2017年05月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
gmail を利用しているときに、間違って lnk ファイル・・・これはショートカットファイルです。を添付してしまったことがありました。
フォルダをまるっと圧縮したら、その中に lnk ファイルが含まれていたのです。

すると gmail からエラーが来てしまいました。

調べてみると以下の情報が出てきました。
ブロックされるファイル形式
この中では、以下の拡張子がエラーとなるようです。
.ade、.adp、.bat、.chm、.cmd、.com、.cpl、.exe、.hta、.ins、.isp、.jar、.js(新規)、.jse、.lib、.lnk、.mde、.msc、.msi、.msp、.mst、.nsh、.pif、.scr、.sct、.shb、.sys、.vb、.vbe、.vbs、.vxd、.wsc、.wsf、.wsh
※ lnk ファイルも禁止されていますね。



さらに zip ファイルでもエラーになる場合がありました。
これは以下のような状態です。

・ ユーザーがパスワード付与した zip ファイルを送信。システムで自動でパスワード zip に変換され、相手に届く。

最近のシステムでは、添付ファイルを自動的にパスワード付き圧縮を行って、相手に届けるシステムがあります。
そのシステムが導入されているにもかかわらず、自分でパスワード付き圧縮をしてしまうと、ZIPをZIPで圧縮するような状態になってしまいます。

これはエラーになってしまうようです。
添付ファイルを自動でパスワードZIPにする会社は相手がGmailだと受け取れていないかもしれない

そのためそのようなシステムが導入されている場合には、むき出しで添付ファイルを送付し、自動で圧縮・パスワードが付与されることを期待するしかありません。


stock_value at 20:15│Comments(0)技術 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔