2009年02月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、社員全体的にメールでお叱りというか、注意というか、、を受けました。
おそらく士気を高めるために行っていると思うのですが、それがあまりしっかりと伝わらない、とても残念な内容・印象でした。

そのときに僕がとても気になったのが、対象者がハッキリしていないということです。誰に注意しているのか分からないけど、誰かが注意されている。それは分かるのです。

こういった注意の方法はとても問題があると思いました。改善しなければならない人には伝わらず、そうでない人=メールを受けた人全員のモチベーションは下がってしまう。
これでは全く注意の意味をなしません。

そしてさらに非該当者だけは、○○さんは該当しません。ということで、記載されていたのです。
おそらくは、ちゃんと頑張っているので○○さんには言ってないよ。というアピールだったのでしょうが、なんだかちょっと方向性を間違っていると思いました。

ということで、僕も注意していきたいと思います。


stock_value at 16:33│Comments(0)TrackBack(0)日々:2008年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔