2007年12月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
友人に部屋のアドバイスを求めると、ガスについて言っていました。ガスを使うのは主に2種類です。

・ガステーブル
・お風呂

一人暮らし用の物件の場合、ガスについてはだいたいのパターンがあります。
・電気コンロ → 古い電熱タイプと最近の電磁タイプ
・ガス → 1口ガステーブルしかおけない場合と2口ガステーブル設置可能な場合

ここで僕は電気は無しだと考えていました。電磁タイプの場合にはガスと同様に考えているので、あまり気にはしていないのですが、大抵新築の物件だったり、新しい物件であることが多く、家賃と広さでNGになってしまいます。
また、1口サイズしかおけない物件は、広さと価格でOKが多いのですが、1口では何もできません。例えばおかずを作りつつみそ汁を作ることができないのです。もちろん、工夫次第でしょうが、僕としてはそのあたりの我慢は正直苦痛だと考えていました。

友人は料理を作るので、やはりガスの2口を強く推していました。僕の意見としては、ガス電磁にかかわらず2口なので、そのあたりはある程度一致しています。

ゲームバランスと一緒で、どこかに必ずデメリットができているようです。台所が狭ければ、部屋が広く取れるのは当然でしょうし、部屋が狭ければ、設備を充実させてアピールのポイントとしています。
このあたりは、6万〜7万円台の物件に特に顕著でした。

結局最初の希望の通り、僕は2口ガステーブル設置可能な物件に落ち着くことができました。


stock_value at 14:59│Comments(0)TrackBack(0)日々:2007年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔