2017年03月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
新人が入ってくる時期ですね。
僕が初めて新人の面倒を見るようになったときから、一環してやってもらっている作業があります。
それが手書きで日報を書いてもらうというものです。

もともとは、メールの文章があまりにも変だったので、一度文章力を見てみたいので、手書きで日報を書いてもらったのがきっかけだったように思います。手書きの理由は、非常に単純でその方が返信を書きやすいからです。あとは、漢字などの使用量や、誤字脱字の多さなども確認できます。
ちなみに日報のクオリティと仕事のクオリティは全く関係ありません。
字が上手でも仕事だめな人もいましたし、そうじゃない人もいました。誤字脱字が多くて頭を抱えるような人でも、仕事は問題なかったり。全く関係ありません。


僕はアナログであることがとても大切だと思っています。
一つはファイルに保管し、次の世代の人が先輩の日報を確認できるということです。
今バリバリと働いている先輩も、かつては新人だった時代があります。そして今の新人と同じように日報を書き、それがファイルされて残っているのです。これを新人が確認することで、モチベーション?につながる可能性があります。

文章の構成力がわかります。
これはこれから仕事をするなかで、メールを書くことが普通になります。このときに、あまりにもひどい文章だととても心配になってしまいます。しかし日報でそれらを確認することができます。

と、ここまで書いてて、別に手書きである必要は少ないかもなーって思いました。が、やっぱり後輩のためにそうした形跡を残しておき、後から振り返ることができるのは大切です。


stock_value at 19:29│Comments(0)TrackBack(0)考え 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔