2013年12月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
以下のサイトを見つけたのでメモです。
Microsoft Office2010 購入価格のまとめ

今までトレンドとしてほとんど変わっていません。
まず、Personal のエディションで事足りる場合には、ほとんどの場合パッケージが最安であることがほとんどでした。なのでその場合は、他の購入形態はいちいち検討などせず、パッケージを選択しています。(同様の理由でプレインストールも安いです)

PowerPointが必要な場合は、Personal + PowerPoint 単体で購入する方法も場合によってはありです。最近は Home&Businessというエディションがあるので、それでいいと思います。

Accessが必要な場合は、ほぼ単体での購入を提案することがほとんどです。

で、これは僕が担当している小規模なユーザーさんまでの場合です。概ね50名以下ぐらいかと。

それ以上になると、ライセンスの管理は正直手間になります。
僕のお客様では、ライセンス購入しているパターンが無いので、なんともいえません。が、例えばPCの入れ替えなどでライセンスを意識するのは面倒っていうのはあります。
一方で、PCが交換されなければ、ソフトだけバージョンアップするというのも、なかなかニーズとしては聞かないのも事実ですが・・・。

価格のメリットを得るためにライセンスを購入するっていうのは中々難しいところです。
また、プロダクトキーの存在は結構大きいです。管理が面倒ですし、今は紛失してしまえば再インストールさえままなりません。
そういう意味では、ライセンス購入しておけばラクかも。っていう部分はあります。

んでもそれぐらいかなぁ・・。


stock_value at 15:42│Comments(0)TrackBack(0)技術:2013年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔