2007年12月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕はロフトは不必要だと考えています。物件を探していると、狭い部屋+ロフトで20平米を超える物件が何件かありました。もちろん僕としてはそれでは無意味なので、一部屋で20を超えるところを探していました。

僕の場合、部屋は休む場所なので、そこでゆったりできる必要があります。そのため半収納としても使えるようなロフトは全く意味がありませんでした。中途半端な広さのロフトは寝るためか、荷物置き場にしか使えません。

しかもそのせいで生活するべき部屋の広さが削られたとなれば、生活スペースでも休まることができません。確かに不動産屋としては、条件に合致しやすいそのような物件を進めてくるのですが、僕としてはまったく無関心でした。

僕自身は全くロフトに興味が無いのですが、一応のメリットとしては、生活スペースを広くとれる。天井が高くなる。収納としても使える。などがあると思います。
しかし一方で、ロフトに寝る場合には上階に住んでいる人の音が気になる(天井に近い位置で寝るため) 。ロフトが狭い場合には息苦しい。収納として使うには広すぎる。などなどの難しい面があるように思います。

そして僕が入居した物件ですが、結局ロフトがついてしまいました。しかしもちろん部屋だけで20を超えているので、ロフトについてはおまけ程度としてしか考えていません。


stock_value at 15:01│Comments(0)TrackBack(0)日々:2007年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔