2016年03月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加
よくあることです。プロキシとか、リバースプロキシとか、ロードバランサとか。そういうのを導入すると、アクセス元のIPアドレスがそれらの機器になってしまいます。
そしてたいていはそれらの機器から、別な引数としてオリジナルのIPが渡されることが多いようです。

で、CloudFlare の場合は以下の方法で、オリジナルのIPを取得することができるようです。

Logging Real Visitor IP Addresses: mod_cloudflare for Apache httpd

さてこの方法ですが、Apache2.4ではできないようでした。
ということで以下の方法で作業します。

※ apxs がインストールされていない場合には、まずは以下のコマンド。
apt-get install apache2-dev

※僕の環境では、まずOSを最新にしないと依存関係の解消が大変でした。
apt-get update
apt-get upgrade

# ソースファイルダウンロード
wget https://raw.githubusercontent.com/cloudflare/mod_cloudflare/master/mod_cloudflare.c

# インストール
apxs -a -i -c mod_cloudflare.c

# apache 再起動
service apache2 restart

# モジュールの読み込み確認
apache2ctl -M |grep cloud
結果→ cloudflare_module (shared)

これで特に設定変更を行わなくても、apache のログには実IPが表示されるようになりました。


stock_value at 13:01│Comments(0)TrackBack(0)技術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔