2017年02月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
非常に簡単な方法です。

# vi /etc/postfix/main.cf
header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

以下の内容を記載
/^Return-Path:.*@XXXX/ DISCARD

reject の場合にはそのように記載します。
reject は先方に拒否した旨を伝えます。discard は黙って拒否します。

ログには以下のように出てきました。
※これは reject 設定の場合です。
postfix/cleanup[13604]: 5E6D0461553: reject: header Return-Path: from local; from= to=: 5.7.1 message content rejected



stock_value at 19:27│Comments(0)TrackBack(0)技術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔