2018年11月

2018年11月12日
HPEのネットワーク製品を利用していると、保証期間がライフタイム保証となっている場合がよくあります。
これは、製品が利用されている限りは保証されるというもののようです。

HPEの場合には、以下のURLにアクセスして製品を登録して確認することが可能です。
マイHPEサポートセンター

「標準保証のステータスの確認」ページから、製品のシリアル番号を入力します。
このとき、製品番号の入力が必要となります。製品番号を探すのが意外と大変でした。
最近登録した製品は、 HP 1810-48G でしたが、この製品の製品番号は J9660A となっていました。

登録が完了すると、今度は 「マイ契約と標準保証の表示」 から確認することができます。
※HPE のアカウントに登録されてしまうため、注意が必要です。ただしユーザーの移動もできるようです。

なお、HP 1810-48G は 2113/6/20 まで有効期限がありました。


説明ページ
HPE サポートセンター - 製品の保証期間を確認したい



stock_value at 15:35|この記事のURLComments(0)技術 
2018年11月07日
Outlook 2007 を利用しているお客様がいました。
そのデータを最新版の Office 365 で動作している Outlook に移行したのです。
おそらく本日時点の最新版なので、11001.20074 なのではないかと思われます。

Outlook 2016 のようなインターフェースなので、勝手に2016なのではないかと思っています。

Outlookのデータの移行はもうずっと昔から非常に簡単です。
フィルターなどはアレですが、とりあえずメールの全データは PST ファイルにまとまっています。このデータをコピーして新しいOutlookで開くことでメールの移行が完了します。

今回も同じように作業しました。
そして受信トレイなどは問題無く開くことができ、送受信も問題ありませんでした。

お客様にその状態で引き渡すと、しばらく使ってから、特定の・・・そしていくつもの・・・フォルダーが開けないということを言われました。

そのときのエラーが、以下の通りです。
フォルダーを表示できません。 OLE レジストレーション エラーが発生しました。 プログラムが正しくインストールされていません。 プログラムのセットアップを再度実行します。

※英語の場合には以下の通り。
Cannot display the folder. An OLE registration error occurred. The program is not correctly installed. Run Setup again for the program.


いろいろ調べてみたところ、以下の情報がありました。
[OLE 登録エラーが発生しました」メッセージを Outlook での InfoPath フォーム フォルダーにアクセスするとき

infopath などは利用していないのですが、気になる点としては、フォルダーのアイコンが紫色になっていました。普通は黄色ですよね。旧Outlookでフォルダを作成するときに、以下のように InfoPath フォームアイテム という選択肢があるこに気付きました。
Using InfoPath e-mail forms ブログ内にある以下の画像です。



フォルダーの種類のところにそれがあり、そしてそれは最上位にあるためデフォルトのように最初から選択されていました。


大変に恐ろしいことに、この解決方法が、古いバージョンでこの infopath フォルダーを削除し、ノーマルのフォルダにメールを移動させることのようです。
私自身としては、コマンドラインでこのフォルダをノーマルのフォルダに変換できることが希望なのですが、それができないようです。実質的に積んでいるように思われます。

20GぐらいあるPSTファイルなのですがどうしたものでしょうか・・。

stock_value at 10:15|この記事のURLComments(0)技術