2016年06月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕は IIJ GIO で構築したサーバーをメンテナンスしています。
そして今回、さくらクラウドでサーバーを構築することになりました。

構築の内容はほぼ同じです。
LB+Webフロント数台+ストレージ+DB

そしてこんなサイトがありました。
さくらのクラウドを使ってみました
さくらのクラウドを使ってみました(追記)

実際に構築している上では、ほとんど違いは感じられませんでした。負荷も無いですしね。
LBについては、IIJ GIOの方が設定は簡単な感じがします。
契約などは断然さくらクラウド。GUIとかも豊富ですしわかりやすい。管理画面の速度も速い。

とりあえずロードバランサーの部分だけ結構気になっています。
LVS相当だと上記のサイトには記載がありましたが、IIJのはアプライアンス的な感じだったので、設定は簡単でした。
まだ検証していませんが、セッション系の扱いがどうなるのかとても不安です。

ネットワーク素人が、さくらクラウドで負荷分散構築した時のメモ1【準備編】
ネットワーク素人が、さくらクラウドで負荷分散構築した時のメモ2【webサーバー編】

IIJ GIOではLB配下に機器が存在しているようなイメージでした。実際ロードバランサーを実行すると、サーバーのグローバルIP経由ではアクセスできなくなります。しかしさくらクラウドはそういうものではなく、並列しているようです。DSR(ダイレクトサーバーリターン)という構成だからだということのようです。
そのため、ネットワーク構成のために、ルーター+スイッチを契約するとき、結構バシバシとIPアドレスを利用してしまいます。
※ちなみにIPを消費するのは、DSRならではみたいです。SNATの場合には、IPが紐付くような通信に不具合が発生することがあるようで、それを回避するためにこのような構成になっている??のかな?

上記参考サイトにも書いてありましたが、 arp 応答とかを無しにするとか、確かに意味わからん!とりあえず意味は置いておいて、まずは言われたとおりに設定することにします。


stock_value at 11:28│Comments(0)TrackBack(0)技術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔