2016年07月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕の働いている会社は中小企業です。そして採用活動や面接をやっている人たちの主な年代は30台半ばから40台半ばぐらいまででしょうか。いわゆるオッサンとまではいかず、中年ぐらいの年代だと思います。

僕は面接をやることがあるのですが、就活生の服装や身につけるアイテムについて気にしたことはありません。奇抜なものがあれば、それはそれで面接の時に聞いてみたいですし、無難な服装であれば履歴書を元に質問をするだけです。

そして僕自身は、それらを理由に合否を決めることはありません。少なくとも今まで一度も変な人が来たことがなかったので、どうなるかは分かりませんが・・。なお遅刻とドタキャンなどを理由に合否を決めたことはありません。遅刻などは特に社内で挙げられることが多く、9割ぐらいの人が不採用を意見します。しかし僕は遅刻だけを理由に不採用にはしません。ただし遅刻をするような人は、他の理由で採用したいと思える人材はいないように思います。また本人から辞退されることも。

なお会社で提示している面接時の服装はよくわかりません。ただおそらく何も規定していないのではないでしょうか。

さて服装ですが、ワイシャツにジャケットを着るのか着ないのか。そしてネクタイは。そのような話題になりました。そして、ワイシャツ、ネクタイ、ジャケット。これが必要だという意見が多数を占めていました。僕当時のことはあまり覚えていません。しかしまあきっとそういう服装をしていたのかもしれません。

ネットで調べてみると、やはり着た方が無難な感じでした。
もちろん僕やその周りでは服装を理由に合否を決めることは無いと考えています。しかし面接をする僕たちやそれよりも若干上の世代がそのように考えていることにはとても驚きました。


stock_value at 11:10│Comments(0)TrackBack(0)考え 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔