2019年03月

2019年03月30日
ヤマハの機器には、メール通知という機能があります。
機器の状態をメールで報告してくれるというものです。

この設定をやっていたのですが、いまいちうまくいかなかったのでメモしておきます。
APにメール設定を入れ、SMTP認証をあり、暗号化をなしにしました。

しかしサーバー側では以下のログが出てしまいました。
warning: TLS library problem: error:1408A10B:SSL routines:ssl3_get_client_hello:wrong version number:s3_srvr.c:960:

どうもこれは、SSLv3を利用しようとしているのでしょうか?とにかくバージョンが不一致だということでした。
postfixの main.cf でSSLv3を有効化したりもしたのですが、それでもダメでした。

そもそもヤマハの機器では暗号化を利用しない設定にしているのに、なぜSSLを使おうとしているのでしょうか。

とりあえず、別のサーバーを指定したら送信することができました。いまいち納得できませんが、とりあえず対処療法とします。



stock_value at 17:59|この記事のURLComments(0)技術 
2019年03月29日
結構ある症状のようでした。調べてみると、同様の事例が結構出てきました。
だいたい以下のキーワードで検索していました。

windows10 password screen probrem
windows10 パスワード入力画面 表示されない

でてきた症状はどれも同じような感じで、電源などのアイコンは表示されるけども、パスワードの入力画面が表示されないというものでした。
私の場合には、この症状とは微妙に異なっていたのです。

まずアイコンが表示されません。CTRL+ALT+DELを押したときには、画面が暗転するのですが、すぐに元の状態に戻ってしまいます。つまりマウス操作では電源をコントロールすることができない状態になってしまったのです。

そのPCはノートパソコンであったため、とりあえず電源ボタン長押しで強制終了し、バッテリーをはずして完全に電源をOFFにしました。
その後電源を入れると、ONの画面の途中で「しばらくお待ちください」というなんらかの更新?が行われているようなメッセージが表示されました。
そしてしばらくすると、パスワードの入力画面が復活していました。

ログを見ると、前回のシャットダウンはシャットダウンではなく、スタンバイのような感じでした。このことから、スタンバイからの復帰の処理という認識になっていたために、ログインの画面がおかしくなってしまったのかもしれません。
そして電源ボタン長押しの強制終了を行ったので、PCはようやく自身がちゃんとシャットダウンし、通常の起動処理というコトになったのだろうと思います。
なにはともあれ解決してよかった。

stock_value at 18:08|この記事のURLComments(0)技術 
2019年03月25日
QNAPを利用している環境です。そこでディスク容量が枯渇しがちだったので、4ベイの物に交換しました。
Firmwareを最新版にし、TS-259からディスクを抜き取ります。そのままTS-431に差すと、無事にTS-431で起動しました。

で、QVPNが以下のエラーになっていました。
QVPN install failed du to the QTS firmware is not compatible, please upgrade QTS to 4.3.5 or newer version.

Firmwreの確認をしても、すでに最新版がインストールされていると表示されてしまいます。

おそらく本体にインストールされているFirmwareとHDDにインストールされているバージョンが異なることが原因なのではないかと考えました。
サイトからTS-431用のFirmwareをダウンロードし、管理画面からインストールを行いました。

インストールが完了したところ、QVPNの更新も問題なく行うことができました。

あとは、HDD2台(RAID1)をHDD3台(RAID5)に変更したいと思います。


stock_value at 12:49|この記事のURLComments(0)技術 
2019年03月24日
レジストリの差分を表示するシンプルなユーティリティ「RegistryChangesView」

Windowsの設定変更を行ったとき、それがレジストリに反映されるのであれば、コマンドプロンプトからコマンドで変更を反映させることができると思います。
そのためにも、まずは手動で設定を行い、それがレジストリのどの部分に反映されているのか確認するのが最も簡単です。

簡単に比較するためのツールが、上記サイトで紹介されているものです。
起動したときに、Registry Data Source 1 から現在のスナップショットを選択します。(Create Registry Snapshotで作成する)

-ここで早々にWindowsに対する変更を行います-

次に Data Source 2 から現在のレジストリを選択すればOKです。
これでWindowsに行った変更がレジストリに反映されると、差分として表示されます。

・・・が、ちょっとした時間でもレジストリに対するアクセスは非常に多いので注意が必要です。私の場合には、ほんのちょっとの時間で57ヶ所の変更点があったようです。


stock_value at 09:56|この記事のURLComments(0)技術 
2019年03月23日
以前、以下のように記事を書いています。
2018年12月14日:ペアコールが効きました。

今回、花粉症なのかわかりませんが、鼻水が止まらなくなったので、アレルギー関連の薬を買いました。
「一番安いやつをください」と。

すると新コンタック600プラスをすすめられました。
成分を確認すると、以前のペアコールと似ていました。成分は以下のようになっていました。

塩酸プソイドエフェドリン 120mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
無水カフェイン 100mg

ということで、一番入っている成分はペアコールと同じ塩酸プソイドエフェドリンでした。


stock_value at 17:42|この記事のURLComments(0)健康 
2019年03月22日
春スキーというのでしょうか?スキーをしてきました。
3月中旬にもなると、町中でのほとんどの場所には雪が無くなっていました。そのため景色は東京とあまり変わりませんでした。
こんな街の状態で、スキー場の雪はどうなっているのだろうか。そう思っていると、スキー場にはたくさんの雪がありました。

で、いつもの通り初心者スキーを楽しみました。それはよかったのです。

駅に着き、着替えなどをして支度を終え、スキーを楽しみました。夕方ぐらいに宿に戻り、食事などをする予定だったのです。
しかし夕方ぐらいになると、目がかゆい、鼻水がでて鼻づまり。くしゃみもでる。花粉症の典型的な症状だと思われました。

ちなみに私は東京ではほとんど花粉症ではありません。少し目がかゆくなるぐらいで薬もほぼ飲まないですし、鼻水・鼻づまりもありません。

そんな状態だったので、すっかり油断していました。
宿で他のお客さんもいたのですが、かなりの人たちが花粉症と思われる状態のようでした。

春スキーをするときには、花粉には十分に注意しなければならないと思います。

stock_value at 17:48|この記事のURLComments(0)日々 
2019年03月21日
サーバーにアクセスできないファイルが存在していました。
この手のことはよくあることなので、すぐに調査し削除してしまおうと思っていました。

どうせ誰かが利用中のファイルだろうとか、何かのプロセスが握っているのだろうとか。
もしくはアクセス権限が帰られているからアクセスが拒否されているとか。

様々な可能性があるとはいえ、その様々な、どのものに関しても対応方法はあると考えていました。

「アクセスが許可されていない」そのようにエラーが出たので、すぐにアクセス権の確認を行いました。
所有権を持っていないためエラーになっているのだと考えたのです。

ここからが大変でした。所有権を奪うための方法はいくつかあります。しかしどの方法も失敗してしまいました。どうやっても所有権を得ることができませんでした。
所有権を得ることができないと、何もできません。ここで手詰まりとなってしまいました。
他の可能性もあるかもしれないと、本当にいろいろ調べたのですが結局出てきません。

スキャンディスクも行いましたが、エラーにはなりませんでした。

どこかで、サーバー再起動で削除されるというのを読みました。
最後の希望ということで、再起動をしてみました。

するときれいに消えていました。
よかった。スキャンディスクをしてもエラーが無い場合には再起動もアリみたいですね。

stock_value at 20:19|この記事のURLComments(0)技術