2016年03月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝になってバイクに乗ろうとしたのです。シート内に荷物を入れるため、バイク本体のシートボタンを押しても、何の反応もありません。これは鍵を持っていないときと同じような感じでした。

一応、キーの電池が減ってきていると、バイクのフロントパネル内で警告が出るはずです。しかし今回もそういうことはありませんでした。
結局警告なんて一度も見たことがありません。ただし外部で強い電波を発している機器がある場合には、キーと通信が途絶えるようで、このときには警告が出たことがあります。

CR2032 という電池だったので、すぐにコンビニに行って交換。
キーのボタンを押すと、今まで赤での点滅だったのが、緑での点滅に変わりました。

そして無事にバイクも動き出したのです。
今回のようなことは初めてだったので、注意しなければならないと思いました。

参考
フォルツァのカードキー電池交換・・・


stock_value at 11:58│Comments(0)TrackBack(0)バイク 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔