2015年04月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの linux 環境では何の問題も無く mount できていました。
2013年05月28日:CentOS6 で、 Windows ファイル共有のマウント

しかしながら、CentOS7 では以下の通りエラーになりマウントできません・・・
-----------------
Apr 1 16:26:06 SERVER kernel: Status code returned 0xc000006d NT_STATUS_LOGON_FAILURE
Apr 1 16:26:06 SERVER kernel: CIFS VFS: Send error in SessSetup = -13
Apr 1 16:26:06 SERVER kernel: CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -13
-----------------

サーバーはNIC2枚利用です。
そして以下の通りでした。
192.168.0.XX = 社内ドメイン環境(ドメイン)
192.168.100.XX = Workgroup環境

今までと同じようにコマンドを入力すると、mount error(13): Permission denied となってしまいます。
mount -t cifs -o user=[USER],pass=[PASS] [サーバーUNC] [mount場所]

すーーーーっごく調べてようやく以下の情報が見つかりました。
ActiveDirectory下の共有フォルダをLinuxでマウントする
[CentOS]Windows共有フォルダをマウントする
mount.cifs — mount using the Common Internet File System (CIFS)

で、まだまだ CentOS7 での例は少ないのか、ドンピシャなのがみつかりません。

以下の通り指定したらうまくいきました。
mount -t cifs -o user=[USER],pass=[PASS],domain=workgroup [サーバーUNC] [mount場所]

domain=workgroup がポイントでした


そのほか、 /etc/request-key.conf を編集することで、今までと同じにマウントする例もあるようです。
mount error(13): Permission denied with windows share



stock_value at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)技術:2015年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔