2016年10月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
一つ一つの記事は大変に内容が薄いと常々思っているのですが、それでも結構時間がかかっています。
で、その一番の理由は試しながらやっているからです。

最近はいくつかの自分の興味やらで、試していることがいくつかありました。
たとえばちょっと前の記事では IPv6 。今更の感じはありますが、僕は新しい技術に飛びつくよりは、用途がハッキリしてきてからが重要だと思っています。もちろん基礎としてまずは試してみることも重要ですよ。

Wordpress もセットアップしながらいくつか記事を書きました。
OSのセットアップは最近やってません。

で、こういうときに、まずは自分の環境で試します。そしてだいたいはうまくいかないので色々と試行錯誤しながら様々な事を試します。このときコマンドなどはメモしておいたり、linux なら history を参照したり。

そうしてこうすればいいというのが確定したら、改めて整理して記事にし始めます。

簡単にできるだろうと思うことは、やりながら記事書きながら・・・そうやるのですが、だいたい途中でトラブルになって記事が無意味になることがほとんどです。
先日は phpmyadmin を実行しようとして Ubuntu の場合には service phpmyadmin start とかで行けると思ってやってもだめ。apache の config も問題なさそう・・・変なトラブルだったので記事にしようかなーと思ってコマンドやら調査方法やらを記事にしていたのですが、なんとアンインストールされていました。 apt-get install XXX っていう感じでスコンと解決。そんなしょーもないこともよくあります。

ということで、以上のようにまずは試して、次に整理して記事にする。その一連の流れを考えると、1時間以上はかかっているように思います。
記事を書く時間としては純粋に30分切るぐらいかな。画像を入れる場合にはもっと時間がかかってしまいます・・。

ちなみにそれ以外には youtube をつい見ちゃうてきな、ニュースサイトをつい見ちゃう的なことで時間がかかることはほぼ毎回です。


stock_value at 09:53│Comments(0)TrackBack(0)日々 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔