2015年11月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕はルーターやHUBについては、あまり壊れることがないので、価格メリットを出すために中古品を利用することはよくあります。
特にルーターはRTX1000やRTX1100はとても性能が良くて便利なので、いつも利用しています。

ただしそうはいっても、RTX1100が登場してからもう10年以上が経過しているようです。
※RTX1100の発売日は2005年。生産終了が2011年となります。

今まで故障した製品は、きっと2005年の発売間近の製品だったのでしょう。そのように理解しておくことにします。

トラブルの事例はいくつかありますが、特徴的なのはリセットをすると、数分間は復旧するというものです。
しかしすぐにまた切断されてしまう。pingの応答もなくなってしまいます。

最近の故障では、インターネットにつながなくても、Telnetをすると、ハングアップし応答がなくなってしまいました。
結局はまた中古に置き換えです。しばらく中古市場に出回っているうちは、交換しながら使っていきたいと思います。


stock_value at 16:48│Comments(0)TrackBack(0)技術:2015年 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔