2005年12月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
あまり身近ではないので、詳細については分かりませんが、少し前に横浜のあたりで駅が廃止になりました。

参考「東横線とみなとみらい21線との相互直通運転開始に伴う東横線横浜〜桜木町間の廃止について

当然、この廃止の決定後も駅の利用者に不便は無いのだと思います。それはおそらく当然のこととしても、やっぱり廃止になるのは、どうなのでしょうか。
というのも、僕は今まで近所でそう言ったことが一度もありませんでした。快速が止まる駅なのか、そうでは無いのか、といった程度の変化さえも僕の周りではありません。

快速が止まるか止まらないか、というのは家賃や地価などにも大きな影響を与えるでしょうし、利便性にも大きな影響をあたえます。ですから、思っている以上に深刻な事だとは容易に想像できます。

それ以上に駅が廃止になれば、影響は大きいでしょう。しかし、その影響は大きすぎてもはや想像もできません。どの程度影響がでるのか、不便になるという一言では片づかない事だと思います。

今回取り上げた事と、影響の大きさは一致しません。というのも代替経路があるようですし。。。でも、駅がなくなるという、僕の今までの価値観では、"絶対に無いこと" も起こるのだという、考えるキッカケを与えてもらいました。


stock_value at 23:49│Comments(1)TrackBack(0)日々:2005年 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2005年12月26日 09:39
高島町駅のことだね。
東横線としては廃止になったけど、桜木町駅から歩いて行ける距離だし、みなとみらい線の新高島駅が代替駅になりました。それに、もともと市営地下鉄もあるから、無くなったところで不便さはない環境だよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔