2016年12月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Windowsメディアが付属しているシステムを購入しました。そしてDVDドライブはありません。
こういう構成の場合、Windowsのインストールに苦労しますね。

まず、本体に対してのインストールは、ILOを利用してDVDをマウントしました。
ここまではとりあえずOKです。

次にHyper-Vを利用するために、ゲストにOSをインストールしたかったのです。しかしDVDドライブもありませんし、ISOも無いために、インストールができません。

困ってしまいました。
ということで、Webから ISO をダウンロードしました。このとき、Windows2012の評価版ライセンスでした。

ゲストには、この評価版のOSをインストールし、すぐにプロダクトキーを入力しました。

参考
Windows Server 2012 R2 評価版を製品版にアップグレード

上記サイトの通りです。

■スタンダードエディションに変更
DISM /online /Set-Edition:ServerStandard /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula

2回ぐらいの再起動で、製品版に変更されました。


stock_value at 09:21│Comments(0)TrackBack(0)技術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔