2017年10月

2017年10月31日
ESETを利用していて、最近のWindowsUpdateによってどうにも調子が悪くなってしまいました。
そしてどのような方法で行っても、アンインストール・再インストールができなくなってしまいました。

ということで強制的なアンインストール方法について調べました。
Uninstall ESET manually using the ESET uninstaller tool

様々なOSの方法について、上記URLに記載があります。
Windows10についても記載の通りにうまくいきました。


※ただしESET製品は、日本でのサポートはかなり手厚く行われているようで、上記英語のサイトを利用しなくても、キヤノンITソリューションズのサイトを参考にするべきだと思います。



stock_value at 16:41|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月28日
以前このような記事を書いています。
2017年04月04日:Windowsで 利用している Let's Encrypt の更新

このとき、更新がうまくいかなくて結局再作成を行いました。

今回も以下のようにコマンドを発行していました。
# letsencrypt.exe --renew
[INFO] Let's Encrypt Windows Simple (LEWS)
[INFO] Software version 1.9.7.19809 (RELEASE)
[INFO] IIS version 8.0
[INFO] ACME Server https://acme-v01.api.letsencrypt.org/
[INFO] Please report issues at https://github.com/Lone-Coder/letsencrypt-win-si
mple
[INFO] Renewal for certificate [XXXX] not scheduled, due after 2017/XX/XX 12:00:06 午前

で、上記の通りインフォメーションが表示され更新されません。
ログを見る限りでは、リニューアルする時期じゃないよ。ってことみたいですが・・。

で、以下のコマンドで強制的にリニューアルすることができました。

# letsencrypt.exe --forcerenewal
[INFO] Let's Encrypt Windows Simple (LEWS)
[INFO] Software version 1.9.7.19809 (RELEASE)
[INFO] IIS version 8.0
[INFO] ACME Server https://acme-v01.api.letsencrypt.org/
[INFO] Please report issues at https://github.com/Lone-Coder/letsencrypt-win-simple
[INFO] Renewing certificate for [XXXX]
[INFO] Authorizing [XXXX] using http-01 validation (FileSystem)
[INFO] Answer should now be browsable at http://[XXXX]/.well-known/acme-challenge/[XXXX]
[INFO] Authorization result: valid
[INFO] Requesting certificate [XXXX] 2017/XX/XX 2:19:17 午後
[INFO] Saving certificate to C:\Users\Administrator\AppData\Roaming\letsencrypt
-win-simple\httpsacme-v01.api.letsencrypt.org
[INFO] Installing certificate in the certificate store
[INFO] Adding certificate [XXXX] 2017/XX/XX 2:19:17 午後 to store WebHosting
[INFO] Installing SSL certificate in server software
[WARN] No script configured.
[INFO] Uninstalling certificate from the certificate store
[INFO] Removing certificate [XXXX] 2017/XX/XX 2:7:22 午後 from store WebHosting
[INFO] Renewal for [XXXX] succeeded, next one scheduled for 2017/XX/XX 5:19:21 午前

スケジュールうんぬんではなく、強制的な実行。結局手動ですが、しばらくはこの方法で更新したいと思います。

なお今回のコマンドで証明書はリニューアルされますが、IISから再設定する必要がありました。

stock_value at 14:47|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月26日
僕のPCではありません。お客さんから、とにかくスペックのいいPCがほしい。そのように言われたのです。僕初めてですそんな要望。
そこであくまで常識的な範囲での高スペックのPCを提案しました。メーカー製で、いいCPUを積んでいるような。

すると、このスペックが手に入る限界ですか?的なことを言われたのです。神か!

そこで考え方を変えました。
自作を含めて手に入る限界に近いところまでを攻めてみようと。


前提として・・。
まず僕はビジネス用途でのPCを販売しかいていませんでした。そのため保証とかメンテとかを考えると、やはりメーカー製が安心です。絶対後からいろいろ出てくるもんですし。
だからどのような相談を受けても、例えばCAD用途であればHPやDELLの製品を選定します。グラボなども搭載できますし。CPUもXeonかCore-i7を選定しておけば間違いありません。

しかし今回の要望はそうじゃないようなのです。CPUも最新、メモリやHDDも最新。そういう感じでした。
いろいろ調べてみると、パソコン工房のゲーミングPCがなかなか良さそうでした。
今回販売する相手は、PCでゲームはほとんどやらないようです。ただしCPU/メモリ/HDD/グラフィックこれらを最新にすると、結果的にゲーミングPCになってしまいます。

そして NVMe M.2 を入れました。製品は不明です。多分サムスンではないかと。
DiskMark を利用してアクセス速度を調べてみるとびっくりしました。

シーケンシャルリードで、約3,000MB/s の速度が出ていました。ライトでも1,400MB/s
m2

なおSSDの場合は、この値は、300MB/sぐらいではないでしょうか。
OSのインストールとかアプリのインストールぐらいな基本的なことしかしていませんが、やっぱり早いように思いました。


stock_value at 11:22|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月08日
とりあえずメモです。
CentOS 6.X では以下の通りです。

# echo $PS1
[\[email protected]\h \W]\$

\u ユーザー名
\h ホスト名
\W カレントディレクトリ
$ ユーザー権限で $ or #

Ubuntu では以下の通りでした。
\[\e]0;\[email protected]\h: \w\a\][${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[32m\]\[email protected]\h\[\033[00m\] :\[\033[34m\]\w\[\033[00m\]]\$
※色指定があるため長くなっているようです

# どのようなコマンドを history に残すか
export HISTCONTROL=ignoreboth

# history に関連した設定
HISTSIZE=10000
HISTFILESIZE=20000
HISTTIMEFORMAT='%y/%m/%d %H:%M:%S ';

#alias 設定は主にデフォルトのまま

こんな感じでしか設定を行っていません。
いろいろ不満もあるのですが、なかなかそんなにいじくれていません。何かいい方法は無いのかなー。

github などで便利な設定値が公開されていることを期待したのですが、なかなか見つけることが出来ませんでした。

stock_value at 15:40|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月07日
STINGER のデザインを利用しています。
無料WordPressテーマ「STINGER」 〜 SEOに強いブログ作成テンプレート

古いのを適当にカスタマイズしながら利用しているのですが、https 化するときに、 http から css3-mediaqueries.js を読み込んでいることで、対応しようとしました。

すると、どうやら現在はリンク切れのようです。
【STINGER8】カスタマイズ、css3-mediaqueries.jsのリンク切れを修正する!

で、特に意味がわからなかったのですが、とりあえず以下のファイルに置き換えました。
header.php の該当行から、respond.js に変更しました。

Respond
src から raw をコピーし、サーバーに保存しました。

動作確認してない!のですが、とりあえず様子を見ます。


stock_value at 16:14|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月06日
Windows7の端末を利用しているお客さんで、特定の文字について漢字変換ができなくなったと言われました。
さとうと入力しても、ひらがなのまま。もしくはカタカナぐらい。

そのため個別に変換させてしのいでいたそうです。

なんだか辞書関係なんだろうなー。そう思って調べてみると、やはり辞書の修復が出来るようでした。

参考
Windows 7のMicrosoft IMEで辞書を修復する方法

上記方法を試したところ、修復作業は数分で完了しました。
その後さとうの変換も問題無く出来るようになりました。


stock_value at 11:21|この記事のURLComments(0)技術 
2017年10月05日
DL120 の構築を行っていました。
このとき、Windowsのインストールまでを行って、サーバーの各種ステータスを確認していました。

Smart Storage Administrator を実行すると、内蔵のオンボードRAIDボードにビックリマークが付与され、未構成というエラーになっていました。
具体的な実害はないのですが、気になっていました。

すると、以下の案内の通りですが、RAIDボードを追加している場合には、既存のオンボードRAIDについては無効にすることが推奨されていました。
※DL120の場合には、無効に設定するのではなく、AHCIモードに変更します。

参考
タイトル: ProLiant Gen8/Gen9 Server - Dynamic Smart アレイ未使用時は RBSU より Dynamic Smart Array RAID のサポートを無効にして下さい

> 例2:「SATA コントローラーオプション」の設定を、「Dynamic Smart Array RAID の
> サポートを有効にする」から「SATA AHCIを有効にする」に変更します。

これで、Smart Storage Administrator からは消えました。

stock_value at 19:26|この記事のURLComments(0)技術