし、10月10日は体育の日でした。

国民の祝日に関する法律:Wikipedia

上記サイトを見ると、最初から、1995年まではほとんど変わってないようでした。しかし95年からの10年は頻繁に変わっています。最近はあまり変わってないようです。

stock_value at 15:35|この記事のURLComments(0)技術 
2017年09月17日
会社で利用している電気ポットですが、給湯ボタンがあります。このボタンを押すとモータが動き出して、お湯が出るのですが、数秒お湯がでると、すぐに止まってしまいます。

利用頻度もそこまで高く無いと思うのですが、半年とか1年で故障してしまうようです。
昔のいわゆる魔法瓶というものであれば、機械的な動作が無かった分、いつまでも利用することができました。

お湯を沸かすことができるのはとても便利ですし手放せないのですが、こうして故障が多いのはとても困ったものだと思っています。


stock_value at 13:27|この記事のURLComments(0)日々