2016年10月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
日常生活において、普段の状態と仕事をしている状態の両方を見ることができる機会というのは非常に限定的だと思っています。
友人が飲食店で働いており、日常的な交流の他に飲食店を利用しているために、仕事の姿勢も見ることができる場合もあると思います。が、あまり無いのではないでしょうか。
・・・一方で、飲食店で働いている人は、同僚のそういう行為を日常的に見ることになりますね。

僕自身のことを言うと、僕はパソコン関係の仕事で、友人たちにも接客業というのは非常に少ないように思います。もしくは、働いている姿をみたことはほとんどありません。

そんな中、接客業のお客のところに作業に行きました。
普段の打ち合わせのときも、お客様が来店されれば、すぐに対応するような、そんな状態でした。

その人の第一印象はちょっと怖そうな感じでした。なんというか高圧的といったら極端ですが、要求がはっきりしており、効率的にそれを求められるような。そんな感じだったのです。ドライといってもいいかもしれません。
その人がお客様の前に立つと、とたんに丸い接客をしていたのです。いままで数店舗でそういう状況を目の当たりにしてきました。どの店舗でも、どのような担当者でも、その人の打ち合わせの時から得られる印象と、実際に接客している印象は大きく異なりました。そして共通しているのは、どの担当者もお客様の前では非常に柔らかい物腰で、お客様を第一に考えているであろうことが感じられたことです。

僕は仕事の打ち合わせばかりなので、いわゆる接客という行為は学生の時のアルバイトだけです。そして先方の担当者も接客をしたことがないだろうなと思えるような口ぶりだったり、態度だったり。そういうことはしょっちゅうあります。社会人としてうまくやって行けているのだろうか。そのような余計な心配をしてしまう場合だってあります。・・・極端にひどい場合ですが。

そういう意味では、接客業をされている方というのは、普段の態度や印象とは全く異なり、お客様対応のときには、相当に訓練されていると思いました。
僕もそういう態度で接することができるように頑張らねばと思いました。


stock_value at 16:22│Comments(2)TrackBack(0)考え 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by     2016年11月21日 06:52
これは、公開すべきものではないですね。
オススメで飛んできましたが。
ただの独り言なんでしょうが、読むと苦痛。
2. Posted by syo@管理者   2016年11月21日 19:27
コメントありがとうございます。
この技術ブログにこのような独り言記事を書くときは、いつも公開することを悩んでいます。
この手の独り言は(時期未定ですが)別ブログに切り替えようと思っていますので、ご容赦ください。
ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔