2010年06月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月末頃の仕事でした。そのため、3月末には請求書が作成され、少なくとも末締め・翌月末払いの会社であれば、4月には経理処理が行われ、4月末には支払われるものだと思います。また、トールさんにも確認をし、それで問題ないことを聞いていました。

4月の末になって、入金が無いことを経理から聞きました。そして連絡をすると、期待していた入金が遅れているのでちょっと待って欲しいということです。
会社にそのように報告すると、「ほら見たことか」とか、「やっぱりそうだろ」とか、「なんだかんだ理由つけて払わないよ」そのように言っていました。

僕自身は最終手段としてはサービスの停止を考えていましたが、もちろん事情もあると思いますので、最初の時には何も言わず、支払いを待っていました。

5日・・・10日・・・いくら待っても支払われません。明日には・・・とか、明後日には・・・来週には・・・という事をいわれるばかりです。
さすがに僕としても、このまま放っておくわけには行きませんでした。会社サイドとしては、若干あきらめの雰囲気もあったように思います。

文章でサービス停止の警告をしたり、日々電話で催促するなどしました。しかしなかなか支払われません。しかしそんな中、今回請求している未払金を含めた30万円近い金額のうち、6万円だけは支払われました。

とはいっても、総額には足りないため、やはり催促を行っていました。
すると、ある時を堺に、突然電話が不通になりました。何事かと思って事務所に足を運ぶと、事務所には誰もいません。最後に振込まれたのはATMからの5000円だったので、よっぽど資金繰りに問題があるのかと心配に思ってしまったほどです。

各方面に確認をとってみると、休日中に行方がわからなくなったらしい・・・という噂が聞こえてきました。
そしてしばらくすると、倒産という形で処理が行われるという通知が来ました。僕は今までではじめて「未払い」を産んでしまいました。

ただし幸いなことに、今回の僕の作業費分は回収することができたので、それについては、良かったとします。

なお、オフィスサービスを提供していたトールさんが倒産し、保守面でもしお困りの方がいらっしゃる場合には当 blog コメント欄等でご連絡をいただきましたら、ご協力できる範囲においては、尽力させていただきたいと思います。


stock_value at 20:27│Comments(0)TrackBack(0)事故・事件 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔