2007年11月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事柄なのか、あまり裁判という表現に驚きません。
あくまで交渉の延長が裁判という手段になるだけで、裁判=悪いことをしたという実感があまり無いのです。

もちろん、刑事系の裁判では犯罪行為が疑われる事が理由として裁判でしょうから、この場合はまた別です。拘束もつらいと思いますし。

一方で民事の場合は交渉の延長です。
ただし、一般的な認識として、交渉の最終手段としての裁判です。弁護士の方などは、途中手段としての裁判であったり、「最終」が一般人の認識以上に早い事は考えられますけど。


何件か友人だったり会社が関与している裁判の話を聞きました。客観的に近しい友人や会社に問題があるように思うこともありますし、その逆もあります。

どちらにせよ裁判は初めての人には必要以上のプレッシャーを与えるようです。



stock_value at 23:38│Comments(0)TrackBack(0)考え:04〜07年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔