2015年02月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
メモ。

ログインして最初にすること

・インスタンス起動
イメージ - マシンイメージ
から、HDD / SSD を選択して、インスタンスを起動する


・SSH設定
セキュリティ - キーペア から「キーを作成」をクリック

作成したら Pem ファイルをダウンロード
→ この PEM ファイルは、TeraTermからは直接利用可能

Putty で利用するためには以下の手順
puttygen.exe を起動
Load an exiting private key file から Load を選択 → pem を指定してて開く
警告が出ますが、OKで問題なし。

必要に応じて passphrase を入力する。

Save private key をクリックして保存する。

ここで作成された ppk ファイルを指定することで putty から webarena に接続ができるようになります。

・セキュリティグループの設定
※まだわかってないことが多くあります・・。
上記の状態では、接続する下地は整いましたが、まだFWを開けていないので、接続を拒否されてしまいます。
そのため続けて以下の設定をする必要があります。

セキュリティ - セキュリティグループ - セキュリティグループの作成
例:"protocol": "from port", "to port", ip4: "source cidr"

ここで、以下のように入力し、SSHのポートを開放します。(ソースも固定したほうがいいでしょうね)
tcp:22,22,ip4:0.0.0.0/0

※一般的な FW とは異なり、"from port", "to port" に異なった数字、、、たとえば 22,80 などを指定すると、22番ポートから80番ポートまでの すべてのポートを許可するようです。

とりあえずはこれで接続ができるようなりました。


stock_value at 11:26│Comments(0)TrackBack(0)技術:2015年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔