2015年09月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
1Fと10Fを配線する。そういった案件を行いました。
そしてそこでは、2つのネットワークのため2つの配線を行ったのです。おそらく予備的な意味もあるので、1本で配線しVLANに載せるのでは無く、2系統引いていました。

構成としては、LANからメディアコンバーターに接続し、メディアコンバーター同士は光で配線です。
無題3


そして設置が完了し、スイッチの配線なども行いました。そして疎通確認を行おうとするも、通信できないのです。
見た目上の配線は問題ありませんでした。しかし接続できない・・・ってことはスイッチの設定ミスかなぁなどと思っていました。

しかし実際のところは、なんと配線が間違えていたようなのです。
画像のようにクロスしてしまっていたと。
無題4

こういう、設定上で起こりえるミスと、配線が関係する物理的なミスというのは、とても解決が難しいですね。僕もかつて初心者だったころ、設定を疑ってばかりで、物理ミスにまったく気づかないことがよくありました。
今回はなんとなく設定は大丈夫だろうと自信があったので、比較的すぐに気づくことができました。


stock_value at 17:30│Comments(0)TrackBack(0)技術:2015年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔