2013年12月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっと前からWindows XP のサポート切れの話題が多く出てきています。
ほとんどの企業では、PCの入れ替えをする必要があり、僕のような作業をする物としてもちょっとしたボリュームの案件になります。

しかし手間がかかる。これにつきます。
データの入れ替えだけでも、古い XP マシンは遅いことが多く、メールでギガ単位のサイズがあると、データのコピーを終わらせるのにも数時間かかってしまうことだってあります。

そしてなによりも時間がかかるのが、PCの入れかえ作業です。
ご存じの通り、皆さんPCの周りはゴチャゴチャしてますよね。僕だってゴチャゴチャです。ある人は壁として利用していたり、ある人は足下にひっそりとたたずんでいたり。千差万別です。
配線もある程度きれいに納める必要があるので、1台1台時間がかかります。

当初見積もりを作ったとき、1台あたり物理的な交換は10分もあればできるだろうと思っていました。とんでもない!1台あたり30〜50分はかかります。コンセントの位置を確認して、ケーブルを引き回して、配線をきれいにして、、、だから作業が全然進まないのです。
ちょっと甘く見すぎていました。
知識としての重要度は、交換作業の場合は低いのは事実です。しかしとにかく一つ一つの作業に時間がかかるのです。


stock_value at 13:54│Comments(0)TrackBack(0)技術:2013年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔