2015年12月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
前にも書いたような気がするのですが、調べても出てこなかったので。

仕事や作業をするときに、不満をタラタラと必要以上にしゃべりながら作業をするという話を聞いたことがあります。
2名ほど、本当にひどいのがあったのですが、偶然にもその2名を僕は直接見たことがありません。

1件目。
PCのセットアップをする業者さんでした。僕の働いている会社は、電気工事などで関わっていました。お客さんがいない中での夜間作業だったのです。
PCのセットアップにはそこそこ時間がかかります。配線を綺麗にするのもそうですし、さまざまなソフトをセットアップする必要もあります。
これらの作業について、ずっと不満をグチグチ言っていたというのです。このときの不満の内容は、会社に対するもののほか、お客さんに対する不満もあったと言うことでした。
幸いなのは、お客様がその場にいないから、それを聞いていないということでしょうか。しかし不満があるなら、ぶつける先は多少なりともあるような気がします。特に営業さんとかね!

2件目。
お客さんが、PCを購入していただきました。そしてそのPCのセットアップにお伺いしたのです。そしてこのPCをセットアップするときに、「なぜこれを買ったのか」などという種類の文句をずっと言っていたというのです。その人は、その件で出禁になったようで、後日トラブルの時に僕がお伺いしましたが、、お客様よりそのことをやんわりと言われました。○○さんってすごいね。と。※外部業者なので僕は会ったことがありません

何よりもお客さんが購入したものにケチをつける神経が信じられません。確かに、これ!っていう驚くような微妙な製品を購入している場合はマレにあります。が、だいたいはコストと性能のトレードオフなので、安いからといってバカにすることはありませんし、逆に高いからすごいということもありません。淡々と作業していくだけです。ごくまれに、お店の人に勧められるがままに買って、意見を求められる時があります。そのときは正直こまるなー。

少なくとも仕事を遂行するうえで、気分を害するようなことはするべきではないという、しごく当たり前の事を思ったのでした。


stock_value at 16:05│Comments(0)TrackBack(0)考え 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔