2011年12月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RAIDのキャッシュにはバッテリーバックアップのオプションが用意されています。
普通の利用であれば、その重要性を意識することは無いのですが、トラブル時には大いに重要になってくるようです。

なお最近のものでは、バッテリー方式のものではなく、電源が喪失してもデータを保持し続けるタイプのメモリを利用することで、メンテナンス性を向上させているようです。


Xserve RAID: バックアップバッテリーモジュールのインストールの重要性


突然の電源喪失の場合、キャッシュ上にデータが残り、それはまだディスクに書き込まれないようです。それが書き込まれるのは、次に起動するタイミングのようです。こわいですね。


stock_value at 15:19│Comments(0)TrackBack(0)技術:2011年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔