2017年03月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
いままで気づかなかったのが不思議なくらいです。
ずいぶんと前にセットアップした CentOS ですが、最近になって気づきました。

iptables のファイルを編集していたときに、たくさんの行を貼り付けていると貼り付けられたすべての行が、意図せず勝手にコメントアウトされているのです。

このような不便な機能を無効にするには、vi で以下のコマンドをセットすればOKでした。
:set paste

で、この勝手なコメントアウトは不便なため毎回上記コマンドを入力していたのですが、いい加減デフォルトで無効にする方法を調べました。

いろいろな方法が記載されていたのですが、なんだかよくわかりません。
以下の方法で簡単にできました。

# vi /etc/vimrc

いろいろ記載がありましたので、最初の方に以下の行を追加
set paste

※前後行はこんな感じでした
set nocompatible " Use Vim defaults (much better!)
set bs=indent,eol,start " allow backspacing over everything in insert mode
"set ai " always set autoindenting on
"set backup " keep a backup file
set viminfo='20,\"50 " read/write a .viminfo file, don't store more
" than 50 lines of registers
set history=50 " keep 50 lines of command line history
set ruler " show the cursor position all the time

これで自動コメントアウト機能が無効になりました。

※以下のプラグインが理由でしょうか?削除しても効果あるのかもしれません。
/usr/share/vim/vim74/autoload/paste.vim


stock_value at 09:05│Comments(0)TrackBack(0)技術 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔