2019年02月

2019年02月27日
以前、以下の記事を書いています。
2016年06月06日: Sophos UTM のサイジング(ただのメモです)

NEC IX ルーターというのを調べていたら、とても性能がいいことがわかりました。
しかし正直なじみが無いです・・。
かつて会社にいっぱいあったと思うのですが、最近ではまったく見かけません。

とりあえず NEC IX のラインナップは以下の通りです。

製品名 / 発売日 / 実売価格
IX2105 / 2010/8月 / 47,000
IX2106 / 2017/11月 / 69,000
IX2207 / 2014/09月 / 64,000
IX2215 / 2012/08月 / 78,000
IX3015 / 2015/04月 / 269,000
IX3110 ※省略
IX3315 ※省略

いわゆる常識的な性能については、以下のサイトが非常に、非常に、非常によくまとまっていました。
参考
2018年ブロードバンドルータ比較検討 最新モデルがやっぱり良い!?


上記URLでも記載されていますが、意識したいことは以下の項目です。
・NATセッション数
・スループット(パケットサイズが小さい場合)
・新規セッション数


NATセッション数は、現在の製品であれば、ほとんどが65536あたりだと思います。最近はアプリがたくさんのセッションを消費するので、大きい方が安心です。
※ちゃんと計算する必要がありますが、1人で100セッションぐらいはよくあるパターンのように思います。※私が今こうしてブログを書きながら調べ物をしたり、youtubeを見たりという状態で、約100セッションを利用していました。
そのため、4,000セッションぐらいだと40人/40台前後で枯渇します。最近はスマホなども接続する場合があるので、なおさらシビアになります。

スループットについては、パケットサイズが小さいときのものを意識しています。最大で1Gbps を達成していても、それあhフレームサイズが最大の場合です。
小さいパケットの場合には、かなり遅くなるので、最低速度を意識しておくことが大切だと思っています。
第3回 ルータの性能測定についての基礎知識
NEC IX シリーズの IMIX 値はありませんでした・・。以下のURLを確認すると、パケットサイズが300前後のときには、900Mbpsぐらいあるように読み取れます。
UNIVERGE IX2000シリーズ 性能

新規セッション数については、Fortigateなどには記載があります。しかしこの指標がどのような意味を持つのか、まだよくわかっていません。
ちなみに IX2105 3,100/秒 でした。



stock_value at 19:26|この記事のURLComments(0)技術 
2019年02月21日
あまり音楽は聴きません。前回は予備スマホ的に ipod touch を購入したのですが、やっぱりあんまり使わないですし、最近はバッテリーが持たなくなりました。
そのためバッテリーが持つ気軽に音楽を聞けるものを買おうと思いました。

安くてとてもいい商品なのですが、気になっている点もあります。
・いいところ
安い
小さい/軽い
電池が長持ち
USB接続で曲を転送できる(ストレージとして認識される)

・悪いところ
レジュームの扱いが変
操作ロック操作がちょっと大変
曲が名前順にソートされる。フォルダとか意識してほしいのですが・・。

レジュームが効くことは効くのですが、再生ボタン長押しで電源をOFFにした場合だけです。スイッチでOFFにすると先頭の曲に戻ります。
曲を聴いているときには、キーの操作を受け付けないでほしいのですが、これがちょっと大変です。Mと←キーを動じ押しです。

大変詳しい説明が以下のページです。
コスパの高い APGtEC A02 MP3プレーヤー

stock_value at 12:57|この記事のURLComments(0)日々 
2019年02月20日
ubuntu14.04 を Serversman@vps で利用しています。
PHP7.2 をインストールしてみました。

※リポジトリはとくに触っていません。が、過去の操作でデフォルトから変更されている可能性はあります。

# apt-get install php7.2

デフォルトを切り替えます。
・リスト表示
# update-alternatives --list php

・デフォルトのバージョンを表示
# update-alternatives --display php

・切り替え
# update-alternatives --set php /usr/bin/php7.X


stock_value at 14:59|この記事のURLComments(0)技術 
2019年02月19日
最近 phpmyadmin をよくインストール・更新しているように思います。
ということでメモ。すごく簡単です。

サイトから最新版のリンクを取得する
https://www.phpmyadmin.net/
Download ボタンのURLを確認します。

wget ファイルを取得します。
# wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.8.5/phpMyAdmin-4.8.5-all-languages.zip

# unzip phpMyAdmin-4.8.5-all-languages.zip
# mv phpMyAdmin-4.8.5-all-languages phpmyadmin

# cd phpmyadmin
# cp config.sample.inc.php config.inc.php
# vi config.inc.php

blowfish_secret を設定します。
自動作成ツール BLOWFISH PASSWORD HASH GENERATOR

また apache の動作している権限で書き込みができるように設定します。これで tmp に関するエラーも出なくなります。

stock_value at 14:14|この記事のURLComments(0)技術 
2019年02月18日
以下の環境です。
Hyper-V + 第2世代 + UEFI ブート


Hyper-Vで仮想マシンを作成するとき、第2世代というのを選択することができます。
実運用ではとりあえず第1世代にしておくのが無難なので、あまり第2世代を選択することはありません。

一方でテスト環境であれば普段利用しない環境でやってみて、知見を得ておきたいですよね。

さて debian の場合、以下のサイトに対応している旨のことが書いてありました。
Supported Debian virtual machines on Hyper-V ※英語なので翻訳してください

Debian9 であれば、Windows 2012 R2 以上の Hyper-V に対応しているようです。
Generation 2 virtual machines - Boot using UEFI にチェックが入っていました。
ただしセキュアブートについては、無効にするように記載があります。

ということで、やってみました。

・Debian9 をダウンロード
HTTP/FTP を使って Debian CD/DVD イメージをダウンロードする
ほかのファイルをダウン

※日本のサイトを選択しないと速度が遅いです。
上記ページで、「debian-cd」 アーカイブの公認ミラーのところから、iso-dvd を選択し、出てきたページで debian-9.8.0-amd64-DVD-1.iso を選択しました。
詳細不明ですが、DVD-1だけでインストールはできました。
liveCD でもいけそうですが、試しませんでした。

・Hyper-Vで仮想マシンの作成
マシンを第2世代で作成しました。
一通りの作成後に設定画面を開き、ハードウェア - セキュリティ から 「セキュアブートを有効にする」のチェックを外しました。
これで起動させることができました。

・インストール
CUIインストールを行い、SSH とコアだけをインストールしました。

・起動
早いかどうかはアレですが、20秒ぐらいで起動します。

stock_value at 09:57|この記事のURLComments(0)技術 
2019年02月06日
突然SSDが認識しなくなりました。そのように相談を受けました。
とりあえず見に行くことにしたのですが、HDDと異なり、SSDは復旧の期待ができないことをまず電話で伝えました。

現地で確認してみると、SSDを接続すると、フォーマットされていない機器として8MBだけ認識していました。
Transcend SSD だったのですが、あまり8MBの事例はありませんでした。

かつてIntel SSDの場合には、どうようの事象があったようです。しかしこれも指定の容量をフォーマットすることで利用できるようになるみたいで、今回のようにデータが消去されてしまった場合の復活方法はありませんでした。

結局私の力では解決することができませんでした。

stock_value at 19:13|この記事のURLComments(0)技術 
2019年02月05日
管理しているサーバーで、1台どうにも遅いものがあります。
その遅さ故にか、WindowsUpdateが毎回失敗しています。

そのためいつも手動でダウンロードしインストールしています。
ダウンロードの容量などを削減するためにも、デルタパッケージ・・・差分のインストーラーを利用していました。

2回ぐらいインストールを試したのですが、毎回失敗していました。
調べてみると以下の情報が。
本日の Windows Update − 2019 年 1 月 9 日(実況なし、追記あり)

> ※Windows 10 ver 1607 と Windows Server 2016 向けの
> 今月の累積更新 KB4480961 (OS Build 14393.2724) を
> Microsoft Update Catalog からダウンロードしたパッケージで
> 更新する場合は、以下の点に注意。12/19 (20) の IE パッチを
> インストールした場合は、 KB4480961 の差分 (Delta)パッケー
> ジは使えない。

私の環境がこれに該当していたのかは不明です。ただ正規の容量の大きなパッケージでインストールしたところ、無事にインストールが完了しました。

stock_value at 18:12|この記事のURLComments(1)技術